2010年10月20日

さらば My Garden

イングリッシュガーデンをめざしていました。

震災後に庭を造り始めましたからかれこれ15年になります。

けっこうお金をつぎこみました。

けれどしょせんはweekend gardener、週末しか作業ができません。
また酷暑や厳寒のころはついつい作業がおっくうに。

それでも季節の一年草、5割生き残ればいいか、、の宿根草、季節の変わり目にはせっせと植え付け。
自分で煉瓦を積んだり、アーチをたてたり。(木のアーチは台風の時、ぶったおれた)

いよいよ引っ越しが決まってからは、忙しさと、ちょっぴり落ちてきた体力とですっかり庭仕事、さぼっていました。
イングリッシュガーデンはすっかり雑草ガーデンになりましたが、それでもサバイヴした宿根草は季節をあやまたず、花を咲かせてくれました。

P1070400

夏みかんなんかは10個以上の実をつけてくれたんですよ。
まだ緑です。
黄色く色づく前に出て行かねばなりませんが。


さて、このままおいておくと雑草はますますはびこり、ジャングルと化して隣近所にご迷惑をおかけするので、造園屋さんにお願いして整理してもらうことにしました。

1日目。

P1070410

あんなジャングルがみごとに。
さすがプロの仕事!

と感心しつつも、ちょっと胸はいたみます。
あんな花もこんな花もあったけれど、、、、さようなら、だね。

2日目。



P1070415

防草シートがひかれて、もう数日前の面影すらありません。
ここまでくるともう、いっそすっきりだ!


P1070418

生け垣は意識して残したけれど、クリスマスローズなんかは中途半端に残っていて、これどうしましょう。
もうお世話に来ることはないと思うし。

何年かたってまたここに来たときに、もし生き残っている子たちがいたら、きっとほろっとくるだろうなあ。
さようなら、My Garden!

P1070419


小さい株だったスプレー菊が3年たって大株になっていました。
つぼみをいままでで一番たくさんつけていました。
あとちょっとで咲きそうなのに、、、、。

造園屋さんが入る前に思い切って切り花にしました。
引っ越しまでにさいてくれるでしょうか。


posted by しぇる at 23:54| Comment(6) | TrackBack(0) | my garden | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しぇる様
この庭を随分楽しまれたのですね。
今度は和の庭になりますね。私も若い頃はハーブを育てていました。
今はマンション住まいなのでお花はあまり楽しめませんが 和の花になっています。
以前と違ってやはりいつも頭に茶道があります。
Posted by ひいらぎ at 2010年10月21日 18:24
ひいらぎ様

茶花も育てたいのですが、多分茶庭の雑草との戦いが大変そうなので、手のかかる花の手入れはすっぱりあきらめよう、とおもっております。
庭仕事の大変さは、この庭がいやというほど教えてくれました。もう十分堪能いたしましたので。[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2010年10月21日 21:47
里は荒れて
人は古りにし
宿なれや
庭もまがきも
秋の野らなる
  (僧正遍照『古今集』秋上)

昨日は旧暦の9月13日
「後の月」「栗明月」

明日は満月

来年の春夜にここに来られると
在原業平になるのでしょうね[E:confident]
Posted by 野中の清水 at 2010年10月21日 22:48
ついにいよいよ、もう「いつか!」では、なくなってしまいますね~。
京都での素敵なお庭には、ぜひぜひお邪魔させてください!
ちょっと寒くなってきましたが、お引越にはこれくらいがいいかと。大変と思いますが、本当に楽しみですね~。
Posted by ちゃみ at 2010年10月22日 12:30
野中の清水様

春や昔の春ならぬ、、、ですか?
(業平さん?)
折柳はどうも春の詩が多いようです。
古典文学、漢詩の勉強も機会があればしたいのですが。
Posted by しぇる at 2010年10月22日 23:50
ちゃみ様

いつもすてきな湘南の海の景色をありがとう。
間近に海、、、の生活はしたことがないので、毎日海が見られるってどういうもんかなあ、、、と想像しています。
京都に里帰り(?)された折りにはまたお茶しませう。お酒の方がよかったかな。
Posted by しぇる at 2010年10月22日 23:52
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。