2010年07月02日

但馬の国にて(後編)

さて、先日の続きです。

お茶事のあと、そらいろつばめ様ご夫婦に、但馬のあちらこちらを御案内いただきました。

P1060044

この豊かな緑の但馬の景色。


前編にも書きましたが、地形上の理由から、但馬はずっと円山川の氾濫、洪水と闘ってきた土地です。

昔からの伝統的な治水の根本は、「水の付かないところに家を建てる」「水が付くところには建てない」という生活の知恵であったといいます。

氾濫したときにはそれを受け入れる遊水地は、洪水の引いた後は、運ばれた栄養分に富んだ土壌で豊かな農地になり、人々はまたそこに田畑をつくったのです。

ところが現在では、「水の付くところ」だった場所すら次々と宅地になっていき、頑丈鉄壁の堤防を作り、川をその中に閉じ込めるという治水法が主流となり、、、、、その結果、6年前の台風のときの被害をより甚大にしたということだそうです。

これ、すべてそらいろつばめ様の受け売り。
(もともとこちらで生まれ育ったご主人より、但馬のことをよくご存知だとか[E:coldsweats01])




P1060029_2

但馬といえば忘れてはならないのが、ここ出身の沢庵宗彭禅師。
沢庵さんゆかりの出石・宗鏡寺(すきょうじ)。

有名なのは紫衣事件。
このため時の将軍秀忠によって奥州に流されたが、大赦ののち三代家光に重用され、大徳寺、妙心寺の権威奪還、その基礎を盤石にした沢庵さん。

今、茶道雑誌の「淡交」で沢庵さんの伝記が連載され、面白く読んでいるのでよけい興味ふかいものがあります。


P1060037

山にいだかれた静かなお寺です。

これはなんだかわかりますか?掛樋の先です。

なんとモリアオガエルの卵なんですよ。
ちゃんと下に孵化したオタマジャクシをうけとめる、蹲居の水が!
うまく距離をはかって産卵するものですねえ。


P1060040

復元されたものですが、沢庵さんが出石に帰ったときに好んで過ごしたという投渕軒。

こういうところで身も心も清々しい生活を送る、というのは禅宗のひとつの到達点かもしれませんねえ。
(私なら半日でギブアップ)

P1060042

こちらは「いずし古代学習館」。

ここでは記紀の世界を味わえます。

新羅から但馬の地にわたってきたアメノヒボコ伝説(おそらく製鉄技術を持った技能者集団を象徴していると思われる)、
垂仁天皇が田道間守(たじまもり)を常世の国(中国南部からインド方面)へつかわし、非時香具菓(ときじくのかぐのこのみ=今の橘といわれる)を持ち帰ったという伝説、、、、、などなど。

(ちなみに田道間守はお菓子の神様として各地にまつられ、京都の吉田神社内にもまつられていますね)

昔子供の頃に読んだ神話の世界を思い出しましたが、その舞台がこの但馬あたりだったとは、しらなんだ。

思うのは、古代には日本各地にそれぞれ高度で豊かな文化が花開いていて、けっして地方だからといって文化がおくれたりしてはいなかった、ということ。

歴史の針が少しずれていれば、但馬が国の都になっていた、という可能性だってあったはず。

今の日本の大都市集中的文化、というのはどうもおかしいんじゃないかしら。





P1060043

最後はこちらです。
現在の但馬を象徴するもの、といえばなんといってもこれでしょう。

P1060045

日本最後の野生のコウノトリが絶滅したのが昭和61年、豊岡の地だったのです。

以後、(ロシアから来た)コウノトリの飼育、繁殖、野生馴化に多くの人々が努力、苦労を重ねてきたそうで、その様子は時々TVのニュースなどで拝見できますね。

今では100羽以上のコウノトリが生息しているそうですが、野生馴化はなかなか大変なようです。

P1060048_2

いました、いました。
童話の絵本などで見た、赤ちゃんをくわえてくるコウノトリそのものです。

遠くに見えた人工巣塔の上にとまっているのは見えたのですが、残念ながら放鳥されたコウノトリの飛翔の姿はおがめませんでした。

白いボディに黒い風切り羽根、さぞや美しいことだろうなあ。



この他にも、たくさんいろいろな話を聞かせていただきましたが、私の拙い文章ではすべてをうまくお伝えできないのがもどかしいです。

そらいろつばめ様はほんとうにいろいろよくご存知で、そして嫁いで来られたこの但馬の地を、但馬ネイティブ以上に愛しておられることがひしひしと伝わってきました。




P1060052

最後にお土産までちょうだいして、恐縮です。
ほんにいろいろと、ありがとうございました。

お土産は奥州会津若松のものですが、田道間守にちなみまして「かぐのきのみ」。
最後の最後まで、きっちりテーマが完結いたしましたわね[E:happy01]


posted by しぇる at 01:29| Comment(9) | TrackBack(0) | 神戸・阪神間さんぽ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しぇる様

