2011年09月12日

十四日の月〜京都府立植物園・観月の夕べ

今日が仲秋の名月、今年は文字どおり満月なんだそう。
(例年、十五夜がかならずしも満月ではないらしい)

いまごろあちこちで優雅な観月の宴がくりひろげられているだろうなあ、、、、とうらやましく思いつつ、お仕事に励む。

その代わりといってはなんですが、昨日十四夜のうちに名月を愛でてきました。
この日無料開放される京都府立植物園にて、名月鑑賞の夕べ。


P1130089

植物園も京都に再移住してからは初めて。
昔は未就学の幼児だった子どもたちを、日曜毎に連れて行った懐かしい場所。
(お金かからないし、自動車はこないので安全だし)



P1130124



そして、、、P1130091

異次空間へ連れ去られそうなくらい真っ暗。


P1130093

行列が、、、、と思ったら、望遠鏡で「名月を見よう」というイベント。


さてさて、暗闇に目が少し慣れると、月明かりの影がくっきりと見えるので、見上げてみました。
まあ、ごらんください。

さやけし、月のあかりを。(BGM:虫の音。植物園だけあって耳がいたくなるほど盛大です)




Dsc_0014_2
Dsc_0017_2
Dsc_0018

(月の画像のみ、デジイチです)


この日、昼間の京都は真夏なみの猛暑でしたが、だからこそ、隈なき月は実に涼しげ。
暑さの中にも秋の到来を告げているようです。


P1130099

中央の大芝生ではにぎやかなイベントが。

ハンドベルの演奏もあり、みなさん、あちこちのベンチに思い思いにこしかけ、聞き入っておられます。
暗いので、どのくらいの方がおられるのかわからなかったのですが、、、ふとみると、、、


P1130115

う、、うわあ〜、、
大芝生をうめつくす大勢の人!

こんなにみなさんおいでになってたんですねえ、びっくり!
ああ、そうそう、こんな方も。




P1130104

ご存じない方はこちらを見てね。



P1130117

月明かりでかすかに咲いているのがわかった白萩をフラッシュで撮ってみました。


P1130126

帰りの北大路のバス停にも名月。

P1130127

家の近く、二条通りの日蓮さんの上にも名月。


P1130128

すすきもお団子もお供えできなかったので、亀廣保さんのお干菓子のすすきで一服。

京の明月は一段とうつくしおすなあ、、、(ああ、無理がある京ことば)


posted by しぇる at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都めぐり1 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
店を出てお月さまを見ると綺麗でした。

「お月さま幾つ、十三七つ、まだ歳瀉若いな」

子供の頃に習った長唄。
まるで童謡のようですがーー。
懐かしい唄を思い出しました。
ゆっくりとお月見に出掛ける時間も有りませんが沢山の方が植物園に行かれたのですね。
Posted by 凡蔵母さん at 2011年09月13日 08:35
まゆまろには衝撃を受けました。
もはや繭って…哺乳類ですらないですね。

まあ…わたしのお気に入りは<ゆめはまちゃん>=はまぐりなんですが…。
Posted by ちょきた at 2011年09月13日 11:50
凡蔵母さん様

お月さんいくつ、、、は童謡だと思いましたが。

あの子を産んで、この子を産んで、だ〜れに抱かしょ、、、

そんな唄だったような、、、

私も小さい頃よく聞いていました。当時は意味はさっぱりわからなかったですが。なつかしい!
Posted by しぇる at 2011年09月13日 23:03
ちょきた様

京都ではお菓子の袋にいたり、いろんなグッズになったり、それなりに有名なまゆまろ君ですが、大阪の子に聞くと、そんなん知らん、といわれた。
ご当地キャラってご当地しか通用しないようです。
それにしてもなんで繭なん???
どこからが彼の頭でどこからが胴体なんだろうといつも疑問に思います。

ゆめはまちゃん、見ました。
あまりにストレートにはまぐりなんでちょっと笑っちゃった。
Posted by しぇる at 2011年09月13日 23:09
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。