2012年01月07日

細見美術館〜新洞学区〜三条通〜シメはBar「うえと」

新春早々、さぶいさぶいこの日はみぞれまじりの雪でした。

P1140681
京都会館のそば。
(かすかにふる雪が写っています。)



P1140683
まずは新年早々から開いている岡崎細見美術館へ。

P1140684

この美術館から数mのところにあるのが京漆の老舗、象彦さん。
寛文年間(17世紀)創業の漆器のお店。

明治の財閥三井家は、維新以降衰退していた日本の美術工芸を守るため、積極的にパトロンとしてこれらを庇護。
象彦の蒔絵もそのひとつで、たくさんの豪奢な漆器を三井家におさめてきました。

今回の展示はその三井家旧蔵の蒔絵作品の数々。

古典的なものから現代でも斬新と思える意匠、そして豪華さ、蒔絵の緻密さ、高い技術、、、、蒔絵好きにはたまらないものがあります。
象彦といえば、普段使いのちょっと高級な漆器、、、というイメージをもっていたので、この作品群をみて、認識を新たにいたしました。

なかにはこんなものが、、、、
(いたく気に入ったので)

P1140685

(モノクロのパンフの写真でスミマセン)

これは硯箱なんです。
左の分銅型のが硯で、上の算盤が水差し。
右の蓋の裏には本物の慶長小判などがうめこまれています。
これ、蓋を閉めるとちょうど和綴じの本のようになっていて、「両替(三井家は両替商だった)年代記」と題が。
当時の三井家当主が同様な本を出版した記念にと作ったモノだそうな。


こちらで眼福をいただき、お気に入りのアートキューブショップ(細見美術館のミュージアムグッズですが取り扱い品が多彩で楽しい!)をのぞいて、そのまま二条通りを西へ歩きます。



二条通りから南は新洞学区なんですが、以前からこのあたりにはお寺が多いなあ、、、、と思っていました。


P1140687

それも観光寺院でなくて、中は意外と広い。

P1140688


P1140694


南北に走る道の両脇が端から端まで全部お寺だったりするんです。
P1140686

するとこ〜んな案内板があったりで、文字通り一つの通りの両側全部がお寺の通りもあるんですねえ。

川端〜東大路、二条〜三条、この新洞学区にはなんと55も寺院があるそうです。
びっくり!

江戸時代、宝永の大火(1708)で寺町に集められていた寺院の多くが焼け出され、さらに焼けたご御所再建のために土地をさしだすかわりに鴨東のこのあたりに土地を賜って、集団移動したとか。
なるほど。
日ごろなにげなく歩いている通りにもこんな歴史が隠れているとは、京都はますます油断がなりませんぞ。

この学区にある、新高倉通りや新間之町って、もとは高倉通りにあった、元は間之町にあった、、、ってことだったのね。


しかもこのエリア、意外と楽しいのです。




P1140691

ほらほら、こんなろうじがあって、、、、

P1140692

一種の観光名所となった三上長屋もびっくりの風情のあるろうじでしょ?

P1140695

他にもこんなにそそられるろうじも。
さがせばまだまだあるかも。


P1140697

一度はいってみたいレトロな銭湯、柳湯さん。

そしてとうとう三条通にでました。

P1140698

ここらはね、学生時代には京阪電車の浜大津線が地上を走っていた場所なの。

あのころは、この沿線は赤茶けた煤けたきちゃない家が続くなあ、、、と思っていたのですが、あれこそ町家がずらっと並ぶ壮観だったんですねえ。(当時は町家はごく当たり前に存在していたので、ありがたみもなにもなかった)
もう今ではまた一つ、また一つと町家は消えてゆき、かろうじて虫食いのように残っているだけとなりました。
ここもあと十数年もすれば、すっかり町家は消えてしまうのかもしれません。


P1140701

三条大橋では結構なみぞれ雪に。

つもらないと思っていましたが、P1140704

東山はうっすらと薄化粧していましたよ。

P1140705

これも暮色の東山。

家に帰る前に、ちょっとしたお楽しみ。


P1140748

三条通、白川のほとりに昨年できたばかりの町家Bar、うえとさんへ。

バーですが、女性一人でも全く問題なくはいれる雰囲気なんです。




P1140749

季節のフルーツをつかったカクテル。
この日は大きな金柑。

一口飲んでびっくり。
甘めのリキュールベースかと思いきや、スコッチなんです。
いやあ、こんな組み合わせがあるなんて。
ウイスキー飲んだのひさしぶりだわ。
体もぽかぽかして、ちょっと良い気分♪
もちろん、金柑全部、皮まで完食いたしました。
さわやかでおいし[E:heart01]


posted by しぇる at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新年早々 京都案内ですね。
二条通りを東大路から西へ北側を歩き スーパーを過ぎ通り毎 見ると「種茂」という麩やさんがあります。こちらでお願いすると「麩の焼き」の元?を分けてもらえます。もちろん焼きあげっていますよ。
そのまま食べても十分美味しいですよ。
散歩の折にどうぞ!
Posted by ひいらぎ at 2012年01月07日 20:14
ひいらぎ様

このあたりはよく利用しますが、種茂さんって初めて聞きました。
ひいらぎ様は麩の焼きもご自分で作られるんですか?
今度いったときはのぞいてみますね。
(最中や懐中汁粉の皮だけをあつかっているお店があるとはびっくりです)
Posted by しぇる at 2012年01月08日 00:41
京都って 例えば「ごま」だけで成り立つ家もあるとか。
最中も麩の焼きの元も同じ店で売っています。
京都ってすごい所です。
友達の話では週3回しかやっていない漬け物屋やパン屋もあるとかすごいですねえ。
Posted by ひいらぎ at 2012年01月08日 08:05
ひいらぎ様

ほんとにねえ。
そういうお店をさがしあてて利用するのも、京都の楽しみ方ですね!
Posted by しぇる at 2012年01月08日 21:52
住むのはちょっとためらわれますが、ろうじの雰囲気は捨てがたいものがありますね。
銭湯も学生時代を思い出していってみたいのですが、今は帰り夕方でもサブいので[E:coldsweats01]

うえと・・近くなら通いそうです。

しかし、そろばんの水差し・・・いいなあ。
Posted by 夢風庵 at 2012年01月09日 08:36
柳湯はのれんをあけるとすぐ脱衣所みたいなかんじ、何のてらいもないレトロです。この辺り銭湯が多い地域。でも6年前まではほとんど柳湯と同じ形の銭湯が100メートルほどのところにあったのですが、廃業されました。。。残念。
Posted by kiremimi at 2012年01月09日 15:14
夢風庵様

車が手放せない生活なので、ろうじ生活はあきらめましたが、そうでなければ私は絶対ろうじに住みたい!
こういうところのギャラリーもなかなかいいと思うけれど、、、、
うえとは一人で一杯、、、、ってかんじが似合います。
いつか是非。
Posted by しぇる at 2012年01月09日 22:17
kiremimi様

さすがにもう柳湯ご体験済みなんですね〜。
私も湯冷めしない季節になったらいってみようかな。近くにコインパークあるし、、、。
学生時代に愛用していた吉田の銭湯もなくなっていました。
最近の学生は銭湯は利用しないようです。だんだんなくなっていくのは寂しい限り。それでも船岡温泉や錦湯みたいにがんばっているところもあるのが頼もしいです。
Posted by しぇる at 2012年01月09日 22:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。