2012年02月06日

天龍寺・茶会〜節分七福神めぐり

冷え込んだ節分の日、嵐山天龍寺周辺には消え残った雪が残っていました。
やはり市中よりかなり寒いようです。

P1150078

節分祭がおこなわれる天龍寺。
あちこちに幟がたっています。



P1150079
すざましく、かつ不思議な美しさの冬枯れの蓮池。

P1150080

ほらほら、雪残ってるでしょう?




P1150083

寒いのでついつい焚き火のそばから離れられませんが、さすが嵯峨野、薪は木ではなくて青竹です。
(一本ほしい〜!竹箸、蓋置が作れるのに、、、)


P1150086

実はこの日、節分祭に来たわけではなく、たまたま○交会の節分茶会におよばれ。
こちらは方丈からみた曹源池庭園。


P1150088

方丈内のお茶室は祥雲閣。
表千家の残月の間写しで、広間に二畳の広い床がつくのが特徴。


このお茶席、どういうわけかオーバーブッキングで、水屋にはみだすお客さんも。
私などは席とちがうところにすわって、その前にもお客さんが座る、という押し込め状態でしたので、なんにも見えませんでした〜。[E:bearing]


P1150089

まあ、立った腹もこの笑顔でゆるしましょうか。
鶴屋吉信(だったかな?)のお福さん。

というわけなお茶会でしたが、そのお茶券についていた福笹券が実はほんとのお値打ちでしたの〜[E:happy02]

七福神めぐりなんて知らなかったのに、参加してみるとスタンプラリーみたいで結構楽し〜い。

P1150092

まずもらった福笹は(買えばけっこうなお値段)辰の絵馬と天龍寺節分祭の札だけがついています。

これをもって七福神に相当する塔頭をまわって、それぞれ御札を笹に結びつけてもらう、というわけです。





P1150093

七福神めぐりのまえにまずはこちらでおささをいただく。

嵐山の丹山酒造の樽酒が無料接待でいただけます。おほほ[E:lovely]
樽木の良い香りのついた淡麗なお酒でしたわ。



P1150094

まずは 三國傳来毘沙門天、弘源寺。

重要文化財・毘沙門堂があります。
15世紀管領職。細川家の創建ゆえ九曜星紋か。



P1150097

ついで水摺弁財天、 慈済院。

唐様の来福門がすてきです。
こちらの御札は弁財天がもっている琵琶の絵がかかれています。


P1150098


福禄寿、松厳寺。

P1150100

こんな感じで御札を結んでくれます。


P1150101

さあて、次なる七福神は、、、
幟をめあてに、ほろ酔い加減でぶらぶら。

P1150102

不動明王、寿寧院。
こちらでは布袋さんの代わりにお不動さんになります。

御札は不動明王さんのもっている護剣。

P1150104

永明精舎恵比須、永明院。
P1150106

こちらには夢見地蔵さん。
たくさんの小さいお地蔵さんのお顔が赤子のようでかわいくいとしい。



P1150108

宝徳稲荷、妙智院。
こちらも寿老人のかわりに入っています。

ここには塔頭直営の湯豆腐定食がいただける西山艸堂さんがあります。


P1150110

七福神巡りしめくくりは東向大黒天、 三秀院。



P1150111

紅梅か?
と思いましたが、ウメモドキのようです。


P1150112

ウメモドキの陰の手水では水が、、、、凍ってます!


P1150113

しめくくりに甘酒の無料接待をうけました。
あつあつでおいしかった!

