2011年03月14日

思い

大阪の町は今日もいつもとかわらずにぎわっていた。

あ、これはデジャヴだな。

阪神大震災で直接的な被害はなかったものの、ライフラインはとぎれて、道路は裂けて、瓦礫の山の中、これから一体どうなるんだろう、、、と停電で真っ暗な町をぬけ、不安で一杯な気持ちで淀川を渡ると、、、、

そこにはいつもと変わらぬ電飾キラキラの大阪の町が。

川一本でこんなにもちがうのか!
と愕然とした一方で、ああ、大丈夫、ここにはちゃんとした日常がある、と妙にほっとしたことを思い出す。

娘は関東エリアに住んでいる。
大きな被害はなかったが、家の中はぐちゃぐちゃで水がでないらしい。
食料は1週間分ストックした、と言っていた。


彼女が阪神大震災にあったのは中学受験を控えた小学校6年生の時。
あの時は子供で、被災の苦労がわからなかったが、大人になって災害に遭うと、あのときどんなに大変だったかよくわかった、と言っていた。

今は福島の原発からそう遠くもないところにいるので、それがとても心配だ。
計画停電もあるし、早く猫と一緒に帰っておいで、と親の身勝手を承知で言っているのだが、東京まででる交通手段がないらしい。

それにしても原発震災対応をされている方々のご苦労を思う。

津波被害もさることながら、今原発がおとなしく静止してくれるかどうかに日本の命運がかかっている、といってもいいかもしれない。
その最前線で体をはって作業しているひとたちに、どうかどうか、よろしくお願いします、と祈るような気持ちだ。

放射線は目に見えないだけにおそろしい。
大量線量被爆をした場合、ゆっくり確実におとずれる死までの歩みは地獄といっていい。
体の中の細胞一つ一つからじわじわ破壊されてゆく。

そんな危険に身をさらしながら、日本中の願いを背負って作業をしておられる方々には頭が下がる。
どうか事故なく、無事に静止しますように。
どうか、どうか。P1090665
posted by しぇる at 22:12| Comment(22) | TrackBack(0) | 未分類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しぇるさん、こんばんは。お嬢さん、あちら方面にいらしたんですね…それはそれは、さぞ心配な事でしょう。
私なんぞ何も出来ませぬが、今回の一連の件が少しでも早く良い方向へ収集する事を毎日祈っております。
お嬢さん方も色々な事を無事にやり過ごせますようにです。
Posted by ちゃーちゃん at 2011年03月14日 22:49
今現在はもうほんとうに、最前線の現場に行って活動できるプロの方々にお願いするしかないです。
Posted by 夢風庵 at 2011年03月15日 00:26
また福島第一原発2号機で水が入らなくなったと緊急記者会見です。何とかこの状態を克服できますように! 現場では、どんな決死の覚悟で作業なさっていることでしょう。
ツイッターである人が、今回は誰をも批判、非難しないことにした、と言っていました。本当に、日本中が協力して乗り越えなければ、ならない試練だと思います。
台風23号では私たちはたくさんの支援に助けられました。今回は、仙台、山形、つくば、東京に家族、親戚がいる私も毎日オロオロしています。とりあえずみんな元気ですが、電話やメールが繋がるまで心配でしょうがありませんでした。今は自分の生活をきちんと維持すること、その上でできることを考えよう、と思っています。
Posted by そらいろつばめ at 2011年03月15日 00:31
現場には自衛隊の方もいらっしゃいますが、メーカーの東芝や東京電力が対応、保安院はあまり役にたたない感じで…。電力・ガス・電話・鉄道等は役所みたいなものであるとはいえ、大変ですね。というか、ほんと国がもう少しちゃんとできないのかなぁ。東京電力の優秀な方々を信じて待つしかないですね。
娘さん、何かあれば関西に帰れるって保険?、気持ち的には大きいと思いますよ。頑張ってほしいですね。
Posted by ちゃみ at 2011年03月15日 00:41
心配していた原発ですが やはり大変なことになっていますね。福井にいましたので 11基もありますので いつも心配しています。
現場で身体を張って作業に当たっておられる方は多分被爆を覚悟だと思います。
これからは 風 波 地熱 太陽など もっと安全なエネルギーを考えないといけないのと 私達も生活サイクルを考えないといけないと思います。
Posted by ひいらぎ at 2011年03月15日 08:45
結婚された娘さん、関東方面にお住まいだったんですか!!
 ほんとに、親としたら気が気じゃなかたことと拝察します。
 とにかく少しでも良い方向に向かうよう、願うばかりです。
Posted by 花咲おばさん at 2011年03月15日 09:28
ちゃーちゃん様

お久しぶりです。
ご心配いただき、ありがとうございます。
阪神での被災の日々をどうしても思い出してしまいますよね。
なんとかこれ以上の被害拡大がおこらないことを祈るしかありません。
Posted by しぇる at 2011年03月15日 19:49
夢風庵様

見守るしかない、自分ではなにもできない、というのがほんとうに歯がゆいです。無宗教者ですが、どの神様でもいい、今は膝を折って祈るばかりです。
Posted by しぇる at 2011年03月15日 19:50
そらいろつばめ様

