2012年05月12日

大田の沢の杜若〜未生流笹岡・家元のお話(野村美術館講演会)

   神山や大田の沢のかきつばた
       ふかきたのみは 色にみゆらむ
  藤原俊成

上賀茂神社から徒歩10分ほど、カキツバタの群生地で有名な大田神社へ。

学生の頃、一度この季節に来たことがありますので、ウン十年ぶりの訪問です。

P1020977

説明はいりませんね。
ただただ凜と美しい。

P1020983
冒頭の歌にみるように、はるか平安の昔から大田の沢に群生していた杜若(カキツバタ)。
国の天然記念物になっています。


P1020984

花びらのようにみえる、実は萼(がく)に細い眼のような筋がはいるのが特徴。
これは花菖蒲と同じで、アヤメとはちがうところ。(アヤメは網目模様)

P1020988

花の紫をひきたてているのが、このしたたる緑のいろと、直線的できっぱりした形の葉ですね。


さて、この美しい杜若を見て、その午後には野村美術館の恒例の講演会へ。


P1160277

初夏の碧雲荘脇のいつもの小路。(疏水分線)

東山も笑っています。(山笑フ)

P1160282

この季節土手を占めるのはこの黄色い小花。
名前は不明ですが、、、、



P1160280


本日の講師は昨年家元を襲名された、いけばな・未生流笹岡の笹岡隆甫さん。
以前からイケメンの次期家元として注目されていたお方ですが、なによりその経歴がユニーク。

3才から先代家元であった祖父の養子になられて、家元を継ぐべく育てられたそうですが、お父上が京大の数学の教授、御本人も京大の建築科で二足の草鞋をはくべく建築の勉強をされていたのです。

天は二物も三物も与えられる方には与えられるんですねえ、、、、[E:coldsweats02]

ほとんどかぶりつきで講演を拝聴しました。(ウシシ[E:lovely])


タイトルこそ「いけばなと茶の湯」でしたが、ほとんどいけばなのお話[E:coldsweats01]

そこで流派の花、未生流笹岡の「流花」が杜若だと初めて知りました。

まあ!
朝見てきたばかり。


杜若の紫色は日月和合の色、最高位の花として大切にされてきたそうです。
杜若を生けるときはとくにあたりを清浄にして、、、をこころがけるのだそうで。

また、葉蘭・水仙とともに、いけるのに難しい葉物(はもの)で、葉組(葉をいけるのによい葉を選んで組んでいく)をするのに、必要な葉数の10倍は用意して、選別するのですって。

私は華道は習う機会がありませんでしたので、かげでそんな苦労をされているとはつゆしらず、お茶の花は「野にあるように」なので、適当に[E:coldsweats01]投げ込んだだけですませていました。



P1020986


さて、先代も京大の経済学部(理系です)卒業、今の家元も建築科(理系)というだけあって、笹岡流の教え方は論理的に学ぶ、というもの。
たとえば枝と枝の比率は1:√2になるように、、、というような寸法表があって、これを使えば、だれでもきれいにいけられるとのこと。

そしていけばなというのは、いけた瞬間が完成ではなく、時間をかけてうつろっていく、その枯れた姿までみとり愛でるものなのだと。

対して西洋のフラワーアレンジメントは盛りの瞬間だけを愛でるもの。多くはシンメトリーで面として欠けることなく完成しているが、いけばなには余白があり、非対称の美がある。

この日本人が生まれながらにして持っている非対称の美への憧れは、造園、建築などでもいかんなく発揮されていて、例として法隆寺の伽藍をあげられました。(さすが建築家!)
なるほど、とてもよくわかる。

さらに枯れて落ちた花や落ち葉までめでるのは日本人だけかもしれません。

では、茶席の花は?

笹岡さんはこれをその一瞬で時間のうつろいを表現するもの、とおっしゃる。

これは椿を茶花としていけるのに、けっして咲いた花ではなく、開く前のほんのすこしほころびかけのつぼみを使うことなどに表されているかもしれません。

これから花開いて、ぽとっとおちるところまで思い描くことができるのですから。

そう思えば、茶花をいれるのにも、心していれなければなりません。
適当に投げ入れ、、、ではだめなのよ。
今度から、襟をただして心をしずめていれよう。


<付記>
野村美術館の「かなの美」、後期展示にかわっています。
今回もすごいです。
先日陽明文庫展で学習した近衛家熈(予楽院)さんの和漢朗詠集の軸などもありました。
あと、地下に展示されている釜、炉縁、風炉もすごいよ〜!
迫力満点、お見逃しなく!


posted by しぇる at 21:53| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太田神社の杜若は本当に美しいですね。
私も見に行く事があります。光琳の美の表現のようです。
未生流笹岡家元は魅力的ですね。何とも自然体の感じで 実は私はファンなのです。

茶会の花も茶室に活けられる何倍も裏で用意してあり 席の様子で変えたりいたしますね。
見えるところの裏ではすごい準備です。生け花は生もので花展は大変でしょうねえ。
Posted by ひいらぎ at 2012年05月12日 23:25
杜若の色が最高位で日月和合の色であること、ふむふむ。
私も大田の沢の杜若の写真を添えて、日本では杜若色が高貴な色であると大学のレポートに書いてAをもらいました。
盛りのみをほめず、枯れつつあるものまで愛でる日本人の心を大学院でのテーマにしようと思っているところです。
さて今日のテーマは、キツネノボタンと思いますが、キンポウゲということもある。子供の頃はひと目で区別出来たのにヤキがまわった。どちらも有毒。
「かぶりつき」でねえ。しぇる様やりおる。
Posted by Mariko Ishii at 2012年05月13日 09:04
藤も見たい、杜若も見たいと思っているうちに、5月も半ば過ぎになってしまいました^^;

杜若の絵は日本画の世界ですね。
アヤメと杜若の区別がなかなかつかなかったのですが、網目と線なんですね?
やっと区別が付きそうな気がしてきました(*^^)v

未生流の活花は泉涌寺で見たことがありますが、なかなか斬新な作品が多かったです。
小原流、アートフラワーとやってみたことがありますが、お花はどうも相性があまり良くないようで、鉢植えの花を楽しんでいます♪
Posted by こまち at 2012年05月13日 14:51
ひいらぎ様

先日お手伝いした茶会でも、水屋方がたくさんのお花を(路傍ですべて調達した、というからびっくり)準備されていてびっくり。
結局2種のお花しか使わなかったのですが、私なぞはついもったいな〜と思ってしまいます。
華道はとうとう習わずじまいになりそうです。
Posted by しぇる at 2012年05月13日 20:53
Mariko Ishii様

ひそかな呼びかけに[E:coldsweats01]お答え下さりとてもうれしゅうございます。(きっとお答えをいただけるもの、、と)
この画像では葉っぱがあまり写っていませんが、他の画像を見てくらべてみると、どうもキンポウゲのようです。葉がなくても、おわかりになるのはさすが〜。
私もそろそろ野草事典を買わなくてはなりません。
おお、、、杜若から日本人の美意識まで[E:coldsweats02]
どんな大作論文ができあがるのか、完成のあかつきには是非拝見したいものです。
Posted by しぇる at 2012年05月13日 21:03
こまち様

こまち様はお花もやってらしたんですか。
私はいけるのはどうも下手くそで、かといって習おうという気持ちもあまりなくて、、、
どちらかといえば、庭や道端に咲いている花を愛でる方が好きなのですが、茶室に凜といれられた花にはっとすることもあります。
野にあるようにいけたらええやん、、と思いはしても、それだけでは全然だめなのではわかっているんですがね〜。
Posted by しぇる at 2012年05月13日 21:13
おはようございます、しぇる様

杜若が見事ですね~。
何だか沖縄で季節を一度先取りしてきてせいで、何だか京都の花暦が分からなくなってしまいまして。
黄色いお花ですが、ウマノアシガタかしらと思います。
毒がございますから、お花摘みにはご用心でございますよ~。
毎年お手伝いしております某お茶席では、加茂川・高野川でお花摘みも水屋のお仕事です(笑)。
仕事が一段落したら、また、お花を再開しようかなぁと画策中でございます。
Posted by いけこ at 2012年05月14日 09:47
いけこ様

沖縄旅行でさぞリフレッシュされたことでしょう。あとひといきですね。
ウマノアシガタは別名キンポウゲ(八重のものをキンポウゲとする説も)ですので、やはりウマノアシガタ、キンポウゲが正解のようです。
しかし、、、どこらへんが馬の足形なんでしょうねえ??
Posted by しぇる at 2012年05月14日 21:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。