2008年09月02日

フレッシュ・ローズマリーティー

Imgp4773

どこからか飛んできたヤマユリの種があちこちに根をおろして、今年は約半分刈り取って、このくらいの量になりました。

清楚でシンプルな百合ですが、なんか得した気分です。

ところで、予想していたとはいえ、昨夜の首相辞任はびっくりでしたね。

花壇で大事に育てられた花(二世議員)は弱いです。

このヤマユリのように野生で強くてしたたかな花(政治家)が現れないものでしょうか。


Imgp4776

ご無沙汰しています。シェルです。ちょっとお腹のあたりメタってます。[E:wobbly]

これからだんだん涼しくなるので、冬毛になってますますコロコロになる予定です。


Imgp4777

プリです。

涼しくなったけれど、まだ昼間は暑いので、伸びきるわけでもなく、まるまるわけでもなく、中途半端な姿勢になってます。

前置きはここまで。

最近yuchi様nnya様のブログで生のローズマリーを使った

ハーブティーの記事をみました。

南房総市にあるローズマリー公園で、ホット、アイスで供されており、とても香りがよく美味しいのだそうです。



Imgp4784

我が家にも、はじめは小さなポット苗だったのですが、こ〜〜んなに茂りまくったローズマリーがあります。

(ハーブはもともと野生の草だったので、不利な環境でも強靭です。こんな政治家いないかね〜?)

ローズマリーというと、料理には使いますし、ドライの葉のお茶は聞いた事あるのですが、生の葉で、という発想はなかったので、どんなものか試してみたくなりました。


Imgp4778

nnya 様、yuchi様のブログでのアドバイスにより、若い枝を15cmほど収穫。

(nnya様によりますと、ハーブから枝を切り取るとき、「切ってもいいですか?」と聞いて、風が吹くとOK、というのはアメリカ先住民の教えだそうです。やさしいですね。)


Imgp4779

ポットに入れまして、熱々のお湯をカップ1杯分。

蒸らしは約4分。

すでにキッチンはあのローズマリーのアロマが漂ってきます。

ローズマリー公園では、一煎目は捨てて、(苦みがあるそうで)二煎目を供しているそうです。

Imgp4783

左が一煎目、右が二煎目、やや二煎目の方が色は濃いですが、ごくわずかな淡い黄色です。

ハーブティーではレモングラスがポピュラーでおいしいのですが、やや癖はあるものの、ローズマリーティーも十分おいしいお茶でした。

なにより、香りがすばらしい。じつはうちの猫たちも好きなにおいなのです。(キャットニップに似ているのか?)

一煎目のほうは冷めるとやや苦みを感じますが、熱いうちは十分おいしいです。

ご覧のように、我が家にはローズマリーは飽きるほどありますので、「切ってもいいですか?」

と聞くより、切らないとど〜しようもなく茂るので、、、、どんどん摘んで、お茶の香りを楽しもうと思います。

何と、若返りの効果があるそうですよ[E:wink]


posted by しぇる at 21:34| Comment(14) | TrackBack(0) | my garden | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ようやく、しぇるさんにも、平穏な日常が戻ったようですね。
チェコのご旅行、反物ハンティング、南方録に臨済禅、とにかく、読んでる方も大変でした。
お手柔らかに。
Posted by S&Y at 2008年09月03日 02:11
結婚前、ローズマリーを育てていました。
ここへ越して来て、地飢えにしたら、あんなに元気だった
ローズマリーちゃん、しなしなとなって、
翌年にはきれいに消えてしましました。
相性が悪かったんですね。。。

その代わりというか、今はラヴェンダーがものすごいです。  [E:moon3]
Posted by あまね at 2008年09月03日 08:21
ユリが素敵に活かってる、花瓶もテーブルもいいですねえ、と拝見してから可愛いお嬢様たち[E:cat]をお約束の「ポインターなで」(笑)。
ローズマリーが見事に育っていますね。でも強いようでも、真夏の乾燥期に刈込んだり移植したりするとおへそを曲げてしまうのでご注意ください。(昨年我が家では8年もののローズマリーを枯らしてしまいました。)
夏の終わりと決算で疲れていたので2007/12/19のシェル姫、プリ姫を見て癒されてきました。
Posted by yuchi at 2008年09月03日 13:17
すてきな山百合にうっとりです。
背筋をしゃんとしている花は大好きです(水仙とかも)
ハーブは強いですね。
Posted by もちや at 2008年09月03日 18:47
S&Y様

興味の方向が八方美人的でおちつかないわたくしでございます。(^_^;
ここひと月は公私にわたり怒濤の一ヶ月でした。夏の疲れもでてくるころ、私はハーブティーでリフレッシュいたしましょう。きたるべき絶好の京都日和の秋にむけて。S&Y様もいかがですか?お茶。[E:japanesetea]
Posted by しぇる at 2008年09月03日 22:36
あまね様

