2012年10月29日

徳川様のお茶会へ〜徳川美術館

ここは尾張の国。

P1010126

家康の遺品や尾張徳川家伝来のお宝がわんさかころがっている徳川美術館

毎年利休忌のころ、織部が利休から拝領し、利休亡きあと位牌仕立ての筒にいれて持ち歩いたという「泪」の茶杓が公開されるのにあわせて、来たことがあります。



P1010165

毎年秋に7〜8日間、日替わりで各流派による徳川茶会がひらかれます。
美術館所蔵の茶道具を使って[E:heart02][E:happy02][E:shine]


P1010128

早朝起床、着物を着て雨の中到着したのは午前8時すぎでしたが、もうたくさんの方が並んでおられます。
お茶人さんは、ほんま朝が早い。


P1010132

これを楽しみに全国各地からみなさま、おいでになるのです。

この日は最高の参加者だったそうです。
私はたまたまこの日しかあいていなかったからなのですが、なんとこの日の担当は今日庵文庫の筒井紘一先生だったんですねえ。
だから人気だったとか。


P1010135


この日、関東からお越しのK様ご夫婦と落ち合って、御指導かたがた、ずっとごいっしょしていただきました。

早起きの甲斐あって、あまり待つこともなく、スムーズに移動。



P1010142

副席の薄茶席は山ノ茶屋にて。

江戸時代の茶屋で、名古屋城から移築された物とか。


P1010143

待合の天井も竿縁、化粧屋根裏、網代と凝っています。

床には家康の「道中宿付(旅程の覚え書き)」。

九 江戸  十八 戸田 廿二 河越、、、

九日に江戸を出て、十八日に戸田に着いて、、、というようなメモですが、だれがこんなものをとっておいたのか?
まさかこんなメモが400年後に待合掛けになるとは、家康も思わなかったに違いない。

薄茶席の席主は筒井先生の奥様。(お道具よりインパクトがあって(?)ちょっとみとれてしまいましたわ[E:lovely])

軸はなんと足利尊氏の和歌懐紙。

  「あつまち(東路)をまたたひ人(旅人)のたちかえり さはらで君にあふ坂のせき」

尊氏といえば14世紀の人でしょ?
そんなすごいのが残っているんだ[E:coldsweats02]


K様がお正客をされたので、お相伴で思いがけず上座の良い席にすわれました。(らっき〜)

高麗刷毛目茶碗、しっかりとこの手で確かめました。
かたちが沓形にちかいようにゆがんで、とても珍しい刷毛目。

釜は香炉耳釜。
大徳寺・達磨堂にあった香炉を釜にしたもの。
鐶付が鍋のように付いているので、鐶は特別なものを使わないといけないだろうな。






P1010145

三葉葵の御紋の幔幕の道をたどって今度は本席・濃茶席へ。
茶室は餘芳軒。
名古屋市内にあった数寄屋建築を移築した物。

P1010147

こちらの待合でお菓子をいただく。


P1010150

中の紅が美しい薯蕷はご当地、両口屋是清 「秋の初花(=菊)」。

ついでに最近清課堂さんでゲットした末広の菓子切りをさりげなくアピール[E:coldsweats01]



P1010151

待っている間に心空庵(四畳半)を拝見。
もと尾張徳川家代々のお茶道役をつとめた平尾氏の茶室。(オリジナルは空襲、台風で倒壊)


P1010154

お武家さんらしいすっきりとした茶室でした。

P1010155

本席では筒井先生が半東で、お道具の解説をしてくださる。
そりゃ専門家ですもの、興味深い話がてんこ盛り。
もう少し時間があってゆっくり聞けたらなおよいのだけれど。

P1010156

お軸は重文の天遊松谿(15世紀ごろの謎の画僧)の「寒山拾得」図。

お茶碗が肥前松浦家伝来の井戸「九重」(五島美術館から貸し出し)やら、大井戸やら、、、もう普段はガラスケースの向こう側よね。

茶入の古瀬戸肩衝「虫喰藤四郎」は釉薬がまだらになって、なるほど〜、なネーミング。
すごいもの見たわ。

飾られていた香木の伽羅はかの有名な一木四銘(同じ香木を4つに分けてそれぞれ銘がついている)の一、「白菊」。
これかあ、、、
森鴎外の「興津弥五右衛門の遺書」にでてくるあの白菊ですよ。

蘭奢待のあのでかさを想像していたら、ほんの一握りくらいの小ささでしたね。
聞香してみたいけれど、これを焚く人、、、、おらんやろうなあ。




P1010159

点心はボリュームたっぷりで、京風薄味にじゃっかん物足りぬ私にはうれしいしっかり味付け。

お酒もついてるわよ[E:lovely]


食事のあとは、K様ご夫妻の解説つきで美術館の特別展(徳川将軍の御成)を見る。

これがまた、、、、もう、大名物、大名物、大名物、たまに中興名物、そして重文、、、
茶道の雑誌やテキストでしかお目にかかったことのない有名な道具がげっぷがでるほど、これでもか!と。

さすがは徳川様。

茶道系美術館5〜6館分は十分ありました。
それにしても一般的に唐物茶入の大きいこと。
よほど手が大きくないと、とても胴拭きなんかすんなりできそうもありませんわ。

そして「へうげもの」ファンのみなさま、こちらもでていました!




P1010164

唐草文染付茶碗、別名「荒木高麗」。(「へうげもの」第1巻を見よ!)

荒木村重が所持していたもので、漫画では命の代わりに織部へさしだし、やがて利休の手にわたったと書かれていますが、ほんとのところどうなんだろ。


P1010163

ちなみにこの(重い)図録は茶会の記念品としていただいたもの。
もう一つの記念品がこのお茶碗[E:lovely]


尾張徳川家伝来の高麗雲鶴茶碗「高浜」の写し。
これ、次の茶会で使おう[E:good]

とにもかくにも目の正月、耳の正月的なお茶会でございました。
一日おつきあいくださいましたK様ご夫婦にも感謝いたします。


posted by しぇる at 23:46| Comment(17) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。