2011年07月05日

おうちで楽しむプチ・グルメ

とりいれたばかりの洗濯物です。(ほとんどタオルでお見苦しいものはまじってません)

P1110417

なにげに、洗濯物になじんでいるモノが、、、、

なんで洗ったばかりのものに毛をくっつけるかなあ、、、[E:sad]


それはさておき、一人の食事の時はちょっと自分好みのデリカですますのもいいかな、と以前から是非トライしたかったコンビネーションを。

P1110449

熊野神社を少し西に行ったところにあるLINDENBAUMさん。

数年前まではレストランのシェフをされていたオーナーが、レストランをたたんでまでこだわった、というソーセージ・ハム・テリーヌなどがメインのフランス・ドイツ風惣菜のテイクアウトショップです。

こういうお店をシャルキュトリーというのだそう。(肉を原料とした加工食品、という意味らしい)

前に来たときは、やさしそうなオーナーさん自らがおられて、その時テイクアウトしたシュークルト(ザウアークラウト)がとってもおいしかったのです。

なので、このシュークルトと、500円でおとくな、ぜいたくサラダを購入。

次にむかいましたのがこちら。

P1110451

岡崎神社ちかくのドイツパンのお店、ベッカライ・ペルケオ・アルトハイデルベルグ
こちらは小さいドイツパン(ブロートヒェン)をよく愛用しております。

ドイツのパン職人マイスターの称号をもつオーナーさんが,今年からやはりマイスターのドイツ人のご主人とおふたりでされておられるお店。

アルザス地方(歴史的にときにドイツ、ときにフランス)のシュークルトにここのドイツパンは合うに違いない。
と、いちどやってみたかったコンビネーションのお家ランチ、実現しました。



P1110453

少し酸味がきいて堅めのドイツパン、やっぱり大好きなシュークルトによく合います。
これにワインかビールでもあれば完璧!

シュークルトにはソーセージ(ブルスト)やハムのでっかいかたまりがゴロゴロはいっているので、意外やこれだけでもうお腹いっぱいになり、手前の贅沢サラダ(これもハム、テリーヌがいっぱい)は翌日に繰り越しになりました。

満足[E:happy02]






P1110455

で、お次はなんだかわかりますか?

冷凍した山椒の実なのです。

一昨年は自分で1パック買って、ひとりでせっせと山椒の実の柄を取り除いて下ごしらえ→冷凍処理したのですが、これがまたえらいしんきくさい作業で、、、、
たかが1パックのはずなのに,柄をとってもとっても際限なくて、終わりがないのかと思うくらい。

これは数人でおしゃべりしながらするのがいいなあ、、、ということで京町家・風の会の活動の中の一つ、「おぞよの会」で毎年やってはる実山椒の処理におさそいいただきました。

ところが日程があわず、、、、
で、他の方が汗水垂らして(?)処理して下さった山椒を労せずして分けていただく、というラッキ〜な恐縮な仕儀にあいなりました。

夢風庵様他、みなさまの山椒との格闘のようすはこちら!
その節はありがとうございました〜。

以前、この山椒をたっぷりいれてつくった昆布の佃煮がすごくおいしかったので、材料がそろい次第また作ろうっと!



P1110456_2



このど〜ん!とひかえし大物は、幻(?)の○○酢。

おすそわけでいただいていた、この洛中で作られているお酢は、ほんまにまろやかで、そのままでも飲めるお酢なんです。
実際はお水で少し薄めて飲みますが、大好きな酢昆布の味わい[E:lovely]

京都のお酢、といえば○鳥酢が有名で、料亭でもよく使われていますが、あちらはすきっと少し辛口。
どちらがおいしいかは好みによると思われます。

この○○酢は大量生産されていないので、ひところはネットでも買えていたのが今では一切入手できなくなったそうです。
また直に買いにいってもなかなかハードルが高い、、、といううわさ。(以詳はおしかけられると困る、、、とのことでナイショです)


あまね様に頂戴しました。
ありがと〜!ありがと〜![E:happy02]
こんなにたくさんの○○酢、夢のようだわ!


posted by しぇる at 21:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わんこもにゃんこも、なぜに洗濯したてのマットやタオルに、こしこし自分の匂いをつけるのか・・・

