2012年10月09日

粟田神社・夜渡り神事 2012

おしかけ氏子[E:coldsweats01]であるところの粟田神社

今年の夏も境内の納涼ビアガーデンもきっちり参加させていただきましたし。

昨年は昼間におこなわれる神幸祭を楽しみましたが、夜渡り神事は風邪で断念。
P1000658

今年はそのリベンジですわ[E:bearing]


P1000649

三条通へでると、居祭所の剣鉾を見ることができます。


P1000656
ちょうど一の鳥居から道を清める松明が三条通へでてきたところでした。(18時すぎ〜)

P1000661

青森のねぶたの原型と言われる大燈呂もスタンバイ。
(江戸時代に絶えていた風流灯籠を、平成になって、京都造形芸術大学共催で大燈呂として復活)






P1000659

いよいよ夜渡り神事へ出発。



P1000660

今回新調されたえべっさんの大燈呂。

P1000671

一行は青蓮院前を通って、知恩院前の瓜生石のところまで。


P1000675

子どもたちも行列に加わり、笛や太鼓でにぎやかに。

その行列のかけ声が

♪ 「じゅうにんでほ〜い、出雲でほい」



最初「住人」??
と思っていたのですが、ほんとうはこれのことでした。




P1000676

提灯が12こついた十二燈のことを「じゅうにん」とよぶそうで、出雲地区の十二燈がいくよ〜、という感じでしょうか。


P1000685

瓜生石の前にもうけられた祭壇を大燈呂が巡っていきます。

ちなみに瓜生石は知恩院黒門前にある、不思議な石で、知恩院ができる前から埋まっていたそう。
表面に出ている部分はその石のほんの一部に過ぎず、地下に巨大な部分がうまっているとも。

粟田神社との関係は、江戸初期に石の上に出現したといわれる御金札の言い伝えによります。
その金札には「感神院新宮(粟田神社の旧社名)」と銘があったために粟田神社へ納められたとか。


P1000693
知恩院さんご入場。黒門から。


神事は「れいけん」ともいわれるのですが、その言葉の由来は不明。
おそらく「霊験」であろうといわれています。


P1000694

神官と僧侶が同席するこの不思議。

神仏習合の風習を今に残しているのでしょうか。

神官による祝詞、僧侶によるお経、、、を交互に。
なんだか妙な気がしますが、ありがたさも二倍?かも[E:coldsweats01]
P1000707


祭壇の両脇には、もっとも由緒のある阿古陀(カボチャ)鉾と地蔵鉾。

左手前が瓜生石。




P1000690

行列も後ろに控えて神事を見守ります。


P1000701

黒門前には大松明。



P1000711

ついで神官を先頭に瓜生石を3回巡拝。





P1000716
ご一同様も太鼓や笛の音に合わせてにぎやかに。



P1000719

十二燈もいくので

♪ 「じゅうにんでほ〜い、出雲でほい」

さらににぎやかなのがこちら。








P1000730

御神輿の鳴り鐶を持った男二人が

ほいと〜ほいと〜



P1000732

よ〜いよ〜い

で二人が四人になり、新しい二人にバトンタッチ。

その間、しゃんしゃんと鐶鳴りのすがすがしい音が。
これを聞くと祭魂に火がついちゃいますね[E:happy02]








P1000736

一連の神事がおわり、黒門へおかえりの知恩院様。

これから大燈呂はじめ、祭の一行は氏子中を夜10時ごろまで練り歩くのです。

残念ながら、おしかけ氏子だから、うちのほうにはけえへんなあ[E:sad]


posted by しぇる at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。