2012年11月22日

麩ってこんなにすごい!

ちょっと前、川端五条の半兵衛麩の話をブログにアップして、要予約だけれどここの麩をふんだんにつかったむしやしないが食べたいと書いたら、ぽん様が「こんなんありまっせ。」と耳打ちしてくれはった。(というか宣伝[E:delicious])


800ofubanzai

おばんざい体験の「麩」編、しかもお値打ちなお値段で!

これはいかずばなるまい、と夢風庵様とつれもって、おばんざい京室・DECO庵さんへ。


P1010473

寺町も今出川以北はほとんど行ったことがないけれど、寺町の名にふさわしく、お寺が軒を連ねている感あり。
こんなとこやったんか。
上御霊神社も近い。



P1010474

こちらDECO庵さん。

主宰のDECOさんはかつて木屋町でおばんざいのお店をしてはったそうで、今はこちらでおばんざい教室ならぬ京室をひらいておられます。
木屋町時代からの接点で、ぽん様も今回の企画にはかんでおられるんですが、この日はoff日で残念。

P1010475

まずは麩とはなにか?どうやってつくるか?歴史は?
というレクチャーを洛中の創業400年という某・老舗麩屋さんのお嬢様からうける。

400年の歴史を背負っておられる方ってオーラがちがうわあ、、、[E:coldsweats02]


小麦粉からデンプンを洗い流したあとのグルテンに餅粉をくわえて蒸して作るのが「生麩」。
小麦粉を加えて焼いてつくるのが「焼麩」。


実は関西にくるまで、私は麩といえば焼麩しかしらなんだ。
はじめて食べた生麩は麩饅頭で、その感激ったらなかった。
これこそ京の食べ物じゃ〜〜[E:happy02]と。

いまでこそ、生麩を自分で買ったりするけれど、せいぜいお汁にいれるくらいしか使わなかったのよね。

ところが今回、生麩、焼麩をつかって、こんな料理のヴァリエーションができるなんて、目からウロコ、ほんまにオドロキどしたわ。







P1010476

ここでDECOさんの一手間かけた(ここが大事)麩料理が登場!

うわ〜〜[E:lovely]



P1010477

生麩の揚げたの、たいたん、和えたの、焼いたの、、、、、

P1010478

鶏肉で巻いたのは胡麻麩、、、、


しかも麩の種類も粟麩、胡麻麩、よもぎ麩、利休麩(きくらげを練り込んで揚げた物)、さがら麩(なにも混ぜていない生麩)、花麩、、、、、こんなにあるんだ!


それにDECOさんの味付けはしっかりしていて(私好みで)その一手間のおかげでほんとにおいしかった[E:happy02]
同じレシピでも私はこうは作れない。

P1010482

白味噌のお汁にも生麩。
自家製のどぼ漬け(ぬか漬け)がまたおいしくて、しあわせでした。

P1010480

この豪華箱膳をいただきながら、お嬢様の麩料理デモンストレーションを拝見。


P1010483

一つはよもぎ麩の田楽、そしてまたまたビックリの粟麩のチーズ焼き。
麩ってチーズにも合うんだ。

とどめがこちら。


P1010486

お麩レンチトースト!

焼麩を切って、卵+牛乳にひたしてしとらせたものを軽くトースト。
とてもやさしい味と不思議なテクスチャー。

高タンパクでしかも低カロリーというのがダイエッターにはなかせるし、思うに赤ちゃんの離乳食や、高齢者にぴったりではないか。
正月帰省する孫(赤子)に食べさせてやろう、とはやくも胸算段。


その浸す前の焼麩をみせてもらう。


P1010489

さすが、老舗の焼麩はみっちりもっちり。
生でも食べられます。

麩といえば幼少のみぎり、後楽園の鯉にエサとして与えていた棒状麩のイメージだったのですが、まるで別物ですわ。
(あたりまえか)


あと、生麩は包丁や、まいてあるシートにぺたぺたくっついて、切りにくい、という話をしたら、お嬢様曰く、水の中でシートは剥がし、麩自体を水にたっぷり濡らして切ればよい、とのこと。
生麩ってべちょべちょにぬらしてもいいものだったんだ[E:coldsweats02]

残ったら冷凍も可、ということで、こんな便利な食材であったとは。

これからは食卓にどんどん麩を登場させよう。

そして、購入したのがこちらの本でありました。
20120926g191_2



え?
こんな料理が麩でできるの?
と目からウロコはまちがいありません。
オススメ!


posted by しぇる at 00:28| Comment(16) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。