2007年10月23日

「おひとりさまの老後」

Yxg93ilj


筆者の上野千鶴子さんは、現在東大大学院の教授で、マルクス主義フェミニズム(ようわかりません、、、)に基づく社会学、女性学など専攻の学者さんです。
(時には物議をかもす)断定的なものいいが小気味よいのです。私の母校の先輩にあたるのですが、当時の彼女を知る人からは”学生時代から強烈やった。”そうです。
そうでなくても女子学生の極端に少なかった時代、たいそう目立っていたことでしょう。

いわゆるフェミニストといわれる方々の考え方には、もうひとつ賛同しかねるので、ほとんどちゃんと彼女の著書を読んだことはありません。
なのに、タイトルに惹かれてこの本、買ってみました。



子供たちが家を出て行って、ふと気づくと、あれだけ時間にしばられたくない、と思っていたのに、いざなってみると何をしていいのかわからず、「空の巣症候群」とはこういうものか、、と、ちょっぴり鬱に。

それにさらに気づくと、なんだか永遠にあると錯覚していた残された人生の時間はそれほど長くない。
元気でいられる余生としては20年もあれば御の字かも。

ならば老いに向かう日々はすでに始まっているのだ!

誰の言葉か忘れたけれど、老いの日々を冬とすれば、その冬をいかに充実してすごせるかは秋の日々である壮年期にいかに多くの収穫を得るか、で決まる、、、と。

これは興味を示しながらも未読の五木寛之さんの50代=「林住期」というのと同じような考え方だと思う。

で、この「(主に女の)おひとりさまの老後」

結婚しててもしてなくても、いずれは一人になる確率は圧倒的に女の方が多いのだ。というところから始まって、お一人様になってからの老後になるまでに、何をしておくべきか、何はしてはいけないか、、、を住居、介護、お金、葬式にいたるまでの心構えを、小気味よく、バシバシこうあるべし!と教えてくれます。
そしてその準備はすでに壮年期からしておかなければならないことも。

例えば介護について。

要介護になって中途同居したあげく介護の負担に耐えかねた子供たちからどこかのケア付き施設に入居することをせまられるくらいなら、はじめから住み慣れた我が家で最後まで暮らすべし。
そのための地域の介護資源についてよく調べておく必要がある。
そして介護されることを受け入れる勇気を持とう。(この場合の介護者は介護のプロである他人)。ただし介護される側にもノウハウがいる。また、その介護を受けるための費用をどう計画して準備するか。(年金はあてにできるかどうか今は不明だし、、)


介護に関しては、まだ自分自身の問題よりも、親の介護のほうがまだ問題なのですが、自分がされる側に回ったときの準備も同時に考え始めても早くはないのでしょう。
ただ、年老いた親を看るのは子供のツトメ、と思っている親の年代と、子供はあてにしない、と決めている私たちの世代ではちょっと考え方にギャップがあります。そこをどう、うめていくか、、、。

そして年を取ってから、だれとどうつきあうか。
壮年期以降の他人との(特に仕事関係以外の)コミュニケーション、ネットワーク作りは大事だと私も思うのです。

上野さん曰く、
高齢者の一人暮らしを「おさみしいでしょう」はよけいなお世話。
一人暮らしの基本はひとりでいることに耐性があること。そして一人暮らしの達人はひとりでいることの快楽だけでなく、不安も知っているから、ほかのひととつながることも達人だ。
家族や仕事仲間はいつかはいなくなる。そのあとに残るのは友人たち。ただし、友人は作るのに努力もいるし、メンテナンスもいる。
年をとるとは自分の弱さを認めることだ。つらい、悲しい、困った、、、そんなときにいつでも泣き言を聞いてくれ、助けてくれる人を調達し、かつメンテナンスしておくこと、友人とはそのためのものだ。

そう、そういう友人をつくるのが、まずこれからの10年間にやっておくべきことだと思う。
職場や子供つながりの友人を卒業し、老年期に向かってのつきあいをいかに作っていくか、、、今の自分にとっていちばんの課題がこれ。かなり労力と根気がいると思う。仕事にかまけて、あるいはかこつけて、地域とのつながりをおざなりにしてきたツケですね。

