2008年11月22日

スイス映画「マルタのやさしい刺繍」

スイスで大ヒットした映画です。(ドイツ語あとちょっとのフランス語)

時間をやりくりしてやっと見に行くことができました。

Header_img



Imgp5732

原題は"Die Herbstzeitlosen"

コルチカムという花の名前で、直訳すると「秋の時知らず」

花の少ない秋に咲くので、人生の秋を迎えてからもう一花咲かせる主人公達の象徴にもなっています。

舞台はスイスのエメンタール地方(エメンタールチーズが有名)というまだまだ封建的で、敬虔なカトリック信者の多い片田舎の町。

夫に先立たれ悲しみからすっかり鬱状態になりひきこもっている80歳のマルタ。

たのまれていた村のコーラス団の団旗の修理材料を調達するためにバスに乗って、ベルンへでかける。
ベルンの生地屋で、美しい色とりどりのレースやシルクの布を見て、さわっているうちに、若かりし頃の夢を思い出す。

それはパリのシャンゼリゼに自分で縫いあげた美しいランジェリーのお店を出すこと。

それは夫からあきらめてくれと頼まれ、かなわなかった夢。

彼女はその夢を今こそかなえるべく、鬱状態からたちなおり、行動を開始する。

とはいえ、小さな、因習深い村のこと、ランジェリーショップなんていかがわしいと村の人たちは罵倒したり、軽蔑したり、いやがらせをしたりと前途多難。

牧師をしている息子のヴァルターも、「いい歳をしてみっともない!」と母親の夢を理解しようとしない。

唯一の理解者で協力者のシングルマザーのリジー。
彼女もアメリカかぶれと陰でいわれている。

最初は批判的だったフリーダとハンニ。

フリーダは元社長夫人で夫に先立たれたあと、大金をはらって高級老人ホームにいるが、皮肉屋で、かたくなな心でまわりとうち解けようとしない。

ハンニは牧場の仕事をしながら車椅子の夫の介護をしているが、その通院に車で往復3時間かかるのため、運転をいやがる息子フリッツに、自分の仕事のさまたげになるから、遠くの老人ホームへ行けといわれる。

4人の老女それぞれが決して幸せな境遇にいるわけではない。

親子関係も子が親を一方的に押さえつけている。


Imgp5735

決して声高に主張はしないけれど、村人の非難やあざけりをさりげなく受け流し、困難に立ち向かい、自分の夢をあきらめずに実現させようとするマルタ。

昔習った下着作りを思い出すためにミシンと格闘し、彼女が作りあげたランジェリーはとても上等で気品があって、そして美しいものだった。

彼女の姿にいつのまにかフリーダもハンニもそれぞれ新しい一歩を踏み出すために、マルタをサポートするようになる。

夫と二人で自立するため、通院の車を自分で運転できるようにと、教習所へ通い始め、息子フリッツの横槍には家出で対抗するハンニ。

老人ホームの職員や同じ入所者に協力をあおぐことで他人に心をひらいていくフリーダ。
彼女はホームのパソコンクラブでインターネットを習い、村では誰も買ってくれないマルタの下着をネットで売ることを考えつく。

その際、製品に特徴を持たせようと、下着1枚1枚にエメンタール地方独特の小さな刺繍をいれることにした。

それが評判をよんで注文がたくさんくるようになる。

刺繍が間に合わなくなり、フリーダのホームの刺繍クラブの人たちに応援を頼むなど村人をまきこんでいく。いつしか批判的だった人たちの中にも理解者が増えていく。

Imgp5736

順調に見えるその中、最後までのこる敵が息子達、ヴァルターとフリッツだった。


Imgp5733

これはマルタの店からヴァルターがランジェリーを撤去し、ゴミ箱に捨てたのを夜中に4人で回収に行く場面。

4人の老女がへこたれないでしたたかに生きている象徴的なシーン。

ついに男性コーラス大会の日、マルタは息子達と対決する。

、、、、、、、このあとは是非映画をご覧下さい。

         [E:note]    [E:note]     [E:note]


私の年代としてはこの映画、二つの違う視点から見ることができました。
いずれくる未来の自分の老年期のモデルとしてのマルタたちの視点と、老親の介護を考える子供達世代の視点からと。



もう歳だから、年甲斐がないから、、と一体いくつのことを歳をとるとあきらめなければならないのだろうか、と漠然と老年期は孤独な物、暗く寂しいもの、、と考えていたのですが。

自分で自分を「老人」という枠におしこめて、(だれもそうしたってほめてくれるわけでもないのに)人目だけを気にしてすごすことが果たして「生きている」といえるのかどうか。

生きているとは、少しの勇気があって、自分のしたいことがあって、困難と闘いながら実現しようとすること。
それは歳をとっても同じはず。

実際には、歳をとってから健康体であるとは限らないし、したいことを続けるモチベーションをどこまで保てるかわからないけれど、なにかの拍子にこの映画のテーマを思い出せたら、、と思う。

(97歳でミニミニキューピーの洋服をお孫さんのお店のために編み続ける元気なひさのちゃんがマルタにかさなります。キュートです。かくありたいものだな〜。)

