2012年11月18日

錦繍・京洛の夜を徘徊す

錦繍の頃、京洛はあちこちの庭園でライトアップ。

昼間忙しいこの身にはなんとありがたい。

仕事を終えたあと、家に帰って猫の世話もそこそこに夜の京洛へくりだそう。







P1040637

家からチャリで5分の南禅寺・天授庵。
紅葉の名所。

P1040639

応仁の乱(京都人がいうところの先の大戦[E:coldsweats01])で失われた天授庵を再建寄進したのは細川幽斎。
よって、この細川の九曜星紋も納得。

(近くには細川別邸もあるし)



P1040642

書院より。



P1040645

人の姿はあっても、ここではみんな言葉を失うのか、静かです。
秋の夜の空気の底。または海の底のような。
P1040649


書院にかざられた花。
このツクバネのような、小柿のような実は何の実だろ?
(nageire様より、つくばね柿 または 老鴉(ろうあ)柿とお知らせいただきました)



P1040654

本堂の前の庭へまわる。


P1040656

おお!
お見事!


南禅寺の西門から暗い道にチャリを走らせれば、、、


P1040661

ごぞんじ永観堂・禅林寺。



P1040665

市中のかなり離れた場所からでも眺められる多宝塔を真下からみあげる。

ここはさすがに人が多く、(ウルサイ)修学旅行生もいて、ちょっと落ち着かない。
時間選択を間違えたか。(閉門間際がよろしい)





P1040668

それでも紅葉は美しいのだ。

P1040670

爪紅(つまぐれ)。

たおやかな白い指の先の紅いろを連想させる。
なまめかしい。


P1040678

紅葉のトンネルをとおりぬけ、阿弥陀堂へ。

「永観、遅し」




P1040680

(多分)シダレモミジ。



P1040689

モミジだけでなく、苔庭にふりしく銀杏も美しいのだ。

  

P1040630


*  *  *  intermission *  *  *


さて、きょうもきょうとて雨をおして夜くり出せば、雨もあがって空には三日の月。



P1040692

町家の格子からもれるあたたかい灯り。

これがたまらなく好き。

P1040693

西陣・浄福寺通り大黒町、石畳の町。(昼間の景色はこちらからどうぞ)



おりしも雨に濡れた石畳は夜に美しさを増す。


P1040694

あちらも、、、

P1040695

こちらも。


実はこれは大黒町と上七軒を舞台に静かにおこなわれるイベント都ライト
同志社、造形芸術大の学生が地域の協力を得ておこなってる「町家から漏れる暮らしの灯り」。



P1040696

なにか催しがあるわけではなく、ただ静かに町家から漏れる灯りを楽しむ。
その家の中の普段の暮らしに思いをはせる。

P1040708

道の境界に受付があって、こんな提灯を貸してくれる。
またこれが螢の光より淡い光で、なんてそぞろ歩きに似つかわしい。



P1040698

格子の向こうに晴れ着。

P1040699

暗い道を歩くとき、よそのおうちの窓の明かりがどんなに心をあたためるかということを、思い出した。







P1040700

それでも西陣界隈の町家は住人がいないので、真っ暗で明かり一つ見えない家が多く見受けられる。
残念なことだが、数年以内には更地になるところも多いだろう。

P1040702
P1040703


浄福寺通りの北の端から、GPSだけを頼りに入り組んだ路地をぬけて上七軒へ。

こんなことでもなければ、通ることなどないだろう細い暗い道を行くのは少しスリリングだが、わくわくもする。


P1040705

北野天満宮。


P1040714

上七軒を南下してバス停へ。

夜の徘徊、きょうはこれにて終了。


posted by しぇる at 00:06| Comment(12) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。