2012年10月05日

自主稽古三昧

本来ならば金木犀の香りがしても良い季節ですが、ちっともただよってきませんね。

かわってこちらはお彼岸すぎて盛りを迎えた彼岸花。

P1000466

ここは毎年咲く場所。

さて、どう考えても時間が足りない、、、、

秋は、仕事休みの日には必ず茶会か、お茶友と、あるいはひとりでお茶の自主稽古。

若干ゆっくりする時間がほしいと思わないでもないが、疲れつつも点前のロジックを考えるのは楽しい。




P1000555

最近はまっている御所籠。(色紙点て)

茶箱点前は大好きなのですが、御所籠点前はきちんと教えてもらったことがありません。
(どこのお社中もあまりされないようで)

本を見ながらの自主稽古をしてきたのですが、複雑に思えた月点前が簡単に思えるほど、ややこしい。

でもお茶友さんたちに一度おしえていただいて、そうか、そういうことだったのか!とわかったことがたくさん。


なので、

「今月は御所籠月間」

と決めました[E:bearing]

自宅でお稽古。


P1000557_2


道具を広げていく順番がややこしかったのですが、よい覚え方を伝授していただく。

「おみやげ3つ たこ3つ」


何のことかと思われたでしょう?

おみやげ3つは籠の蓋の上に、帛紗、茶杓、茶巾箱の3つをのせてしまうこと。
たこ3つはひきつづき古帛紗をとりだし3カ所の定位置におくこと。

これなら覚えられるわ[E:happy01]


P1000558




Pic11


二つの茶碗の間にはさむ「へだて」。

私はこれをRI(放射性同位元素)マークと呼んでおります。



P1000560

道具をすべてひろげたところ。

色紙を散らした如く、、、なので色紙点て。

これもなかなか雅です。

さりながら、まったく本を見ず、すらすらできるところまではたどりつきません。

今月いっぱいかけてがんばりますわ。
(まあ、おぼえてもすぐ忘れるのですが、忘れても、すぐ思い出せるところまではもっていきたい)



さて、今日はお茶友さん宅で、自主稽古。


P1000562

この夏のあまりの暑さに負けて、夏着物はほとんど着ず、単衣にいたっては9月まるまる袖を通しませんでした。

なので久々の着物です。
(よって帯がゆがんでます?[E:coldsweats01])


P1000566


先日ゲットしたばかりの志ま亀さんの帯揚げ、初おろし。


お稽古場ではまずできない唐物、盆点の連続点前。

こうして続けてすると、その違いがほんとによくわかります。

なぜ違うのか?を考えると、やはり点前所作は論理的にできている、と納得。
論理がわかれば、覚えやすいですし。
(といいつつ、またこれも忘れるんですけれど[E:coldsweats01])
人生死ぬまで勉強勉強。



P1040400


四ヵ伝はちょっと苦手なので、こういう機会がいただけるのはほんとにありがたいです。


書いては消し、消しては直して、、、で何を書いているのやらわからなくなっていたノートの改訂版を、これを機に完成させよう。


お稽古中、おうちでお留守番組は、、、、





P1040484

ヘソ天でくつろいでおいででした。


posted by しぇる at 21:27| Comment(7) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。