2012年11月24日

曼殊院門跡の紅葉

洛東も北の方、一乗寺なる曼殊院
格式高い門跡寺院であります。

P1040719

寺の中には重要文化財や国宝・黄不動、古今和歌集曼殊院本、などお宝がたくさんあるのですが今回はそれらはすべてすっとばして、ひたすら紅葉をめでることにいたしましょう。


P1040721
くねくねと、白川通りからすごく細い道をまがりくねってたどりつく参道も紅葉が美しいトンネルに。

P1040724

紅葉シーズン以外はひっそりとしたお寺ですが、さすがにこの季節はたくさんの方であふれております。


P1040725

寺院のモノトーンの建物に対照的な彩り。




P1040726

玄関から大書院へ通じる渡り廊下より。
P1040730

龍田の川のごとき小路。

P1040732
P1040735
大書院前の庭園。



P1040739

こんなかわいい二畳(一畳台目?)の茶室が。
しかも洞庫付き!


P1040740

この奥には予約すれば拝見できる八窓軒茶室が。
江戸時代建築の重要文化財。


P1040741

枯山水と紅葉のいろどり。

P1040743

有名な梟の手水鉢。
梟と言うより、、、、まのぬけた烏にみえるが[E:coldsweats01]



P1040746


美しいですが、日ごろのお手入れもさぞや大変でしょう。

P1040750

仰ぎ見る東山も紅葉がすすんでいるのがわかります。

春は「山笑ふ」。

秋は 「山粧ふ」。


さてさて、曼殊院まででばったのは、実はこちらに用事があったから。




P1040804

北白川の和菓子屋さん、山もとさん。
(本店は馬町)

こちらの上生はとてもおいしいので、今度のお茶事に使うお菓子の注文に。
オリジナルをお願いすることができるんです。
これこれこういうイメージで、とお願いして、さあ、当日どんなお菓子ができるかお楽しみ。






P1040802

山もとさんのある北白川あたりの疏水べり。
P1040803


桜がなんとかまだ散りきらずにがんばっています。
こういう日常の中で楽しめる紅葉もよいですね。


P1040808

白川通りは車で走るのがとても気持ちのよい紅葉のトンネルです。





P1040813


歩きながらほおばる、山もとさんの銀杏餅もFantastic!!

(11月19日の宗旦忌に裏千家では、宗旦が植えた裏千家のシンボル宗旦銀杏にちなみ銀杏餅がでます。)


posted by しぇる at 23:15| Comment(8) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。