2011年05月30日

(とりいそぎ?)茶室開き

実家から両親がでてきましたので、母からもらった茶道具のお披露目もかねて、プチ茶会でもてなそうと思いました。

当日はお昼頃わが家へ到着予定なので、午前中化粧もせずだらだらしておりましたら、いきなり「もうすぐそこに来ている。」と電話が。

ええ〜?!
まだお菓子も用意しとらんよ〜[E:coldsweats02]

P1100926

とりあえず、玄関はこんな花でお迎えして、雨の中、一番近くの上生菓子屋さん、平安殿さんへ走る。


道具一式は前日に用意していたので、なんとかセーフ。

雪の日にいきなりある茶人宅を尋ねたら、急な来訪にもかかわらず、茶の湯の即妙のもてなしをしたことに利休が感心した逸話を思い出します。
まあ、これは続きのオチがあるのですが、いつでももてなしができるように、釜の湯は絶やさぬこと、、はかつて茶人の当然のたしなみだったのでしょう。
現代生活でそれは無理にしても、ちょっと心得がたりませんでしたわね。(もっと早起きすべきだったわ)




P1110025

前日の水屋。

やっと水屋のこまごました道具もそろってきて、「らしく」なってきました。
それにしても本などで理解していたつもりでも、実際やるとなると本当に大変。
勉強しないといけないことが山ほどあるんです。

軸のかけ方、しまい方(あの紐のかけ方がねえ、、、)ひとつとっても中途半端でわかってなかったです。
実際体と手を動かさないとわからないことがどれだけあることか。

道具を清めて、部屋を掃除して清めて、花をあしらい、菓子を手配する。
昔は火を熾すことも、軸をかけることも日常生活の一部だったはず。

「茶道とは人間生活全体と密接にむすびついた生活様式そのもの」と、その著書、「わびの茶道」のなかで久松真一先生が書いておられた言葉の意味を身を以て理解したような気がしました。


”狭隘なるささやかな住居の中で、宗教的にも、道徳的にも、礼儀作法的にも、芸術的にも、食事から掃除に至るまでも、良く洗練された文化的生活”なのです。”(「わびの茶道」より)

禅僧の作務もまた然り。
house choreをこなすこともまた修行。



P1110026

濃茶と続き薄でもてなすことに。

あ、風炉は今はまだ電熱ね[E:coldsweats01]

点てる方も洋服で、足が悪い母のために少々作法とちがう仕儀にあいなりましたが、それでもこの茶室で初めて茶で、人をもてなしました。
なので、一応記念すべき「茶室開き」なのです。



P1110027

軸は久松真一(抱石)の「松老雲閑(まつおいてくもしずか)」。
臨済録から。
「曠然自適(こうねんとしてじてきす)」と続きます。

両親の老境、かくあれと。

花は原種に近い小振りのテッセン。(三条京阪のお花屋さんでもとめました。けっこう茶花に使える花材おいています)

P1010361

お菓子は「水牡丹」(平安殿)。

いずれも母が使っていた茶道具でもてなすことができてよかった、と思います。

パソコンに今日の記念すべき初茶会の茶会記を記録していれました。
「しぇる屋会記(?)」がこれからどんどん増えていきますように。

それにしても、お茶の道は険しいのう、、、、


posted by しぇる at 21:35| Comment(32) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しぇるさんちの水屋というエリアを初めて拝見しました。
 お茶には(すいませんが)全く興味はないけど、ココ素敵ですね~。
 秘密基地状態ですよね。

 余談ですが、ウチは2階の部屋にコッソリガスとか水道を通せるようにしてあるんです。
 今は、ただの壁です。
 もしものとき、簡単な工事で永久に2階で寝たきり生活可能です?
Posted by ちょきた at 2011年05月30日 22:00
ちょきた様

うああ〜、アップしたばかりでもう速攻コメント、ありがとうございます。
水屋=秘密基地、、、いいですね。そのとおりかも。ここでは私は司令官どす。
ひとりでここに座っていると、落ち着きます。

2階で寝たきりですか?
トイレはどうなんでしょ?
Posted by しぇる at 2011年05月30日 22:10
御両親とのお茶会
ほのぼのとして
いいですね
Posted by 野中の清水 at 2011年05月30日 22:24
しぇる様
素晴らしい!ご両親はどんなにうれしかったでしょうか。
特にお母さまは自分の道具を使って もてなされて。
私も涙が出ます。
Posted by ひいらぎ at 2011年05月31日 08:50
「しぇる邸のお茶室全貌あきらかに!!」って感じで・・・・
ほーっ[E:lovely]それにしても「ため息もの」です。
 そら、お母様喜ばれたことでしょう。
 台目ずえ、釣棚・・・素敵!

