2012年02月29日

北野天満宮の梅

残念ながら今年は北野天満宮の梅花祭、行けませんでした。


P1020393

今年は開花が少し遅れるとのことでしたが、やはり梅花祭の頃、行ってみなくては。

P1020433

この日はこんな粉雪が舞う、さむいさむい日でした。
でも梅を愛でるには、こんな日もいいかも。



P1020388

赤い眼の牛はとてもやさしい表情。
早咲きの梅の木の下で。

(ちなみに赤目四十八滝は赤い眼の牛に乗った不動明王の出現から来た名前とか。関係ないかな?
むしろ太宰府へ流される菅公をしたって泣きはらした目、というべきか。でもほんとうのところ、なぜ赤い眼?)



P1020389

梅は咲き始めが一番よい香りがするとか。
満開ではなくて、こんなふうにつぼみ混じりの3~5分先の頃が絵画的にも一番美しいかもしれません。



P1020390
白梅は清冽。



P1020391


宋の画家、曹端白が十花を選んで十友になぞらえましたが、そのうちの梅は「清友」。



P1020392

紅梅は可憐。

P1020397


ときに妖艶。

P1020398

せっかく格調高くいっていたのに(?)やっぱり甘いもんの話になるのね。
毎月25日、天神さんの日に境内に出店される長五郎餅さん。


P1020399

ルーツが北野大茶会、秀吉さん命名というお餅。
これ一つでもけっこうずっしりなのに、2個に煎茶がついて350円!
お得だわ。
餅+こし餡という私には黄金コンビゆえ、完食。(ただし夕食作る気、喪失)



P1020400

お向かいは、月釜がおこなわれるお茶室の明月舎。
こちらもいちどは行きたいと思いつつ果たせていません。

さて、お腹もあったまったし、梅めぐり再開。


P1020401

  梅の花 降り覆ふ雪を 包みもち 
       君に見せむと 取れば消につつ 
 (万葉集)


P1020406

こちらはさらに香り高い蝋梅。


P1020409

梅苑のほうへも行ってみましたが、ご覧の通り少し早いようですね。


P1020428

それでもほのかに香る紅梅もあり。

   春されば まづ咲くやどの 梅の花
        ひとり見つつや 春日くらさむ
   (山上憶良)

   わが苑に 梅の花散る ひさかたの
        天より雪の 流れくるかも
    (大伴旅人)



P1020422

残念ながら御土居の梅林はまったくといっていいほど、まだでした。

P1020434

天神さんをあとにして、上七軒の花街情緒を味わおうとふらふら。

先日の弘道館茶会でみごとなお点前を披露された尚鈴さんも、こちらの花街の芸妓さん。


P1020435

北野をどりのチケットもゲットしましたしね。[E:happy01]

P1020438

有職菓子御調達所・老松さんも上七軒にあります。
(弘道館の主催者でもあります。)

こちらでも、こんな梅に出会えました。


P1020440

染付の器も垂涎ですわ。


posted by しぇる at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨年は確かお天気の良い日が梅花祭だったような気がします。
きれいな芸舞妓さんを遠くから眺めて、梅園の梅の香りを楽しんで、幸せな時を過ごしたのを思い出しました。
上七軒は趣があって、しっとりした街で素敵ですね。
こちらの老松さんで、初めてはなびら餅を買ったんですよ。
シェルバンさん、北野踊りも行けちゃうんですね♪
やっぱり京都に住まなきゃね(笑)
Posted by こまち at 2012年03月01日 14:42
こまち様

手の調子はいかがでしょうか。
無理なさらないようになさってくださいね。
実は梅花祭、いつも仕事が終わってからの夜にいっていたので、舞妓さんや芸妓さんをみたことが一度もないんです。
梅の木の下でみる彼女たちはまた艶やかでしょうねえ、、、、
北野をどりはネットでも券が買えますので、日程さえあえばまた京都にお越しの際にいつか是非。
私の場合、宝塚歌劇といっしょで、見る前はふ〜んって思っていたのに、一度見るとやみつき、、、ですわ。
Posted by しぇる at 2012年03月01日 23:05
ご無沙汰しております。
先日の梅花祭行きましたよ。雨が降っていたのに、天神さんは、いっぱいの人でした。
今年は本当に梅の開花が遅いですが、いい香はしていましたね。暖かい年だと、あの蝋梅は、初詣の時には咲いていることもあります。
尚鈴さん。宴席で何度かお目にかかったことがあります。最近は、あまり更新されてませんが、ブログでお茶のお稽古のことを書いたはったので、以前はよく見せてもらってました。
Posted by 京鹿の子 at 2012年03月02日 23:33
京鹿の子様

梅花祭、いかれたんですね。雨でもやはり人は多いようですねえ。さすが。
もう少し開花してからまた改めて観梅にいこうかと思っています。
でもうかうかしていたら、すぐに今度は桜をおいかけないといけない季節になりますね[E:coldsweats01]
尚鈴さん、ブログされていたんですね。おもしろそうなので、これからものぞいてみます。教えて下さってありがとう!
Posted by しぇる at 2012年03月03日 01:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。