2012年11月08日

2 ways of the 茶の湯

先日吉田神社でおこなわれた坐忘斎家元の献茶式。


P1010357


台子、皆具を用い、場所は神聖な神社神殿前。



P1010356

書院茶の原点である神仏への捧げ物としての茶。

私の理解の限りでは、お点前は「真之行台子」とほぼ同じ。

実は坐忘斎のお点前を拝見するのは初めて。
大宗匠のは何度も拝見する機会があったけれど。

点前所作が美しいといわれるだけあるなあと、みとれておりました。

吉田神社は他の献茶式の場所にくらべるとこぢんまりとしていて、お勧めです。


参式された方の中に遠目でもすごく素敵なオーラに包まれた紫の着物をお召しの方がおられました。
よく見ると、あらまあ!
今年の2月、弘道館でお点前してくれた上七軒の尚鈴姐さん!

さすが、なにげに立っておられるだけでたたずまいが違いますね。[E:lovely]



さて一方、こちらは先日京都府立植物園で開催された「お茶といけばなの祭典」。

P1040571

利休の待庵もびっくり!!の二畳。

鴨川べりで道行く人にお茶をさしあげる謎の[E:coldsweats01]茶の湯者集団、鴨ん会さんの茶室。

そういえば、昨年の植物園大茶会でもこんな組み立て式茶室をだしておられたっけ。(昨年の記事から)
P1130850
(そのときの私のコメントも「待庵もびっくり!」だった[E:coldsweats01]語彙貧困、、、、)

今年はさらに茶室はシンプルに木製棒をプラのコネクターでとめただけの二畳向板。
壁もなくなっちゃいました。

これってすごい!
待庵よりさらにそぎ落としてるぞ!
これぞ究極の「草」の茶。

P1040579

この釜敷を見よ。
どこかで拾ってきたブリキ缶の蓋だろうか?

でも、お点前はほんものでしたよ。
植物園のフィトンチッドをいっぱいに浴びて、涼やかな秋の気配を感じていただく一服。
侘び茶もここまできたか。





P1040614

もう一つの草庵(?)も謎の集団「竹咲 竹居庵」。

泥棒さん御用達の唐草風呂敷に、つぎはぎも侘びっぽい敷物。
ぐるりを竹の簾で囲った空間。
台所用品とおぼしき風炉先(アルミ製でございます)、あやしい羽織をはおった亭主。

こちらはちらっと遠くからみただけで、詳細を見ておかなかったのが残念。

こちらは丿貫(へちかん)さんもビックリ。





P1040621



私は大名物を美術館で見て喜ぶし、方や日常生活道具の見立てもとても面白いと思う。

真台子点前を習うきびしさも好きだし、小習の奥の深さも好き。

茶会ですごい茶道具(とても高価)を拝見して眼福と思うけれど、有名作家のものでない道具をバカにするエセ茶人には腹が立つ。
茶の湯という共通言語が通じない世界にいっちゃった崩しすぎでひとりよがりの茶会は時に見苦しいと思う。



真の茶も、草の茶も、書院茶も草庵茶もどちらも捨てがたい。

侘び茶の完成をめざし、あらゆるよけいな物を削ぎまくった一方で、ちゃっかり黄金の茶室も作っている、、、利休さんは「真」と「草」の間を自由自在に行き来された方でした。

でも凡人には、そこらへんのさじ加減がむつかしいのよ。
自分のめざす茶事、茶会はどこらへんに軸足をおこうかな。
どこに置くのが、「茶禅一味」の世界に一番近いのだろう。

と、そんなことを考えて混乱しているようではまだまだ青いわね。(年齢は青くないけど)


とりあえず次の茶事のテーマを考えねば。
うむむ、、、、


posted by しぇる at 23:35| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。