P1150117

さあ、これがコンプリートした福笹ですよ。

P1150121

せっかく嵯峨野にきたのですから、是非こちらへもいかなくちゃ。

嵯峨豆腐森嘉さん。

先代が凝固剤にそれまで使われていたにがりのかわりに澄まし粉(硫酸カルシウム)を使用して、やわらかい豆腐をはじめて開発されたんだとか。

今でもひとつひとつ手作りで、デパートとかに一切卸していないので、食べたければここまで買いに来なければならないという貴重なものなんです。




P1150126


大好物の厚揚げ、チンしてたれをつけていただくと、おいしくてもう、2つ一気食いでした。(1つはダンナの分だったのだが、、、)
デパートで手軽に買えない、産地販売の新鮮さ、というのもこの異様なおいしさの秘密なんでしょうか。
こんなにおいしい厚揚げを、わたしは他に知らない。

でも嵯峨野までしょっちゅう買いに来るわけには、、、と思いつつ、地図をながみてみれば、そうか、丸太町をず〜っと西に行けば車だとそんなに遠くないぢゃないか!
観光シーズンでなければ、お豆腐を買いに嵯峨野まで、、、ができるかも。[E:happy02]

P1150125

というわけで、やはりいつもどおり、口福でおわる七福神巡りなのでした。


posted by しぇる at 21:39| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都はさすがにいろいろなイベントをしているのですねえ。
行ってみたいですが 寒そうです。
○交会の茶会は大体は大混雑(大人気?)です。大寄せが苦手になったぽちママは 引いてしますのです。
Posted by ひいらぎ at 2012年02月07日 08:58
ひいらぎ様

寒さの中ではあまりご無理をされない方がよろしいです。
私は寒さには弱いのですが、一杯の淡麗丹山のおかげでほかほかしておりましたよ。
いろいろある大寄せですが、今回は道具屋さんの人数差配がまずかったかも。[E:gawk]
Posted by しぇる at 2012年02月07日 19:29
同じ日に森嘉さんで飛龍頭(ひろうず)、厚揚げ、
お豆腐を買って帰りました。
夕方に行きましたが、お客さんが本当に途切れないですね。
Posted by 野中の清水 at 2012年02月08日 23:32
野中の清水様

あら!
偶然にも同じ日でしたか!
しかも森嘉さんまで。
はい、あんなに寒い日だったのに、ご近所さんとおぼしき方が次々とこられていましたね。私のように半分観光客みたいな人も来てたと思います。
ひろうすはまだ未経験ですが、厚揚げはほんと、おいしい!!
おとうふは翌日の湯豆腐になりました[E:happy01]
Posted by しぇる at 2012年02月09日 00:00
お邪魔いたします(笑)

天竜寺内での七福神巡りがあるのですね?
知りませんでした!
一昨年のお正月に、六波羅蜜寺から東寺、えびす神社、赤山禅院…と京都市内をぐるぐる廻る観光バスに乗りました。
唯々、忙しいだけの七福神巡りでした^^;

森嘉さんのお豆腐、一度食べてみたいと、何度も計画に入れたのですが、やっぱり家までは持ち帰れず未だに行かれていないのです。
大きなお店なんですね!
でも、料理屋さんで森嘉さんのお豆腐を何度か食べました。
やっぱり美味しかったです♪
厚揚げはまだなので、今度は本当に行かなきゃ!
Posted by こまち at 2012年02月10日 20:28
こまち様

今回も京の旅では楽しくおすごしだったようでなによりです。
寒いですね〜。

私も七福神をたずねて市中をあちこち走り回るのはツライので、計画したことがありません。
天龍寺の七福神巡りは行くまで全然しらなかったのですが、境内をぐるっと一回りするだけなので時間も体力も温存できます。でも節分の日1日だけなので、日程調整がむつかしいかも。
お豆腐は持ち帰り無理でも、厚揚げは宿泊施設の人に頼めばチンしてくれると思うので、是非ためしてください。
ここのはお揚げ系が絶品!
Posted by しぇる at 2012年02月10日 21:17
森嘉のひろうすは、ほんま、美味しいです。大丸の地下に置いていたような気がします。松尾大社の入り口近くの「とりよね」という鳥料理屋のお総菜売店にもありますね。桜の頃(桂川沿い穴場!)花見がてら巡ってみられてはいかがでしょう[E:happy01]
Posted by ぴお at 2012年02月13日 15:50
ぴお様

まあ!大丸にあるんですか?
これは良いことを聞きました。
こんど行ってみます[E:happy02]
そういえば松尾大社もそう遠くないんですね。
さすがよくご存じ!
Posted by しぇる at 2012年02月13日 23:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。