町家にさきほこるラベンダーも意外と絵になるかもしれませんね。
使い道も多いし。(意外と使えないのがミント。なのに、はびこること!)
ローズマリーは、うちでは傍若無人ですが、意外と神経質なハーブなのかもしれません。さあ、ハーブティーで町家ショップらりぃ、主催する方も、参加する方もがんばろ〜\(^O^)/
Posted by しぇる at 2008年09月03日 22:41
yuchi様

ありがとうございます。12月のシェルプリをみていただけて(*^^)v
あちこちで思うまま伸びきっていた猫たちが、なんとなく膝にのって暖をとりたそうなふりをする涼しい朝晩になりました。また身動きのできない季節が、、、

そうですか、あんな強靱そうなローズマリーでも、あまね様のコメントにもありましたが、ダメになることもあるのですね。やっぱり「切っていいですか」と聞くくらいの気持ちが必要なんですね。
Posted by しぇる at 2008年09月03日 22:46
もちや様

カサブランカみたいな豪華さはありませんが、ヤマユリもなかなかのもんでしょう?(勝手にはえてきたので、ただ、だし、、、、)
2〜3日しかもたないのが欠点です。
立てば芍薬、すわれば牡丹、歩く姿は百合の花、、、と、どうして百合が芍薬や牡丹とならぶのか?ちょっと不思議
Posted by しぇる at 2008年09月03日 22:51
こんなにきれいなユリが自生したなんてすごいですね。
しぇるさんのお住まいがうらやましい。

ローズマリーティーの情報、さっそく真似してみます。
「切ってもいいですか」って聞いて返事がなかったらどうしよう。
Posted by at 2008年09月03日 23:47
うちの庭にもローズマリーとミントを植えてあるのですが、
私はミントのほうをTEA(葉を4,5枚つんでてきてポットにお湯を注ぐだけ)
にして利用価値があるんですよ。これ飲んだら市販のもの飲めません。
ローズマリーはお肉を焼くときに使うだけだったのですが
これから私もTEAにしてみます。
すばらしい白百合ですね。
Posted by ヘルブラウ at 2008年09月04日 06:15
シェルちゃん!プリちゃん!こんにちは~~~!
シェルちゃん・・・何か言われてますよ~~笑 ぷにぷに!ふわふわ!
ももと一緒!
プリちゃんは・・・お~~~っ!さすがのスレンダーバディ!


しぇるさんのお庭!イギリスのコテージガーデンのようです!素敵!
ヤマユリ・・・本当に清楚で美しい。こぼれダネ?こんなに美しいお届け物は大歓迎ですね。
ローズマリーも茂りまくって(笑)凄いです~!うちなど何本も枯れて・・・今のも腫れ物に触る(あ!ちょっとオーバーです!)といいますか・・・風の当たる場所、陽にあたる場所と・・・移動しながら育ててます。

良く見るとしぇるさんのローズマリーと、うちのは・・・少し品種が違っているようにも・・・
yuchiさんに感謝ですね♪とても美味しいお茶に出会えましたもの♪
アレから・・・毎日頂いてます。
切ってもいいですか?ってね♪

切らないと・・・どうしよ~~もない!などと言ってみたいものです!
ローズマリー利用法!ベネシアさんの本にあったのを又、実験してからアップしますね。
Posted by nnya at 2008年09月04日 15:20
紫様

ヤマユリは山野に勝手に生えてくるので、我が家の庭もいわば山の中と同じ、、というか、手入れが行き届いていないんです。ちょっと体力的に庭仕事が負担になりつつあります。とほほ[E:sad]
「切ったらだめ〜」と言われたら、、、、何回も我慢強くお願いしてみましょう
(^_^;
Posted by しぇる at 2008年09月04日 23:24
ヘルブラウ様

あらま、ミントの悪口、言っちゃいけませんねf(^ー^;
生えて欲しくないところにまでどんどん侵入して繁茂するので、ついつい憎まれ口を、、、。お茶に使うくらいのかわいい生え方ならいいのですが、、、。
日本のブログが発端で、ハンブルグにフレッシュローズマリーティーがはやったら、、、おもしろいだろうなあ。
Posted by しぇる at 2008年09月04日 23:29
nnya様の

ブログですてきなお茶をおしえていただき感謝、感謝です。
庭?あれね〜、実は一番にいとこだけが写るようにまわりはトリミングしてます。
(^^ゞ  とてもお見せできるような状態でないので、、、(雑草の中から花がちょぼちょぼ遠慮がちに咲いている、、、)
ローズマリーもいくつか品種があるんでしょうね。
うちのはポット苗で買ったときと、なんだか葉っぱとか枝振りとか変わってきたような気がします。ひよひよとしてたのが、サバイバルレースを勝ち抜いてワイルドに変身したというか。nnya 様ガーデンで育っていたら、もっと上品なお嬢様ローズマリーになっていたかもしれません。
Posted by しぇる at 2008年09月04日 23:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。