50代以上の(40代でも早すぎマセン)方にはおすすめの1冊です。私の親世代の女性にはちょっと受け入れられないだろうなと思うところや、私自身も、上野さんみたいにドライにはわりきれないわ!と思うところもありますが、こういうふうにキッパリ!と書かれると、高齢になる恐怖がすこし軽くなり、勇気がわいてきました。







posted by しぇる at 23:55| Comment(10) | TrackBack(0) | 本・映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テレビで聞いたことですが、「自由というのは孤独にたえる」ことだそうですそれを見ていた次女のモコさん、「重たいなあ」と一言一人暮らしが身にしみての言葉でしょうか?それともう一つ、別番組で「うらやむことは自分を卑下すること」だそうです。自分は自分で有りさえすれば幸せなんですね。今日は色々考えさせられました
Posted by かめさんです at 2007年10月24日 16:22
女50代、子育てが終わって、いろいろ考える時代です。大学に入って下宿し、一人暮らしをはじめてから、特に冬の夕方なんか、なみだがでるほど孤独で、淋しかったです。その淋しさをいやというほど知っているので、卒業してほどなく家庭を持ったのかもしれません。今は旦那と二人とはいえ、もし一人になったとしても、これまで生きてきた経験・学習と、年の功の知恵で、孤独を=自由として味わうゆとりがもてるくらいは成長した、と思いたいです。そうですね、うらやむ気持ちは決して自分を幸せにはしてくれません。若い頃は、人と比較してあれこれうらやんだり、自分がちっぽけに思えたり再々しました。今も全くないか?といわれると自信がありませんが、自分は自分、他人だってそんなに根本的にはかわらないわ、と以前より開き直れます。年を取って楽になった、と思えることの一つです。
Posted by しぇる at 2007年10月24日 22:54
実家の母親、70近くなりましたが、世で言う、自立できている部類です。(母と姉で暮らしてます。)60前でマンション買って、完済。自分で入る老人ホームの費用、墓代、葬式代に至るまで、すべて計画済み。(けなげです。)絶対に人に迷惑はかけない!という意地は、昔かたぎです。ただ一つ、娘として心配だったのは。金のことより。周りの人と協調して生活することが出来るのか・・・かなりワンマンな人で、年とともに拍車がかかってきたようで・・・心配でしたが。今度、姉が結婚して、一緒に住むことになりました。(つまり、マスオさん状態)私は、「彼氏が可哀想だし、自分たちもしんどくなるから、絶対にやめとけ!」と常々反対してましたが・・・あまりに奇想天外な出来事にビックリしました。(事実は小説よりの奇なり、です。)まあ、ボケ防止にはなりそうだし、それもいいかも!母にしても、私にしても・・・介護については、「子のツトメ」とまでは考えてません。実際、するとは思いますが、精神的に家族を束縛したいとは思いません。ただ、古い家族制度的なものとは別に・・・身近な人が倒れたら、助けることの出来る自分になりたいと思ってます。そのためには、やっぱり介護や看護の勉強がしたい。今の自分は、そういう技術が全くないから不甲斐ないし・・・出来る人はカッコイイなあ、と思います。
Posted by kazutoyo 妻! at 2007年10月25日 00:21
20代のころ、数人の友人(先日の八坂先生の娘も入っています。あの日は水屋に居りました)と「老後、いっしょに住もう」と話をしました。ま、いわゆる「自主的グループホウム構想」です。実現するかどうかはわかりませんが、将来の選択肢の一つとしては有力やなぁと思っています。・・・ここにコメントしようと思ったら、長くなりそうなので、また近々、うちのブログにまとめます! よかったら読んでくださいね!!  [E:moon3]
Posted by あまね at 2007年10月25日 08:27
