2012年11月13日

真如堂・秋 2012

なかなか紅葉だけを見にでかける時間的余裕がありません。

でも日々の忙しい暮らしの中でも、ちらっとでも紅葉を愛でたい。

P1010402

これは市立美術館の裏のモミジバフウの紅葉。

P1010404
ツィターの音が聞こえてきませんか?
(第三の男、、、なんちゃって)


急ぎ足で通り過ぎないといけないのが残念。


P1010405

黒谷さん(金戒光明寺)から真如堂へぬけましょう。


P1010407
文殊塔をめざしてこの階段をのぼります。


P1010409

途中で左折していつもの「墓場コース」。

P1010414

ここに眠る人たちはこんな紅葉を毎年楽しんでおられるでしょうか。

ほんに京都の紅葉は特別だといつも思います。
京都を離れていた間、その思いはさらに強くなりました。
湿度と寒暖差の大きさで説明はつくのですが、それだけではないような、なにかspiritualなものもあるような気がして。
(自分は科学者のはしくれだとは思っていますが)





P1010415

会津藩墓地で手をあわせて、(来年の大河ドラマの主人公、八重さんは会津出身なので、ここもまた賑わうかな?)



P1010416

真如堂へ。

正門からはいるより、このコースが一番感動する、、と私は思うのですが。


P1010418

雨の降る肌寒い日なので、観光客の姿もまばら。
こういうときを狙って来ることができるのがジモティの強み。[E:smile]





P1010419

まだ青い葉もあれば、真っ赤に色づいている葉も。
お堂からは間断なく鉦の音が聞こえてきます。

P1010420

うわ〜!
きれい!

まるで極楽浄土の散華のよう。


P1010422

猫広場(よく野良ちゃんが接客している)も今日は猫の姿がありません。
どこかあたたかいねぐらですごしていることを、こんな雨の寒い日には願わずにはいられません。


P1010425

おりしも真如堂はお十夜法要期間。
「この世で10日10夜善いことをすれば、仏国土で千年善いことをしたことに勝る」という『無量寿経』 からきた法要のようです。


P1010428

この期間、こんな白い紐が本堂につながっています。
これは「縁の綱」といって、本堂の阿弥陀如来様の右手とつながっており、これを握ることにより阿弥陀様に直接触れているのと同じ功徳があるとか。



P1010430

はい、早速握っておきました。



P1010426_2

本堂からの紅葉もみごと。


P1010432

茶所では、お蕎麦の河道屋さんが期間限定で店開き。
この寒さではあたたかいお蕎麦はさぞあったまるだろうなと後ろ髪引かれつつ、、、





P1010434

お見事なコントラスト。



P1010435

表門手前、向井去来が檀家であった覚円院へ続く道。


P1010433

逆行して表門から帰ります。

足早に通り抜けただけですが、来た価値はありました。

美しい季節です。
take my breath away です。


<おまけ>

御苑にも散華。


P1010439


posted by しぇる at 21:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。