三条の花屋さんて、表通りと裏通りが突き抜けてるお花屋さん[E:sign02]
あそこ、山野草とか普通の花屋さんにないものがあって、うれしくなってしまいますよねぇ~
Posted by 花咲おばさん at 2011年05月31日 09:57
ステキな茶室開きになりましたね。ご両親も喜んでおられるでしょうね。

我が家でも、お正月に母の銀瓶に叔母のお茶箱を使って見ました。

家族だけでしたが、母や叔母が生きていたらどんなに喜んでくれたかと思うと・・。

これからが楽しみですね。

その内、呼んでくださいね。
Posted by 山名騒然 at 2011年05月31日 14:49
先日はありがとうございました
素敵なお家のお茶室でご両親様をもてなされたしぇる様
さぞかしお慶びだと思います[E:heart04]

うちも母の道具や主人の集めたものなどありますが、そんな機会も場所もないので・・・残念です[E:wobbly]

いつか寄せてもらえる日を楽しみにしております[E:shine]
Posted by Kamesan at 2011年05月31日 15:39
すばらしいお茶室ですね。台目柱も床柱も、羨ましくてため息ものです。お軸もお花もお床にあっていて見事ですね。
お茶人としての楽しみを受け継いでいらしゃる様子をご両親に茶室開きとして披露なさるのは、素敵な親孝行でしたね。
Posted by yuchi at 2011年05月31日 17:56
ふふふ
トイレと風呂、うちは2階なんです。
玄関と洗濯干すのが別階です。
なので、歳をとって階段あがって風呂はつらいですが、もっと年をとって完全に寝たきりになれば気楽です。

すいません、偶然拝見したタイミングがアップしたてだったんですね。
なんかストーカーみたいですいません。[E:happy02]
Posted by ちょきた at 2011年05月31日 20:45
ほんと素敵です~♪これぞ京都生活!!!あやかりたい!
何気なく手の込んだ(笑)日々の生活を楽しむって、京都生活の醍醐味だと思います。
ご両親も愉しまれたようで、良かったですね~。
Posted by ちゃみ at 2011年05月31日 22:11
野中の清水様

ほのぼの、、といえば聞こえはいいですが、ちょっぴりなれ合いになってましたねえ[E:coldsweats01]
母も「続き薄なんて忘れた〜」と言っていましたし。
でも楽しんでくれたようでなによりでした。
Posted by しぇる at 2011年05月31日 23:30
ひいらぎ様

いえいえ、泣いていただくほどのものではありません。
母もお茶から離れてずいぶん久しいのです。すっかり忘れてしまった、と申しておりました。
とりあえず行き場所がなくなっていた道具をレスキューできてよかった、と思っています。
Posted by しぇる at 2011年05月31日 23:33
花咲おばさん様

そうです、その三条のお店。
通勤路なのでのぞけるときはのぞいています。お値段も高くないですし。
一見台目にみえますが、実は丸畳の四畳なんです。足さばきがけっこうむつかしいことが判明しました[E:coldsweats02]
Posted by しぇる at 2011年05月31日 23:35
山名騒然様

お茶会を開く楽しみにめざめてしまいました。
ほんに亭主六分に客四分とはよくいったもの。
選ぶほど道具はないのですが、それをやりくりして組み合わせる楽しさは格別ですね。
両親も喜んでくれたのがなによりです。
いつかお茶会上級者の騒然様をお招きできるよう、精進いたします。
Posted by しぇる at 2011年05月31日 23:39
Kamesan様

先日は失礼いたしました。
お母上のお茶道具、ちょっともったいないですね。でもカフェで一部活かされておられるようですので、それもよいと思います。
またお寄り下さい。(Kamesanちのお菓子といっしょだと、なおウケます!)
Posted by しぇる at 2011年05月31日 23:43
yuchi様

やっと両親に、ちゃんと使っているということを見せることができ、ほっとしています。
引き続き懐石の四つ碗を買ってあげる、といわれ、そのためには茶事ができるようにならなければならないので、また宿題をもらった気分です。[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2011年05月31日 23:46
ちょきた様

いえいえ、ナイスタイミングでありがとう。(たまたまだったとしてもね)
トイレは2Fなんですか。それはいいです。
バリアフリーだとなおいい。
今の家は,歳をとるとちょっとつらいかも、、、
Posted by しぇる at 2011年05月31日 23:49
ちゃみ様

手の込んだ日々の生活を楽しむ、、、たしかにいいのですけれどね、いかんせん、京都滞在時間が少なすぎる〜[E:bearing](ほとんど勤め先の大阪に住んでいるような気がする)
また、ちゃみ様をこちらに気軽におまねきできるような状況になるのかしら???
Posted by しぇる at 2011年05月31日 23:52
やっと戻ってきて、シェル様と同じ、ちょっと寒いくらいの京都の空気を吸っています。

清々しい空気がつたわってくるようなお茶室の写真、ほんとにすばらしい。

それに、平安殿の水牡丹瑞々しくておいしそう。。(花より団子状態)いままでブログをみるだけでしたが、早速買いにいけるのがうれしいところです。
Posted by kiremimi at 2011年06月01日 00:16
こんにちは、しぇる様

とっても素敵なお茶室ですね。
お写真より滲み出る気配から、これからたくさんの御縁や、しぇる様のおもてなしがたゆたう、ぬくみのあるお茶室になっていくのでしょうねぇ。
京都も梅雨入りして、生菓子も水を纏う様になりましたね。
水牡丹、美味しそうです。

追伸:お陰様で、徐々に復活して参りました!
お心寄せ、大変心強く感じました。
御心配、並びに温かいコメント、本当にありがとうございました。
Posted by いけこ at 2011年06月01日 14:29
お茶室開き、おめでとうございます。理想です! 素敵です!

