2010年03月13日

お茶のお稽古〜釣り釜2010

今年も釣り釜の季節です。

お点前は炉の流し点て。

P1040488

お床の花は、姫水仙、バイモ、アオモジ。


P1040483

お軸は「且座喫茶」。

臨済録より。まあ、すわってお茶でものもうよ、という意味でしょうか。

喫茶去ににていますね。


この日は絶対炭点前をするぞ!といの一番にお稽古場に到着。

炭点前をせずして、釣り釜の季節をやりすごせましょうか[E:angry]

勢い込んで炭斗を用意しましたが、勢い余って鐶まで準備してしまいました[E:bearing]あちゃ〜。
(釣り釜では大きな鐶で釜をつり下げているので、普通の鐶はいらないのです)

炉の中に五徳がないので、炭がのびのび入れらます。

(といっても、あんまり間延びをした入れ方だと、火のおこりは悪くなりますが)


P1040484

どうでしょう?

なんとか火はおこってきました。

釜の蓋を開け閉めするたびに、ゆらゆら、、、、

フーコーの振り子を思い出す。

あれは地球の自転を証明するものだったけ。

じっとみていたら催眠術みたいに眠くなってくる、、、、そんな浅い春にお似合いの風情です。


P1040490

季節ですので、香合は大蛤。

これも炭斗のなかでゆらゆら、、、、安定が悪い。


P1040492

これはおまんやさんのお饅頭ですが、野原に芽吹く緑とタンポポか何かの花を連想させて、「野遊び」とでも銘をつけたくなります。

P1040489

お干菓子は私のさしいれ。

梅に鶯の寒天のお菓子。

そういえば、3月3日がすぎると、あっという間にお花屋さんから桃の花がなくなりました。

旧暦のお雛様はまだまだこれからですのにねえ、、、、


posted by しぇる at 21:10| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釣り釜は、この時期にわずかの間のお手前になりますね。田舎家の風情も嬉しくて良き雰囲気ですよね。茶花も青文字と
水仙、はしりのバイモ、来る春の期待感がうれしくなりますね。
Posted by nageire at 2010年03月14日 09:54
nageire 様

バイモの葉っぱは、先がくるんっとなっていてかわいいですよね。これは先生のお庭でとれたもの。育てやすい花なら鉢でそだててみたいです。
小間では鎖ではなくて自在を使う、ということですが、この節みたことがありません。どんな風情なのかみてみたいですね〜。
Posted by しぇる at 2010年03月14日 19:45
おけいこ風景が良く伝わってきます
背筋を伸ばして、居ずまいをたださないと
っと反省しております

旧暦でおひなさま[E:happy01]
良いもんだと思いますね[E:heart04]
Posted by みゅう at 2010年03月15日 11:10
ゆらゆら揺れる釣り釜はなんだかのどかな春の雰囲気ですよね。
しぇるさん偉い!そうです。釣り釜の時には絶対お炭をやらなくては!私も腕力がないので小あげ小下げでひーひー言いながらも炭手前を欠かしません。でも今年は先生がお年なので釣り釜が出るかどうか。弟子が用意します!といってもお聞きにならないので困っています。
Posted by yuchi at 2010年03月15日 17:59
みゅう様

なんだかんだでお雛様、もう10年近くだしていません。箱の中でふてくされておられるかも[E:coldsweats01]女の子の孫でもできれば、また出してさしあげられますが、、、まだ先のことのようです。みゅう様のところはよいですね。3代でお雛様、楽しめますものね。
ところで祇園の例のお店でのお食事、いかがでしたか?
Posted by しぇる at 2010年03月15日 21:58
yuchi様

小下げ、小上げ、、、ほんに、あれはちょっと腹筋いれないとだめですね。
釣釜にもなるように、、、とちょっと小振りの四方釜、注文しています。(もともと風炉用に)
ちょっとしかお湯が入らないのですが、重くないのがポイント!
写真では見えていませんが、実は鎖のもとの場所にマークがつけてあるのです。あれがないと、どこに懸けるのかわからなくなっちゃって、、、、[E:coldsweats01]
Posted by しぇる at 2010年03月15日 22:03
しぇる様

釣り釜はなかなか体力がいるものなのですね

先日のお寺の茶室も釣り釜の設備がありました
天井裏にそのための柱が横に渡してあるとのこと

でも、面白そうですね[E:catface]
Posted by 野中の清水 at 2010年03月16日 00:04
野中の清水様

釣釜をかける蛭釘は裏に補強がしてあると聞きます。でなければ、たっぷりお湯が入った重い釜はかけられませんよね。(天井が落ちてくる!)
それにしても釣釜は裏千家では3月しか使われないのに、贅沢な釜ですね。
Posted by しぇる at 2010年03月16日 00:26
お裏さんは釣釜の次が透木釜でしたっけ?。表はその逆?。よう分からんけどそんなんやったような…。
まぁ…3月は絶対に透木釜やないとあかん、ちゅうことでは無いけど…。
釣釜は野点の風情やさかい、旅箪笥の芝点てが必然と多なりますね。小間では鎖やのうて自在、これまた風情がありますな。
Posted by へちかん at 2010年03月16日 15:19
へちかん様

京都のうちの茶室は小間なので、自在がいるなあ、、、と思っているのですが、この扱い方がさっぱりわかりません。お茶の先生もご存じないのです。えらいこっちゃ!、、、です[E:coldsweats02]
旅箪笥もよいですね。骨董市でかしこいお値段のものがあれば一つほしいです。
透木のお点前はあまり好きではありません。熱さよけにそこまでせんでも、、、と思うし、釣釜ほど風情がありませんものね。
Posted by しぇる at 2010年03月16日 23:25
自在の扱いは簡単ですよ。そのまんま扱こうたらよろし…。表ではそうやと思います。
以前に宗匠に聞いたら「そのまんま扱こうてください」て返事されましたさかいに…(笑)。
Posted by へちかん at 2010年03月17日 16:24
へちかん様

、、、、、[E:coldsweats02]
まずは自在を手に入れてからかんがえます〜。(汗)
Posted by しぇる at 2010年03月18日 00:03
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。