2012年11月02日

国宝 飛青磁花生と国宝 油滴天目茶碗〜東洋陶磁美術館

大阪は中之島。

P1010206

数年前のリニューアルですっかりおしゃれなエリアになりました。

右手に見える大阪市立東洋陶磁美術館へ昼休みを利用して。

なにせここには浅川伯教の家にあったという李朝白磁「蓮華文白磁大壺」があるような美術館なので、特別展はいつもツボなんです。

P1010207

いつもは中之島公会堂の中之島倶楽部で腹ごしらえをしていざ!なんですが、この日はちょっと気分を変えてリバーサイドのこちらのカフェでランチを。

P1010208

オープンカフェからみる美術館。


P1010209

今季の展示にはなんと国宝が2つも出ているのですよ。
大盤振る舞い!







P1010212

展示スペースは小さいながら、なかみは濃厚。

しょっぱなの重文・砧青磁にクラクラ。(フライヤーの左上)
ものすごいもの見たわ![E:coldsweats02]


12世紀だから1000年近く前のものなのに、今窯からとりだしました、といわんばかりのつやつやのお肌。
(平清盛もこんな花生、宋から輸入していたかも)

歴代の所有者に大事に大事にされてきたのでしょう。(挽屋も仕覆も立派だし)
それだけでなく、経年変化しないくらい完成したテクニックで焼かれたということでもありましょう。


これが南宋時代の龍泉窯青磁か。
「雨過天晴」の青か。

高麗青磁の翡色とも違うセラドンブルー。






P1010211_3

さらに国宝の飛青磁花生のお肌もつやつや。
飛んでいる鉄釉のにじみ具合がなんとも、、、

奇跡のような美しさだなあ。
青磁の魅力は奥が深い。

この美術館で最古の青磁、北宋・汝窯の展示を見て以来、青磁の青はヴァリエーションが多くて、どれが「雨過天晴」の青だろう、といつも思っていたけれど、究極の「雨過天晴」ブルーをここで見たような気がします。


油滴天目(南宋時代)は展示室の電灯では(LEDを導入したらしいですが)どうしても黒っぽく地味にしか見えません。
これ、手にとって光をいろんな方向からあててみると、きっと宇宙青に見えるんだろうな。
(いつか静嘉堂の曜変天目を見てみたい)

それにしても本家本元中国に残っていない曜変天目(最近完品ではないものの中国の窯跡で見つかったらしい)、一体どのような技術で生み出されたのだろう、1000年近くも昔に。

思えば日本の茶人の愛した井戸茶碗は本家の韓国では出土しないし、曜変天目しかり、日本にだけある、、、というのは不思議というかおもしろい。
大陸文化の末梢の末梢ゆえに時代の流行におし流されずに蓄積されたのか、はたまた日本人独特の美意識のなせるわざか?







P1010214(なにわ橋から見るリバーサイドのオープンカフェ。気持ちよさそう)


あ〜、、、すごい物見ちゃった![E:happy02]


posted by しぇる at 23:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 美術館 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。