但馬はいいところでしょ
出石の宗鏡寺はいいところですよね
出羽の上ノ山の流されたのですが
そこでの庵の跡にいま春雨庵という茶室があります
そこも本当にいいところですよ

沢庵さんは法灯を継ぐ弟子を持ちませんでした
一番弟子と思われる一絲文守さんも印可がもらえませんでした

先日、沢庵さんと一絲さんと江月さんのお軸を並べて
展示しました

あの会場には大師会という大寄せのお茶会の
濃茶席を飾ったお軸も掛けておりました

また、何かのときにお使いください
だれもつかてくれません[E:despair]
Posted by 野中の清水 at 2010年07月02日 11:51
最悪のお天気の中、遠路をお越し下さって有難うございました。過分のお褒めの言葉に恐縮です。おもてなしできるような茶道具は何もないので、何かとこじつけて説明してしまった感じです。
「家は出来上がって半分、後半分は住む人が暮らして作っていくものだ」という建築家の言葉に従って20年が経ちます。我家にしぇるさまをお迎えできて本当に光栄でした。
沢庵和尚は但馬、京都、出羽、江戸と縁がありますが、私も同じなので親しみがあり、しぇる様をご案内したかったのです。
そうそう、赤ちゃんをくわえて来るコウノトリはヨーロッパのシュバシコウ種で、日本のコウノトリは幸せを運んでくるそうですよ!
Posted by そらいろつばめ at 2010年07月02日 19:46
野中の清水様
今でもどちらかで軸は拝見できますか?前回はどうしても家のことで伺えずに残念でした。
今回は91歳になる父のことで大忙しで疲れました。
7月は少し楽です。
Posted by ひいらぎ at 2010年07月02日 20:21
野中の清水様

沢庵、一絲、江月の軸を並べて、、、ですか。
あと玉室宗珀があれば一つのストーリーができあがりそうですね。
善美堂さんで拝見させていただいた沢庵さんの書は迫力がありました。
ほんまにひとつ欲しいですが、無理だと思いますので、いつかしかるべき茶会でぜひともひとつお借りしたいですわ。
Posted by しぇる at 2010年07月02日 23:22
そらいろつばめ様

その節は本当にありがとうございました。
お聞きした但馬のこと、もっともっとあったのに、今読み直しても舌足らずな文章になってしまってすみません。
但馬はほんに良いところでした。

そらいろつばめ様と沢庵さんゆかりの土地の、あまりの同一性にびっくりしますね。やはり、例の書は本物ですよ、きっと。縁あってめぐってきたものでしょう。

ヨーロッパのはシュバシコウというのですか。少し違うのですね。絵本でみたコウノトリは日本の画家が描いたものなので、日本のものになっていたようです。

これからも、あのお家はお住まい続けることによって、ますます成熟していくのでしょう。洪水の傷跡ですら家の歴史、味になっていました。
Posted by しぇる at 2010年07月02日 23:34
山深い地ですね~~~
そんな自然がいっぱいの地に
あこがれを抱きます。
しかも歴史に彩られた素敵なところですね。
Posted by nageire at 2010年07月04日 11:35
nageire様

但馬に限らず、地方にはいろいろ歴史に彩られた文化がある、、、のだと思います。大都市一辺倒の今の文化のありかたに疑問をいだきました。なかなか「地方の時代」は来ませんねえ。
Posted by しぇる at 2010年07月04日 21:54
そらいろつばめ様のお宅、ものすご素敵ですね。随所にこだわりが見られて、さすがの注文建築な感じがします。
しぇる様の新居もステキやろな~。

私ら、年2回は豊岡へ行ってますが、いつも缶詰なんで観光したことないんです。田園風景と昔の旅篭町の風情が残ってて、ゆっくり見て回りたいです。
Posted by ぽん at 2010年07月05日 20:04
ぽん様

はい、すてきでしたよ〜。
またいつか一緒にご招待いただけるといいですね。
但馬にはほんとに古い町並みがけっこう残っていて、町家好きにはたまりません。今度行かれたときは是非観光もなさってください。
西陣の名前の由来の山名宗全もこのあたりの大名だったんですからね〜。京都との関係も深いのです。
しぇる邸は、、、、ははは、そのうち確かめにきてちょうだいな。[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2010年07月05日 22:40
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。