2012年10月07日

大山崎秋茶会〜「半輪秋」

  峨眉山月半輪の秋
  影は平羌の江水に入りて流る
  夜清溪を發して三峽に向ふ
  君を思へども見えず渝州に下る
 
  (李白「峨眉山月歌」)


今回の秋の大山崎山荘の中国茶会のテーマは「半輪秋」。

半輪すなわち上弦の半月。

P1000571

昨年春の春在来の茶会は青楓を楽しみましたが、今回、紅葉にはまだ早いもののその気配は感じます。

P1000572

加賀正太郎の夢のあと、「大山崎山荘」(登録有形文化財)。

P1000648
今回会費を払うと、こんなピンバッジが[E:happy01]参加者の目印。

まずは山荘の2階のテラスで、、、


P1000575

木津川、保津川、桂川の三川合流のパノラマを楽しむ。


P1000576

おや、庭園に陰陽の大きなオブジェが??


P1000592

と思ったら、これは大きなテーブルでした。

たしかに「陰陽太極」紋は半月の組み合わせに見えますね。
庭園をめぐって3席あるので、そこで持参した茶杯にいれてもらって、この陰陽テーブルでいただくもよし、立ち飲みもよし。



P1000587

こちらは「半輪・黒」の席。
P1000589

陰陽の陰=黒茶、つまり普洱茶(プーアル茶)。(普通固形の団茶の形で売られている。茶馬古道の時代からの伝統)

しかも熟茶(コウジカビで発酵)と生茶(経年により熟成)をそれぞれいただく。
P1000590

生茶は1980年のビンテージ物。
熟茶のあとでいただくと、まろやかでさわやか。
はっきり、ちがう。

ちなみに雲南省で普洱茶といえば生茶をさすとか。
私たちは熟茶の方をプーアルと思っていたけれど、もっと奥が深かったんですね。







P1000594

白茶に行く前に、桂花湯でお口をリフレッシュ。




P1000595

今まさに盛りをむかえようとしている金木犀の花、それを乾燥させた物。

金木犀のあの香りはほとんどしないのですが、お湯をいただくと、なぜか口中さわやか。



この桂花、黒茶や白茶に投じるとまた味がかわるのです。
こちらも試させていただきました。



P1000596

こちらの席のお菓子は陰陽クッキー。

あの宮川町の蒼穹さんのでした。


P1000603


こちらは陰陽の陽=白茶席。

白茶は日光を遮断して作られた普洱茶生茶の特殊な物。


P1000602


ちなみに玉露や碾茶はまだ茶樹の状態で遮光しますが、白茶は摘み取った茶葉の段階で天日干しでなく、夜干し、影干しをして製茶するもの。

いただいたのは「月光美人」と「白毫銀針」。



P1000604

いずれも黒茶よりさらに洗練され上品な印象。


P1000605

この茶杓置、いいでしょ[E:lovely]
中国で見つけたんですって。



P1000606

こちらの席のお菓子は紙ナプキンも陰陽。
お菓子も陰陽。



P1000579
庭園席をあとにして、整理券をゲットしておいた茶室トチノキ亭の「新秋新茶席」。

ここをつくった加賀という人はお茶も愛していたので、邸内にいくつかの茶室を作っているのですが、いずれも立礼席、というのがおもしろいです。



P1000609

トチノキ亭はこんなふうに、あたかも樹上茶室の趣。

P1000617

こちらのお茶席はなんと、好日居さんが!
(いつもこちらの中国茶会ではお手伝いにこられます)

(悪目立ちする、デカイ茶杯=私の[E:coldsweats01])


P1000614

今年とれたばかりの安渓鉄観音茶。

くるくると丸まった茶葉はよい香りがします。

これをお茶にしていただくと、さらにすばらしい芳香がたつのです。

飲んだ後の茶杯に残る香りも忘れずに聞く。


P1000620

この席のお花は菊花。
花器は竹の根っこでつくった「稲塚」。

お菓子は、、、



P1000616

波照間産の黒糖なんですが、それぞれがたたき割っていただくという趣向。

これがけっこうむつかしくて、力任せにやってもだめなんです。
かえって小さい子のほうが上手に割ったりして。



P1000622

トチノキ亭の蹲居。

この柄杓、最高[E:lovely]




P1000623

最後は小高いところにある茶室、彩月庵へ。


P1000625

外構はどうみても数寄をつくした小間?という感じなのに、こちらも立礼用の茶席。


P1000628

茶室の下を流水が流れ、青楓、紅葉を見下ろせる、というなんとも風流な席です。
P1000642


P1000635

こちらでいただくのは、とっても貴重であまり市場にでまわらない「蜒香紅茶(いえんしゃんこうちゃ)」。


P1000639

蜒はウンカのことで、この虫がついた茶葉は反応してマスカットのような芳香をだし、それがかの有名な「東方美人茶」なのですが、それでつくった紅茶、ということでなお、貴重。

香りは東方美人、味は紅茶という不思議なお茶になっていました。
それにしてもたまらなく美味しい。

これは日本では手に入らないものか?


P1000636

こちらのお菓子は北京の伝統菓子、蜜三刀。



P1000638

裏に刃物で三筋ついていることから。


P1000630

こちらの花器は半輪ではなく、満月。
秋の花がたくさん。



P1000646

それにしてもすてきな茶室。



P1000582

秋の半日、茶杯をもってあちこちそぞろにお茶をたずねて。
佳き一日哉。


posted by しぇる at 22:50| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。