お母上、70を前にご立派です。ご自分で老後の計画を着々とたて、実践されておられるのですね。そこへ姉上ご夫婦が同居とは。その後がどうなるのかいささか心配です。(他人のあんたが心配してもしょうがない?はは^ ^;、、、そのとおりですが)実の娘、というと何でも気安くいえるぶん、時間的に長くいるとお互いわがままがでがちで、ですから、、。老後の人生のクオリティは、元気なうちはともかく、病気になったり、要介護になった時が勝負ですね。親に対しては、自分でできること、できないけれどプロの手を借りれば出来ること、を割り切っていこう、と思っています。長く生きてもらいたいし、長いが故に、がんばりすぎるとかえって傷つけ合ったりするかもしれないから。多分、同居という選択はしないと思うし、親も生まれながらの土地をはなれてまでの同居は望まないと思う。(自分の老後はプロによる介護のみ、と決めてます。)介護のスキルはないよりはあった方がいいかもしれませんが、子供が親の面倒をみるのに特別な技術は要らないと思います。介護の技術って、親に長く生きて欲しいという気持ち、心地よく過ごして欲しいという気持ちがあれば自然にできることばかりだと思います。そして必要な時に専門家にアドバイスをたのめればいうことないのでは。
Posted by しぇる at 2007年10月26日 22:59
20代のころから、老後のことを考えておられたのですか???すごい!私なぞはぼ〜っと目先のことばかり考えて暮らしておりましたよ。グループホーム構想は上野さんも本の中でコレクティブハウスという選択、として書かれておられます。そして一般の(中には料金的に高級な)有料老人ホームとちがうところは、介護をアウトソーシングするところにあり、それによって要介護になっても、狭い介護室や病院におしこめられず、最後まで自室で介護を受けられる、と。あまね様、時代を先取りですね。この老後をどう生きるか問題、まだまだ色んな意見がありそうなので、たくさん聞いてみたいです。ブログでのこの問題のアップ、楽しみにしています。[E:sun]
Posted by しぇる at 2007年10月26日 23:13
定年まで教師勤めた・・・(しかも鬼瓦調)超気の強い人間が、今更他人と同居が出来るのか、心配ですよね〜。赤子の出産時に、大原に二週間来てくれていたのですが、「(自分の自由がきかなくて)死にそうだった」と後から話してくれました。姉と母。もう、喧嘩しだしたら、強烈!みたいですが。(一度は、怒って出て行った姉)それでも、一緒に居る二人は、なんだか健気です。(私は無理〜!!!)彼氏は、海上自衛隊の人なので、数ヶ月船の上、というのがザラ・・・で、この話が出てきたそうです。その辺が救いかな。それと、プロの介護を受ける経済的余裕だけはあるので、気楽です。ただ、彼氏が気疲れでハゲなければいいなと思ってます。(私、円形できましたよ〜、自分のブログでは書けない!)
Posted by kazutoyo 妻! at 2007年10月27日 10:16
月に一度、一人暮らしのおばあちゃん達と、お弁当を食べます。ふと、あと30年したら、私も仲間入り…なんて考えてしまいます。一人になった時、なんでも聞いてもらえる友人や打ち込める趣味など、やっぱり必要。それと健康。あ、お金もや。いろいろ考えると、秋の夜長、眠れないわ〜
Posted by ばーばん at 2007年10月28日 17:39
ほんとに母、娘の関係は愛憎相半ば、、というかんじですねぇ。息子だと、嫁さん(まあ、他人ですわな)との関係が主になってくるので、全くちがったものになるでしょうね。一般的には娘夫婦と同居したがる親世代が多いそうですが、一歩間違うとハイ、サヨナラと言えない血のつながりゆえに、逃げ場がないこともあるようで、、。もちろん、うまくいってるお宅もたくさんあると思いますので、妻!様の母上、姉上もきっと折り合うツボを見つけられると思いますよ。当事者だけで煮詰まらないことが大切かな。第三者の旦那さんの存在が実は大事。はげない程度に^ ^;、がんばってもらいましょう。(その後円形脱毛よくなりました?お大事に、、、)
Posted by しぇる at 2007年10月28日 21:04
ばーばん様はすでに老後のコミュニティ作りは、ばっちり、とお見受けします。趣味、というには素人離れした手作りの腕もお持ちだし、まあ、お金と健康は運次第、、、ってことで(^ ^;)一人暮らしのお年寄りと、いっしょにお弁当をいただくボランティアもあるんですね。こういう身近なところから地域とのつながりを作っていけるのは大切だと思います。それに普段ゆっくり聞けないお年寄りの知恵や人生についていろいろ聞けるチャンスでもありますね。
Posted by しぇる at 2007年10月28日 21:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。