次に息子世代の視点から。

この映画では夢を叶えようとする老人たちを押さえつけ、物事を決める権利を徹底的に否定する「悪役」になっています。

でも今、私はこちらの世代に属するので、ついつい感情移入をしてしまいます。

仕事に脂ののっている一番忙しい責任の重い世代であり、親を思わないではないのだけれど、つい自分の都合を優先させるために頭ごなしに「勝手なことをするな!」とコントロールしようとする、、、。

思い当たることがないではないので、少し我が身を反省。

年寄りをなにもできない幼児扱いをするのはまちがっている。

親だと思うとよけいに遠慮なく抑圧してしまうのはつつしまなければ。



最後に、村人も息子達も思わず拍手を送ってしまうマルタの言葉。
かみしめたいです。


「見つけたの。生き甲斐を。
   喜びもね。 そう、生きる喜びよ。 歳は関係ない。」


posted by しぇる at 21:31| Comment(6) | TrackBack(1) | 本・映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画ご覧になられたのですね♪
気になっていた「映画」でした!
刺繍の場面が少ないと・・・どちらかのブログで読んだのですが、こういう主旨の「やさしい刺繍」・・・エメンタール地方の下着に添える「小さな刺繍」・・・だったのですね!

自分の老齢を考え込まないようにしていますが、それまでに、たくさんの勇気付けられる出会いを頂いて、がんばることにします♪
この映画も、きっと!そのひとつ♪だとわかりました!
わかっているつもりですが、
へこたれないで・・・いられる・・・精神力とは?どこからくるものなのでしょうね!
これも・・・遺伝的なものでしょうか?
Posted by nnya at 2008年11月23日 01:03
nnya様

きっとnnya 様好みの映画だと思いますよ。
おすすめします、是非[E:heart04]

人生の冬=老年期を豊かにするもしないのも、すべて今までの人生、春夏秋に積み上げてきた物=それまでの生き方の総決算だと思うのです。今、人生の秋を迎えて、精神的に豊かな冬が迎えられるよう、経験、人間関係、すべてにおいてよき収穫と冬支度を、と努力したいと思います。

身の回りにおられるお手本になるような年上の女性に目がいきます。マルタもいいお手本になりました。
Posted by しぇる at 2008年11月23日 20:58
この映画は私がブログを始める前に最初にご紹介した家の近くの小さな映画館でみました。
ドイツ語の映画なのですがスイスドイツ語なのでご丁寧にドイツ語の字幕つきというものでした。

この映画はブログを始めたキッカケでもあります。キッカケはまだまだあってこちらのテレビ番組やら、友人の死が重なったこともあります。

力つけられる映画ですよね!
Posted by ヘルブラウ at 2008年11月23日 22:47
ヘルブラウ様

スイスはお近くですので、映画loveのヘルブラウ様はきっと見ておられると思っていました。そうですか、ブログ開始のきっかけにもなった映画だったんですね。そうそう、ドイツ語の中にフランス語もちょっと混じって、語学が堪能な方が聞くともっと多くの言語が混じっているのがわかったかもしれません。スイスは多言語国家なんですねえ。
時々ヘルブラウ様が使われている「チュース」という挨拶の言葉も聞き取れ、ちょっと嬉しかったです。
Posted by しぇる at 2008年11月23日 23:26
娘が「母がすきそう」といっていた映画です。ぜひ見てみたい!
人生はもう終わりとあきらめているお年寄りが、新たに自分の人生経験を活かせる生きがいを見つける・・というお話が大好きで、以前ドイツ語で読んだ「老人ホームで待遇に文句ばかり言っているお年寄りたちが、ホームが財政難で閉鎖されそうだと知って、親からホームの経営を引き継いで間のない若い女性を助けるために、自分たちの今までの経験や職業を生かして奮闘し、生きがいも見つける」という短編集の入った本を読み返そうと屋根裏をひっくり返して探し、とうとう見つからなかったばかりです。[E:bleah]
今はシンガポールで書いていますが、暑いです[E:sun]
Posted by yuchi at 2008年11月26日 11:45
yuchi様

シンガポールはいかがですか?こちらが寒くなっているのに、暑い国へ行く、というのもおもしろい体験ですね。
この映画は50代、60代の女性にはきっと共感を持って受け売れられると思います。若い人には、、、、まだちょっと実感を持ってはわからないでしょうね。機会がありましたら是非ご覧になって下さい。ただしミニシアター系でないと上映されないと思いますが。
見つからない本[E:bearing]内容をお聞きすると、私も好きそうなおはなし。日本語では出ていないのでしょうか?こういうお話、映画化されるとおもしろいだろうなあ〜。
Posted by しぇる at 2008年11月26日 21:42
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

「マルタのやさしい刺繍」スイス発の元気ムービー
Excerpt: 「マルタのやさしい刺繍」★★★☆ シュテファニー・グラーザー 、ハイジ・マリア・グリョスナー 主演 ベティナ・オベルリ 監督、スイス、89分、2006年 町のみんなが顔見知り、 スイスの小さな田..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-12-07 15:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。