なにをしていても心がはれません。本当に淡々と肉体だけは動かしていますが心ここにあらずのような、ふわふわしたへんな感じです。
人がそばを通って床がゆれただけでも、ありもしない余震を感じたような気持ちになったりします。職業柄被爆のおそろしさは身にしみています。日本経済に与える影響まで考えて、鉛をのんだような気持ですごしています。
Posted by しぇる at 2011年03月15日 19:56
ちゃみ様

いったい何人の方が原発に直接対応されているのでしょうか。
だれでも行きたくはないですよね。だからといって人員不足は絶対にゆるされません。ただ見守るしかありません。
娘の方はなんとか自分で身をまもるでしょう。そこらへんは信頼しています。
Posted by しぇる at 2011年03月15日 19:58
ひいらぎ様

原発についてはまた考えなければならないと思いますが、まだ心はそこまでいきません。とりあえず、この危機をのりこえてほしい。
Posted by しぇる at 2011年03月15日 20:00
花咲おばさん様

ご心配ありがとうございます。
先日お目にかかった時はまだこれほど深刻なことになるとは思っていませんでした。娘の方はなんとかすると思います。
祈るしかないことがとてもとても歯がゆいです。
Posted by しぇる at 2011年03月15日 20:02
娘さんご心配ですね
うちも豊田ですが、半分ぐらいの揺れでも
心配です
昨晩の揺れは
ぴよちゃんも目を覚ましたようです

どうか、これ以上の被害は出ないことを祈ります
救助や原発で頑張ってくださるみなさんも
どうか二次災害がでないよう願います

又、何より、感謝申し上げます
Posted by kamesan at 2011年03月16日 20:47
kamesan様

ご心配いただき、ありがとうございます。
娘のことも心配ですが、交通機関が使えない限りどうしようもないので、いまはガマンです。彼女もいっぱいいっぱいのところでがんばっているようです。
ほんとうに小さい子供たちの心に傷跡が残らないようにと思います。
祈るしかありません。
どうか最悪の事態が避けられますように。
Posted by しぇる at 2011年03月16日 21:32
お嬢様のそしてご主人様、そしてフレ君がどうぞどうぞ無事なお顔を見せてくださるよう、神様にお願いしたい!きっときっと!どうぞ叶いますように!
これ以上被害が広がらないようにと祈るばかりです。
Posted by nnya at 2011年03月16日 23:44
悶々とする日々、お茶のお稽古がありました。
こんなことをしている場合じゃない?と思ったのですが、釣釜でお炭手前を…。
上手く湯が沸き、蓋を開けた瞬間に立ち上る湯気を、静かに楽しみました。

何も手をつける気にもならず、必要外の外出してないのですが、でも、沈んでいて好転することでもない?
無事でいる者は淡々と出来ることをして、むしろいつもより活気をもって、北の方へパワーを送ってあげるのも支援かな、と思ったりしています。
まだ日本中がダメになったわけではないからねって…。
Posted by ぴお at 2011年03月17日 12:41
nnya様

ありがとうございます。
おかげさまで本日やっと娘夫婦+フレディうちにやってきました。
原発に関しては、専門家の話をきくと、遠く逃げたからといって安全という物でもないそうですが、とりあえず停電、余震からはフリーになります。
フレ君、おばさまねこたちに腰がひけながらも、わがやで一番暖かい場所ゲットしてます。かしこいやつです。
Posted by しぇる at 2011年03月17日 22:22
ぴお様

ほんとうですね。
どうせどこにいても安全でないのなら、お茶でもしないとしょうがないじゃない?と専門家でかつ茶人のある方にいわれました。
こんな時こそ、お茶、しよう。
今日、たまたまネットでみつけたお軸、
「坐久烟雲収」、長いこと座っていれば雨もあがるわ。
なんだかぴったりの境地です。
Posted by しぇる at 2011年03月17日 22:28
「遠く逃げたからといって安全というものでない」
というのは、どういう理屈なんでしょう?
お時間のある時、お教えください。
Posted by 老後は京都で at 2011年03月17日 23:04
よかった!ルートがあったのですね!
ひとまず安堵されましたね!
このような事態が震災、津波被害よりの想定外では済まされないと思うものの、今はとにかく避難、そして私たちは命がけの作業を見守るしかないということなのですね・・・
フレ君の無邪気さに救われます。
Posted by nnya at 2011年03月18日 12:01
S&Y様

受け売りなので、誤解をまねくといけませんので、ここではお答え差し控えます。ただ、東京より香港の方が放射性物質の濃度が高かった、というのが一例で。
Posted by しぇる at 2011年03月18日 22:04
nnya様

ありがとうございます。
でも、若い二人は意外に楽観的で、肩すかしをくったような感じなんです。
フレはあいかわらずデカイです。デカイのは体だけでノミの心臓ですが[E:coldsweats01]

今日はなんとあのヘルブラウ様にお初にお目にかかったんですよ。
ブログから想像したとおりの楽しい方でした!
Posted by しぇる at 2011年03月18日 22:08
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック