2012年04月23日

ISO乙女会〜木屋町・とくを

恒例の後期妙齢乙女の会。

今回は木屋町。

P1160002

高瀬川べりの桜もすっかり新緑になりました。
情緒がありますが、遅い時間にはヨッパライ通りになるのよね。

学生の頃はけっこうこのあたりの安い店をうろうろしてました〜。
体も肝臓も胃も若かったあのころ、、、、(遠い目)



P1160003
本日のお店は木屋町仏光寺、とくをさん。

タイヤ男一つ☆らしい。

今回は凡蔵かあさん様にも初めて参加していただき、あとは常連のぽん様(お料理の内容はまるなげ)、夢風庵様、みゅう様、花咲おばさん様、kiremimi様と私で7名。

ただ一つの個室をギュウギュウ占領させていただきました。





P1160004


例によって、おしゃべりに忙しく、何食べたんだっけ、、??、、、なので[E:coldsweats01]くわしくはぽん様ブログを見てね。(フードコーディネーターだし、野菜ソムリエだし、聞き酒士だし、食べ物のことならおまかせ)


でも器もほんわか、かわいいのです。
この左下の鯛の煮こごりは、お味といい、サイズといい私的には絶品。

P1160006

若竹煮。
季節ですねえ。
この香りが初夏の到来を連想させます。
お出汁がとっても「京都」。

P1160009

懐石で言えばコースの華、煮物碗は鴨しんじょう。

いつもの通り、話題があっちへ飛びこっちへ飛び、さらに2,3人のグループの会話になり、グループ交代でまたしゃべり、、、ああ、乙女のおしゃべりは楽しゅうございます。
不毛だと言われる方もあるかもしれませんが、このパワーが今の日本を元気づける、と思っております。
日ごろいろんな方面でご活躍の皆様ばかりですし。


P1160010

海老のしんじょうとほろ苦ふきのとうの天ぷら。
しんじょうが二つもいただけて満足。


P1160013

一閑人(ひまじん、、ではありません。いっかんじん)の蓋置を思わせるデザートのお皿[E:lovely]


P1160014

今回は凡蔵母さん様のパワーあふれる日常と来し方のお話しをゆっくりお聞きでき、まだまだしんどい、、などと自分を甘やかしてはいけないな、と思いました。




P1160015

夜の白川の八重桜。

帰りにkiremimi様におしゃれなBarを教えていただき、素敵な御夫君にも久々に再会でき、うれしかったです。
翌日お稽古茶事がなければもっとゆっくりできたんですけど〜[E:bearing]


さて、後期妙齢乙女たちよ。
また明日からそれぞれの持ち場でがんばりましょう!


posted by しぇる at 22:49| Comment(10) | TrackBack(1) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しい時間でしたね
おいしいお料理とお酒
さまざまなお話[E:happy01]
面白かったし、元気が出ました
次回、又よろしくお願いします
Posted by みゅう at 2012年04月24日 15:59
木屋町で乙女会なんて、さすが京都の後期妙齢乙女たちですね!
ホテルフジタがなくなってから、木屋町にはほとんど行っていませんが、懐かしいです♪
筍の若竹煮が美味しそう(^^)
こまちも、万が一京都に住むことができたら、乙女会に参加可能ですか?(その頃は乙女会という名前ではなくなっているかも 笑)
Posted by こまち at 2012年04月24日 19:05
あ~、今回はぽんさまに丸投げ?

お席、もっとキツキツかと思ってましたが、さすがスマートな?乙女ばかり??で、けっこうゆったりしてましたね。

いつもいつも時間が過ぎるのを忘れてしまう楽しいお話と、パワーをいただけて、また片道2時間通勤がんばれますわ。
次回も体調整えて楽しみにしています。
Posted by 夢風庵 at 2012年04月24日 21:55
やっと乙女会に参加出来ました。
久しぶり美味しいお料理に楽しいお話。
ぽんさんの出版記念依頼ですね。
それぞれ生活、仕事は違っても話が尽きませんでした。
とても楽しかったです。
次回も参加出来ますように[E:heart04]
Posted by 凡蔵母さん at 2012年04月24日 23:00
みゅう様

ああっ!
風呂敷返そうと思っていたのに、もってくるの忘れちゃって、、、今度お店の方にお菓子買いがてら持っていきますわ。
今回はちょっと話がばらけてあまりお話しきけませんでしたが、ばあば先輩としてまたアドバイスをよろしく〜。
Posted by しぇる at 2012年04月24日 23:11
こまち様

乙女はいくつになっても乙女ですの、おほほほ[E:catface]京都に移住される前でも、いつでもおこしください。
こまちさんが上洛されたとき、凡蔵母さん様に声をかけていただくようお願いしてあります。
是非いっしょにお食事などしたいですわ〜。
Posted by しぇる at 2012年04月24日 23:16
夢風庵様

ほんとうに、また一番最後の客でしたね[E:coldsweats01]
最近はしゃべるのに忙しくて、あとで写真見て何食べたか思い出す始末。グルメミーティングなのに(なのか?)これでいいのだろうか?
でも懲りずにまたよろしく。
Posted by しぇる at 2012年04月24日 23:19
凡蔵母さん様

ご参加、ありがとうございました。
母さんの活動量と背負っておられるものを考えたら、自分はまだまだ、と思いました。
私ももっとがんばろう。またお話したくさんお聞かせ下さいね!
Posted by しぇる at 2012年04月24日 23:20
みなさま、美味しそうで楽しそうで賑やかそうでいいですね。京都は良い季節ですねえ。
こちらも怒涛の週末でした。ユニークな但馬牛の生産者を元気づけようと友人の企画で、食い倒れ日記の「やまけん」さんをお呼びして集まりました。杜氏、醤油屋、菓子屋、わさび生産者、旅館などなど、地元ならではの顔ぶれ。
翌日は芝居小屋 永楽館で春の飲み会があり、その流れで我が家で夜中まで騒いでしまいました。「ホタルノヒカリ」の漫画家さんファミリーが移住して来てからまた色んなお客様が増えました。
その合間にチャリティー茶会第二弾の準備と練習です。まずはお運びの子供たちの着物の丈詰めから。子供たちが真剣だし、今年は閖上わかば幼稚園の先生が来てくれるのでみんな張り切っているんですよ。
さてさて、いつまでも浮かれてないで、月末に向けて気を引締めなくては。
Posted by それいろつばめ at 2012年04月25日 12:12
そらいろつばめ様

相変わらずのすごい人脈ですねえ。
あのお家は、ほんとうにそんなたくさんの人を包容できる力をもっているのですね。外にむかって開いている感じがとてもいいです。もちろん館のあるじの力でもありますが。
あの幼稚園の先生までおいでになるんですか?[E:coldsweats02]これこそほんとうの血の通った支援だと思います。
またいつか是非お手伝いさせて下さいね。
Posted by しぇる at 2012年04月26日 00:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

高瀬川沿いの「とくを」で乙女会
Excerpt: いつも来てくれはってておおきに、ぎりぎり復活!ありがとう〜 ここでがんばれるよう、お好きなボタンを一日一回ポチッとお願いしますm(_ _)m 土曜日の宵は、妙齢の女子が集う(ここ ...
Weblog: 京都・町家ぐらし
Tracked: 2012-04-24 22:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。