LINDENBAUMさん、2回空振りしてます。今度こそ美術館行きの時に買って帰りますわ。
おいしそ。

4人の美女の汗と涙(鼻水も少々?)がしみこんだ山椒、ありがたくいただいてね。

そうそう。京都にお引っ越しする前はネットで買えてたんですよ。そのお酢。
2か所ほどネットで扱っているお店、お気に入りに入れてたのですが、1か所は2年前にはもう完全にお取り扱い中止になってました。
Posted by 夢風庵 at 2011年07月05日 23:30
私もだいぶ前に(たしか夢風庵さんが新風館に出てはったとき)、LINDENBAUMのソーセージとドイツパンの組み合わせで、お家グルメしました。
ソーセージは美味しかったけど、ちょっと塩がきついなぁ。こういうふうに煮込むと、エエだしが出そうですね。
このお得なサラダはなかったです。今度行くことがあったら、迷わずゲットね。
Posted by ぽん at 2011年07月06日 17:03
夢風庵様

あら、空振りのときもあるのですね。
私はラッキーだったのかも。
山椒はそういえば塩味が、、、(ウソです)[E:coldsweats01]
大事に使わせて頂きます。でもあの作業はほんま、大変ですよね。
来年はごいっしょにしたいですわ。
昨日偶然にもそのお酢屋さんの前をとおりかかりました。
「小売りお断り」の看板がでていましたが、裏技を使ったらわけてもらえるのかな?
Posted by しぇる at 2011年07月06日 22:02
ぽん様

そう、確かにソーセージだけでは塩辛すぎますね。(からくないのもありますが)
京風の味に慣れた人にはちょっとつらいかも。
その分、シュークルトは多分味付けに塩なしで作ってはると思う。
おいしいです。これにマスタードをたらすとモアベターよ[E:good]
思うに、このぜいたくサラダ+ペルケオのパンでランチとしては十分でした。
でも、シュークルトははずせないのよ〜。
Posted by しぇる at 2011年07月06日 22:08
これは、ビール飲まないと~なランチですね~!(特に今の季節)
京都って、意外と?パン屋さんが大充実で、土日のお昼は近所のパン屋さんのパン(とお酒…)が結構楽しみでもありました。
そして、洛中に、老舗のお酢やお味噌やお醤油のお店もあったりして、神社にお水汲みにもいけるし、京都の底力って、そういうことにも感じたりします。
Posted by ちゃみ at 2011年07月06日 23:01
ちゃみ様

あい、そうです、ビールまたはワインですね。
(昼間っから飲んでいて良いのか、、、という問題はありますが)
ちなみにリンデンバウムさんのHPにはビールにあうセット、とワインにあうセット、というのものっていました。やっぱり〜。
そうなんです。味噌や,お酢や名水や、、、それらも住んでみないとわからないありがたさですよね。今、そのありがたさを享受しております。
ちゃみ様もかえっておいで〜[E:happy01]
Posted by しぇる at 2011年07月06日 23:30
リンデンバウムさんとはちょっとした
知り合いで、風の会の例会でパーティを
した折、ケータリングをお願いしたことも
あります。レストランもよかったのにぃ!
大きなテーブルが素敵でちょいちょい
寄せてもろてたんですよー


山椒は来年はぜひに。
山椒のご機嫌次第ですが、なるべく早めに
日時を設定しますね~!


ところで、今度、お酢買いに行くときには、
御一緒しますぅ?
Posted by あまね at 2011年07月07日 14:55
あまね様

リンデンバウムのご主人の前のレストラン、ご存じだったんですね。
いきたかったな〜。それにしてもまたまたすばらしいご人脈、京都はせまいわ。
今日は冷凍ご飯をチンして、○○酢で寿司酢を作り、山椒をばらまいて即席酢飯を食べました。
おいしかった!
先日○○酢のお店の前を通りましたが、たしかに敷居が高そう。
当分はいただいた一升瓶でいけそうですが、無くなったあかつきにはつきそってくださ〜い[E:coldsweats01]ひとりじゃ心もとないです。
Posted by しぇる at 2011年07月08日 00:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。