2010年06月23日

My garden in the rainy season

春の花壇を作った後は、もう京都にいるはずなので、春の庭でおしまい、、、、のもくろみでしたが、諸般の事情で、まだ宝塚におります。ので、夏の花壇をつくりました。

P1050967


ベゴニア、メランポジウム、マリーゴールドは暑さにも、庭主の手抜きにも強いので、夏の庭には欠かせません。

それにしても、日に日に雑草が勢いを増して、私は戦意を喪失し、「なんちゃってイングリッシュガーデン」は雑草が我が物顔の主になってしまったなあ、、、。

雨の季節と言えば、やはり紫陽花ですね。

P1050957_4

一番最初に我が庭にやってきた紫陽花です。

微妙な紫。

P1050960_2

きりっと青いやつ。

一番たくさん花をつけました。



P1050963

どうして自然界には、こんなに鮮やかなブルーがあるのでしょうね。


P1050959

茶花になりそうな額紫陽花。

色は青紫、赤紫のキメラ。

P1050964

この子は少しかわいそう。
繁殖力旺盛なシモツケとキンシバイにはさまれて、十分日光があたらなかったのと、昨年末、植木屋さんが思いっきり花芽を切ってくれたので[E:pout]2輪しか花をつけられませんでした。

P1050969

長雨で少し花びらが傷んでしまった白薔薇のアイスバーグ。

P1050972


こちらも少し傷みかけのオールドローズ、ピエール・ドゥ・ロンサール。
16世紀のフランスの詩人の名前を冠す。


すっかりこの土地になじんだ花たちですが、もうすぐお別れです。
名残を惜しみつつ、雨の庭を眺めます。


P1050871

シモツケと名もない雑草を。

花を育てる楽しみの一つは、切り花にして、家の中に飾ること。

茶花ならなおのこと。
多くのお茶人さんは、ご自分で茶花を挿し木などで育てておられますね。

でも、ガーデニングがちょっと重荷になってきた私は京都ではもう育てないだろうなあ。
鴨川べりで採ってきたりもできるし、、、。せいぜい植木鉢栽培くらいかな。


P1050873

キッチンに飾った、リシマキア・プンクタータ。
この小さなガラス瓶もお気に入り。

花を家のあちこちに飾る、、、、のは理想的ですが、水換えがたいへんなのと、、、、猫に食われるのが問題で(有毒なものもあり)こういうワンポイントで楽しみましょう。


posted by しぇる at 22:54| Comment(12) | TrackBack(0) | my garden | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよお引越しですか?・・・、
もう京都ではお庭仕事はされないというのは
淋しいですが、でも判るような気がします。

こちらも下の娘が家を出ると鍵一つで出かけられる
マンションの方が楽なような気がします。

でもしぇるさんは念願の京都住まいそれも茶室付き、
まだまだ夢があってうらもしかー・・・笑
Posted by ヘルブラウ at 2010年06月24日 15:11
お庭のお花もきれいに次々咲いてくれてますね
今年はうちの小さな荒れ放題のお庭も花盛りです
先日あじさいをいけようと手を入れたとたん
ありは付くし、何かの虫に刺されて
指は腫れるしで
大変でした
この時期のお花のお手入れも
大変ですね[E:happy02]
Posted by かめさん at 2010年06月24日 21:02
ヘルブラウ様

お引っ越しは秋以降になりそうです。
ヘル様のお庭もすてきですが、とても手がかかっていそう。
ガーデニングをしていて思い出すのはカレル・チャペックの「園芸家の12ヶ月」。園芸家は毎月毎月忙しい庭仕事に明け暮れて、実は庭の花を愛でる時間が全然ないのに気づいて愕然、、、、というもの。まさにそのとおりですね。人に世話させて、自分は楽しむだけ、、、(これは旦那のことです)というのが最高かも。
Posted by しぇる at 2010年06月24日 21:45
かめさん様