 なんと息子がしぇる様の後輩になったので興味を持ち、久松真一『茶道の哲学』開いて眺めています。茶道における人間形成…。
しぇる様はお若いときに正しい茶道に出会って今日に至っておられると知りました。
 お線香1本分の正座がきついとかで、続くのかどうか?ですが、良い時間を過ごしているようです。いつの日か、親にお茶を点ててくれたら、感動です! お母様、お喜びで良かったですね!
Posted by ぴお at 2011年06月01日 15:27
お茶室開き、おめでとうございます。お母様に一服さし上げられて、和やかな一時だったことでしょう。またお軸がお席にぴったりで羨ましいです。久松先生のお軸、いつかゆっくり、拝見させて頂きたいです。
Posted by そらいろつばめ at 2011年06月01日 19:12
そのうちに寄せてください。
●●酢持って行きます!
Posted by あまね at 2011年06月01日 19:32
最初のお客様がご両親と言うのがいいですね。

物件探ししていると、広くてとても手が出ないお値段ですが、お茶室が残っているのがたまにありますね。
お茶室も道具も、こうやって生かしてくれる方の手に渡るのが幸せなんでしょうね。
Posted by 夢風庵 at 2011年06月01日 20:58
kiremimi様

おかえりなさいませ〜。
USAから日本、わけても京都ですと、その雰囲気のギャップが楽しいですね。
私は仕事で大阪にいる時間が長いので、多分kiremimi様のほうが、ご滞在中は京都をたっぷり楽しまれることでしょう。
平安殿にも吉水園にも走れますし[E:happy01]
Posted by しぇる at 2011年06月01日 22:25
いけこ様

春にお目にかかったときにも結構お疲れだったんですね。無理を重ねられているなあ、、と思っていたら、とうとう、、、、[E:shock]
当然と言えば当然かもしれません。これって労災かも。ほんとうにお体に気をつけて下さいね。そういうくらいしか応援できませんが。
Posted by しぇる at 2011年06月01日 22:30
ぴお様

まあ!そうなんですか?
私の遠い後輩に。
香一炷の端座は最初は苦しいですが、そのうち快感になることうけあいです(←ホントか??)
私は学生時代は久松先生の思想について深く考えたことはないのです。
お茶の稽古を再開してからその思想を再発見したような次第でして、、、
ですが、そういえば昔こうだった、、とか思い出せる記憶があるのがありがたい。
生前の久松先生にすべりこみでお会いすることができましたが、できれば今、お目にかかりたかったなあ。
11月の錬成茶会、楽しみです。
Posted by しぇる at 2011年06月01日 22:39
そらいろつばめ様

ありがとうございます。
そらいろつばめ様をお茶事におまねきするプランに今一歩近づいきました。
まあ、あまりご期待されない程度にお待ち下さいませ[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2011年06月01日 22:44
あまね様

はい、そのうちきっと。
(あつかましいですが)○○酢と、あと山椒の件もよろしく〜[E:happy01]
そろそろお引っ越し祝いも考えておこうかな。
Posted by しぇる at 2011年06月01日 22:46
夢風庵様

茶室はなんといってもはずせない夢でしたから。でも活かすも殺すもこれからですわ。
まあ、両親の前ではへたをうっても、笑ってごまかせるので。こんななあなあの茶会ではほんとはイケナイんですけれど[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2011年06月01日 22:48
うちは本格的な茶室開きは来年です。苔や庭の緑が落ち着いてからにします。親には見せましたけど・・・。広間は京都の昔の家を参考にしたので、母親は懐かしんでました。
やっぱりお裏さんの水屋と表の水屋は違いますね。せやけど水屋をしっかり作ることはお茶の基本やと思いますわ・・・。
Posted by へちかん at 2011年06月03日 09:45
へちかん様

ほんとですね。今調べたら、水屋のつくりまでちがうんですね。(しらんかったわあ、、、、)
今の先生のお稽古場の水屋がきちんとしているので、使い方の参考にとてもなります。

きっとすばらしいお茶室でしょうねえ。
また、ちらっとでも拝見できる場(サイトなど)があったらおしえてください〜。[E:happy02]
Posted by しぇる at 2011年06月03日 22:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。