2010年10月18日

お茶のお稽古〜引っ越しまぎわも

引っ越し準備も佳境に入って参りました。

仕事をこなしながらなので、なかなかまとまった時間がとれません。

それでもお茶のお稽古は粛々とするんだなあ[E:wink]

P1070397

花月の花寄せではこんな華やかな八重の酔芙蓉がでてきました。

見ているぶんにはとてもきれいなのですが、茶室に生ける、、、となるとむつかしい花なんですねえ。
他の花とのとりあわせもむつかしいし、単独で生けるとなると花器を選びそうです。

というわけで、どなたもこの花を使いこなせませんでした。

ちょっともったいないですけどね。

P1070398

酔芙蓉は一日花で、その名のとおり夕方になると酔っ払いの赤い顔のように、紅色に色をかえ、しおれていきます。

ちょっとくたびれた中年の美女、、、という感じもまた艶っぽいではありませんか?


P1070399

お菓子は中まで黄味餡[E:lovely]
満月に、露おくススキ。
銘はわかりませんが、勝手に「武蔵野」とよばせてもらいましょう。

お稽古は花寄せ、東貴人且座。
まあ、8割くらいできた、、、というところでしょう。

お稽古でお披露目した名古屋帯です。

P1070406

先日のなんば高島屋の東西老舗の会で、地の色に一目惚れして買ってしまった「し○亀」さんのもの。

お店の方には「もう少しお年上の方に似合う色ですよ。(=地味〜)」と言われつつ、こくのありそうな抹茶の色、メリハリのきいた吉祥紋がどうにも気に入ってしまって。

合わせる着物を選ぶ色かもしれませんがね。

さて、来週のお稽古で、いままでの先生のところでのルーチンのお稽古はおしまいです。
(月一の奥伝のお稽古だけ参加予定)

かれこれ8年くらいになります。

お礼になにか差し上げたいと思い、あれこれ悩みました。
消耗品では少しさびしいし、茶道具はやはり値がはりますし中途半端なものを差し上げても、、、、

そして選んだのがこちら。

P1070409

淡交社の「茶の裂地名鑑」プラス茶入、唐物茶碗の本。

先生にこういった本を差し上げるのは若干僭越かな?とも思ったのですが、先生はいつも私に仕覆の裂地の名前をお聞きになるので。

この本、私はもっているので、名物裂など見るたびにどういう名前なのか調べては先生に報告しておりました。
(名物裂には特別な名前があるものから、文様からついた名前などがあるのです。たとえば有名なところで利休梅緞子、定家緞子、正倉院獅子狩紋錦などなど)

この本は全巻カラーなので、見ているだけでも楽しいのです。
そして見慣れていた古帛紗の文様にこんな名前、由緒があったのか〜と日々発見も。

よろこんでいただけるとうれしいのですが。


posted by しぇる at 22:29| Comment(6) | TrackBack(0) | お茶と着物・2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しぇるさま

お引越し、そしてお嬢様の御婚礼
ご多忙のことと拝察申し上げます
時節柄、お体ご自愛くださいね

先生へのお礼に裂地の御本とはいいですね
僕は文様、色見本帳、裂地帳などの
本が大好きです

先日、富田金襴の本歌を見てきました
伊予簾という有名な茶入の仕覆に使われています
それも拝見しましたが、
高僧の袈裟そのものが出ていました

お道具というのは、それにまつわる伝来がうれしいものですね
Posted by 野中の清水 at 2010年10月18日 22:55
しぇる様
いよいよ引越しが近くなりましたね。それにしてもすごくいい先生です。
こんなにいろいろとしていただけませんよ。私の周りににはおられません。私も近ければその先生につきたいくらいです。
先日京都の友達宅でいたしましたのは しゃ坐 お手つき花月 逆勝手でした。東貴人しゃ坐は一度もしたことがありません。うらやましいです。

ところで素敵な帯ですね。どんなものにもこっくりとしますね。
Posted by ひいらぎ at 2010年10月19日 08:56
野中の清水様

この歳になっても勉強することばかりです。
(けどかたっぱしから忘れていきます。のほほ[E:coldsweats01])
伊予簾、冨田金襴、勉強させていただきました。
京都国立博物館の袈裟の展覧会は、移住後にゆっくり拝見する予定です。
今度は近場なのでうれしい[E:wink]
名物裂の文様をいろいろ見るのは、布をあつかうのが好きな者にとってはとても楽しいです。
Posted by しぇる at 2010年10月19日 23:21
ひいらぎ様

この本は今週お渡しする予定です。
どんな顔をされるかな。
まあ、失礼な!と思われませんように。
塩瀬の名古屋帯は重宝ですね。し○亀さんの帯はなんだかいつも玄人受けがよいのです。
京都の室町あたりでなんどか誉められました。(本人でなく、帯を、、、ですが)
花月はおぼえるはしから忘れていく、、、、まあ、他の先生方も同じなのでちょっと安心。
(安心してる場合ではありませんが)
Posted by しぇる at 2010年10月19日 23:27
しぶ~い感じのいい帯ですね
これからは永く使える物がいいですね

名古屋帯はあまり持っていないので、惹かれます[E:heart02]
でも、うちには手は出ませんけど・・・

あるものを上手に着ていきます[E:happy01]
Posted by みゅう at 2010年10月20日 15:25
みゅう様

染めの名古屋は便利ですね。
最近はらくちんな紬を着ることが多いので、あわせやすいのです。
でも、洋服ではおしゃれな色でも、着物だとやっぱりちょっと地味だったかな。
また、着物でお食事会しましょうね。
Posted by しぇる at 2010年10月20日 23:18
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。