ほんに庭仕事の後は、あちこちに引っ掻き傷はできてるわ、虫さされで腫れるわ、、、、で優雅な仕事じゃありませんね。
唯一楽しいのは、自分で育てた花を切って飾れること。ただし、苗や木が幼い間はかわいそうで、切れないんですけれど〜[E:coldsweats01]
いつもすてきな生け花、一度お花を飾ったお店にお邪魔したいですわ。
Posted by しぇる at 2010年06月24日 21:47
京都のおうち、うらやましくも楽しみにさせていただいています。京都は空気中の水分が多いので紅葉や苔などがきれいに育ちます。他県では上手くいかないこともあるそうです。落ち着きますから、ぜひ、京庭をつくって楽しんでください。私も最近、お茶のお稽古に復帰し、茶花の一輪を庭から摘めるのが嬉しく思っています。
Posted by ぴお at 2010年06月25日 08:13
もうお別れとはいえ、だからこそ?夏のお花を植えたシェルさんの気持ち、なんだかジーンと身にしみます。お庭にも思い出、詰まってますものね。
ピエール・ドゥ・ロンサールにまつわる、私のどじ話を一つ。このロマンチックで花びらのたっぷりしたバラは最近近所にも増えてきたので、娘に「このきれいなバラはロベスピエールと言うんだよ」と自慢げに説明。世界史受験の娘は「え?ロベスピエール?」と納得できない怪訝な顔。(ちゃうちゃう、ペールはピエールでも・・・)後で間違えに気づいて大笑いしました。フランス革命の血なまぐさいほうのピエールさんに、この甘くロマンチックなバラはふさわしくないですものね。[E:coldsweats01]
Posted by yuchi at 2010年06月25日 20:46
ぴお様

コメントありがとうございました。
やはりそうなんですね。京都は紅葉がよそのどこよりも、一番美しいと若い頃からなんとなく思っていました。
ささやかな茶庭はこしらえますが、自分のこれから下っていく体力を考え、なるたけ手がかからないように、と計画しています。
でも京都移住後、これだけは育てたいなあと思うのは、ムクゲの祇園守とフタバアオイなんですよ。
ぴお様のお庭には茶花があるのですね。
茶道はお茶だけでなく、こういう花を育てる楽しみを教えてくれるので楽しいですよね。
お茶のお稽古復帰、おめでとうございます!
Posted by しぇる at 2010年06月25日 21:25
yuchi様

この庭をつくったときは、ターシャ・テューダーのお庭に憧れていたのです。カレル・チャペックの「園芸家の12ヶ月」をすぎて、今は戦意喪失。雑草に完敗!、、、です[E:catface]
ピエール・ドゥ・ロンサールは園芸雑誌でみて、一目で気に入り注文しました。厳しいわが庭の環境で、それほど手間をかけないのに、ゴージャスな花を咲かせてくれるので、けなげです。
ロベスピエール、、、似てなくもないですが、ちょっとなんですね[E:coldsweats01]最後は断頭台よろしく、ぽろっと椿みたいに花がおちるとか、、、いやいや、それはちょっとまずいですね。
Posted by しぇる at 2010年06月25日 21:32
園芸は、虫と草との格闘ですよね
Posted by 野中の清水 at 2010年06月25日 23:03
野中の清水様

あと、病気です。
うどんこ病でバラの木を何本かなくしました。[E:weep]
Posted by しぇる at 2010年06月26日 20:57
お庭のお花ともお別れなのですね~~
紫陽花、美しいですよね。

茶花を育てる。そして摘んでいれる。
そんなのが嬉しいですよね。
京都では、お茶花を扱うお店も多くて
手に入れやすですね。
双葉葵、これも葵祭りにちなんだお茶会で
お茶花として使うとまた良きものですよ。
Posted by nageire at 2010年06月26日 21:49
nageire様

まねしてみるのですが、なかなかnageire様のように、庭の切り花をすてきにいけることができません。
修行せなあきませんね。
そうです。今から、京都で茶花をあつかう花屋さんをチェックしております。梶の葉などは鴨川べりでとれるそうですし。[E:happy01]
Posted by しぇる at 2010年06月26日 22:22
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。