2011年06月05日

建具の夏支度

町家の生活で、六月になると夏の支度のひとつとして建具替えがあります。

襖や障子を片付けて夏の建具に替える。
大きなお屋敷では全部の建具を替えるとなると、さぞや重労働だったことでしょう。

家の中を風が通り抜けるが視界はしっかりさえぎる、そのすぐれものが葭戸(よしど)です。

家中の建具をとりかえる、、、というのは経済的にも、使わない障子や襖の収納場所からいっても(蔵なんてないもんね〜)わが家では無理なんですが、せめて一部屋だけでも葭戸にかえようと。

入れ替えて、この家での最初の夏をのりきる工夫を。

この葭戸、○河なんかの新品のカタログをみると、すごいお値段なんです。

でも!

これが古建具だと、はなはだしいものになると10分の1くらいの値段で手に入るのです。

そこで、わが家の建具のほとんどでお世話になった、夷川の○川古建具さん。
こちらで葭戸をお願いしました。




P1110031

早速もってきていただき、その場でノコギリやカンナで調整を。

ちょっとあわせただけで、ぴったりスムーズに開閉ができるように調整終了。
さすが、プロのお仕事。

そしてこの家は昔の家の寸法で建ててあるからでしょう。

最近の新しい家は、障子や引き戸も背が高いですから、昔の建具を使おうと思うと、おもいきり下駄をはかせないといけません。(でも、○川さんではそれもやってくださるんです)

昔の町家は建具はほぼ同じ規格、リサイクル、リユースが簡単にできるんです。

そこらへんはエコですが、ただ、新しい物を作る技術者がへってくるかも、、、という懸念はあります。




P1110032

ちなみに入れていただいた葭戸は京式(というらしい)。

葭の節を竹の縁でかくさずに、リズムよく見せて模様にしているものをいうのだそうです。
京町家ではよく使われるものだとか。

P1110036

腰板の意匠もなかなか凝っていて、おさえの棒の中に煤竹が埋め込んであるんです。

材質は赤杉。
40〜50年くらいの年季はいってます。

さあ、できあがり。
これで夏を迎える支度ができました。

(あとお金があれば畳に敷く網代とかもほしいなあ、、、、、)




P1110035

(鴨居の上の小障子までは手が回りませんでした〜!)


posted by しぇる at 20:07| Comment(10) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わお~!
すどですね。京都の夏ですね。
エコです。これで団扇があれば素敵です。
Posted by ひいらぎ at 2011年06月05日 20:25
ひいらぎ様

あと、蚊取り線香もね!
Posted by しぇる at 2011年06月05日 21:38
きやぁぁぁ~♪素敵素敵!!
これいいなあ。
日本の夏、○鳥の夏・・・やわぁ。
Posted by 夢風庵 at 2011年06月05日 22:58
おぉ…
ドラマのセットのようです~素敵です~[E:happy01]
Posted by ちょきた at 2011年06月06日 10:56
いいですね。

我が家も早くやらないと・・。
Posted by 山名騒然 at 2011年06月06日 15:50
夢風庵様

町家の夏はやっぱり葭戸に簾よねえ。
(うち町家ぢゃないけれど、、、)
いつか町家ゲットされたら葭戸も是非!
Posted by しぇる at 2011年06月06日 22:16
ちょきた様

の年代だと、やっぱりドラマの世界ですか〜。
私の子供の頃のお家って、夏はどこも葭戸、簾だったんですよ。クーラーなんかなかったしね。
今思えば、ほんまにエコな生活してたわ。
Posted by しぇる at 2011年06月06日 22:18
山名騒然様

のお宅は、ほんまもんの町家ですもんねえ。
夏は、家の中の方が空気がひんやりして良い感じだろうなあ、、と想像いたします。
冬の建具を収納する場所もちゃんとあるのでしょうか。うちは無理矢理、某空間におしこめましたが、いささか、かっこわるいです。
Posted by しぇる at 2011年06月06日 22:21
建具替え・・・懐かしいですなぁ。子供のころを思い出します。
納屋に仕舞もうた障子を秋に再び出すときに場所を間違えんよう、祖父が敷居に接する面にチョークで「仏間南側」とか書いてましたわ・・・。
現在のうちは仕舞う場所が無いのんで、一部だけ御簾とかにしています。関東では建具替えの習慣がありません。せやから葦戸の中古品が手に入りません。仕方ないので○河に誂えて貰いました。○河さんは関東まで来てくれまっせ。
Posted by へちかん at 2011年06月07日 02:13
へちかん様

ええ〜![E:coldsweats02]
○河さんのですか〜?!
大台にのったんとちがいますか?すごいですね〜。うちだったら1枚しか買えませんわ。
うちの実家も昔は木の雨戸で、「いろは、、」と番号をふっていましたっけ。なつかしい。
今回の古建具もかつての持ち主さんが「柱付き東」とか、書いておられました。
Posted by しぇる at 2011年06月07日 20:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。