2011年07月16日

白昼の鉾町2011

(スミマセン。このブログ管理人の個人的情熱で今夜も祇園祭が続きます。)

真昼に36度を超えたらしい、京都です。
暑いです。
でも時間があれば、いっちゃうんです。
鉾町へ、、、


P1110745

いつもの河原町四条のバス停を降りて、え???

ここは四条のお土産物センターのはず。
いともかんたんに、御旅所脇の詰め所に早変わりできるんですねえ。
(いつもとおるのは朝早くなので気づかなかった!)

P1110748

白昼の鉾の前をびゅんびゅん車が通る景色。
タクシーやバスのドライバーにはいたく評判悪い広範囲の交通規制ですが、こんなのできるのは日本広しといえど、祇園祭だけでしょう。


P1110747

菊水鉾では亀廣永さんの「したたり」を購入。
(まあ、最近は年中買えるんですけれど、ここで買うことに意義があるのよね)

菊水鉾のご神体、菊慈童は菊の露のしたたりを飲んで、700年も生きた、という言い伝えから、なにか祇園祭にふさわしいお菓子を、ということでつくられた黒糖の琥珀羹なんです。
(ちなみにこちらの会所では宵山期間中呈茶があります。菊水井という名水にちなんでお茶と関係が。)




P1110795

こちらです。
琥珀羹はかならずしも好きではないのですが、このしたたりは別物。
ほろほろした食感がまた絶妙。


P1110753

電柱にまいてある黄色いネットは山鉾の巡行時、ひっかからないように、という処置でしょうか。


P1110754

こちら放下鉾は会所にあがることができます。


P1110761

鉾の歴史や伝えてきたことの誇りを熱く語る役員さん。
普段は入れない町家の二階です。



P1110763

長刀鉾のような生稚児のかわりに乗られる人形のお稚児さん、三光丸クン。
かわいらしいなかにもやんごとない感じ。

禅語に「放下着(ほうげじゃく)」という有名な言葉がありますが、この鉾の名前はそこからきているのですね。
初めて知った。



P1110764

会所巡りの楽しさのひとつは普段あまり見られない、ほんものの町家の中をのぞけること。
町家フェチとしてはうれしい限りで。


P1110768

さすが着物の室町、なのでこういった着物関係の出店(ふだんは卸しだけで小売りはありません)が多いです。

P1110770

昼間なので、保育園児達もお祭り参加。
かわいいですね〜。


P1110774

こちらも特別公開の時にはなんどもお邪魔した重要文化財の杉本家
祇園祭の期間ははじめて。

P1110779

表の間が伯牙山の会所になっています。
琴もありますね。
古代中国の琴の名手であった伯牙が、親友の死を悼むあまり琴の弦を切った、というお話に基づいているので。



P1110781

有料にはなりますが、杉本家の中へはいって屏風や、夏の町家の室礼を見ることができます。
何度も来ていますが、夏はやはりすてきでしたよ〜。
町家は夏をむねとして作られているのですね。

座敷の真ん中に大きな氷柱がたてられ、これにさりげなく蔦をからませてあります。
氷柱用の専用の家具なんでしょうか、したが竹のすのこになっている台でした。

杉本家のお母さんが、溶けた氷の水を受ける容器をいれかえながら、「こうして手で触って、それを顔や体につけると涼しいんですよ。」と教えて下さいました。

実際の気温はそれほど変わらないでしょうが、目で涼しげな氷柱を見ているだけで気温が下がるような気がします。
昔暮らしの智恵ですねえ。
ちなみにこの暑さで直ぐ溶けるので、大きな氷柱が1日2本はいるそうです。



P1110786

最後に3年後の復活をめざす大船鉾。

(京都人にしたらついこないだの[E:coldsweats01])いくさ、禁門の変で焼失した大船鉾ですが、ご神体の神功皇后の面をはじめ、舳の金幣、刺繍の舵など大方の物が残って各家に大事に保存されてきたそうなのです。
ですから船さえできれば復活できるわけで、そのための資金集めがたいへんだそうです。


大船鉾は、神功皇后遠征のお帰り、凱旋の船鉾だそうで、出征の出船の鉾が今の船鉾とか。






P1110787

とばりの向こうからかすかにのぞく神功皇后像は(ちょっと不気味ですが)凱旋時、臨月だったそうで(赤子はのちの応神天皇)そういえばお腹がふっくらしてる??


さて、私もささやかながら資金協力を。



P1110794

3年後の勇姿が楽しみです。


さて、今年の厄除け粽は、、、、

P1110744

太子山町の秦家のめぐみさんのファンなので、太子山のにしました。

聖徳太子といえば、娘が通った学校が四天王寺だったので、在学中太子像の写真もたくさんもらったし、関係なくもないかな〜、、、と思って[E:coldsweats01]

今年一年、いろんな厄をよけられますように。


posted by しぇる at 00:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 祇園祭2011 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たぶん同じ時刻四条烏丸近辺をウロウロしておりました。
青空をバックにした長刀鉾もなかなかのものですね。
ところで、荒木装束店の屏風祭、行きましたよ。
モダンな屏風につられて中に入ったのですが、
最後に敷物に目が止まり、ああっ、これが、
しぇるさんの紹介されていた赤穂緞通か、と納得、、、。
それにしても、日中の京都の暑さは格別ですね。
お互い熱中症には気をつけませう!
Posted by 表参道便り at 2011年07月16日 01:35
祇園祭りも明日は巡行ですね。
連日の暑い中お元気ですね。

ゆっくり歩けば本当に奥深お祭りですね。
私は連日マイミクさんとお食事に行くのが精一杯です。[E:scissors]
Posted by 凡蔵母さん at 2011年07月16日 06:23
夜の喧騒に比べ静かではありますが、暑さが伝わってきます
久し振りの週末巡行人出も想像できそうです
熱中症には気をつけていい写真を期待しています
Posted by kame at 2011年07月16日 10:03
わあ~!
本当に祇園祭を堪能しておられますねえ。私も来年は是非あちこち涼しい日を狙って行きたいと思います。
今年は暑くてパスです。
ブログで楽しませていただきますね。
Posted by ひいらぎ at 2011年07月16日 18:44
S&Y様

たいていの人がいくところは決まっているので、時間はずれていてもきっと同じ所に足をはこんでいますね。
祇園祭もいろんな見方、興味のあり方が人それぞれなので、おもしろいです。
時にはすごく参考になるし。
まだまだ京都でお楽しみですか?
Posted by しぇる at 2011年07月17日 22:35
凡蔵母さん様

おともだちと鉾町にくりだしてお食事会、これがほんとうの祭のありかたかもしれません。
うらやましいな〜。
祇園祭は浴衣で優雅に、と思っていたのですが、今年はデジイチ肩に掛け走り回っていましたので、理想とはほど遠く、、、、
Posted by しぇる at 2011年07月17日 22:37
kame様

白昼の暑さは半端ではありません。
ときどきくらっときましたが、丈夫な体に生んでくれた(?)親に感謝です。
でもこの暑さが祇園祭の本分なんですよね〜。
Posted by しぇる at 2011年07月17日 22:39
ひいらぎ様

今年は曜日周りがよく、これをのがすと、平日の行事は見られないので必死です。
来年はちょっといけないかな〜、、、(といいつつ行ってるかも)
Posted by しぇる at 2011年07月17日 22:40
はじめまして。
今年の猛暑での撮影は大変でしたね。

私も汗だくで撮りましたがイマイチの写真が多くて[E:weep]

杉本家は写真は外観のみと聞きましたが・・・
この部分は撮れたのですか?
すみません。
Posted by よもぎ at 2011年07月19日 11:07
よもぎ様

こちらは玄関入ってすぐなので、お家の中ではないのですが、ここも撮影禁止だったのかしら?
受付の方には何も言われなかったのですが、、、。以後気をつけますわ。
Posted by しぇる at 2011年07月19日 23:23
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。