2012年10月07日

大山崎秋茶会〜「半輪秋」

  峨眉山月半輪の秋
  影は平羌の江水に入りて流る
  夜清溪を發して三峽に向ふ
  君を思へども見えず渝州に下る
 
  (李白「峨眉山月歌」)


今回の秋の大山崎山荘の中国茶会のテーマは「半輪秋」。

半輪すなわち上弦の半月。

P1000571

昨年春の春在来の茶会は青楓を楽しみましたが、今回、紅葉にはまだ早いもののその気配は感じます。

P1000572

加賀正太郎の夢のあと、「大山崎山荘」(登録有形文化財)。

P1000648
今回会費を払うと、こんなピンバッジが[E:happy01]参加者の目印。

まずは山荘の2階のテラスで、、、


P1000575

木津川、保津川、桂川の三川合流のパノラマを楽しむ。


P1000576

おや、庭園に陰陽の大きなオブジェが??


P1000592

と思ったら、これは大きなテーブルでした。

たしかに「陰陽太極」紋は半月の組み合わせに見えますね。
庭園をめぐって3席あるので、そこで持参した茶杯にいれてもらって、この陰陽テーブルでいただくもよし、立ち飲みもよし。



P1000587

こちらは「半輪・黒」の席。
P1000589

陰陽の陰=黒茶、つまり普洱茶(プーアル茶)。(普通固形の団茶の形で売られている。茶馬古道の時代からの伝統)

しかも熟茶(コウジカビで発酵)と生茶(経年により熟成)をそれぞれいただく。
P1000590

生茶は1980年のビンテージ物。
熟茶のあとでいただくと、まろやかでさわやか。
はっきり、ちがう。

ちなみに雲南省で普洱茶といえば生茶をさすとか。
私たちは熟茶の方をプーアルと思っていたけれど、もっと奥が深かったんですね。







P1000594

白茶に行く前に、桂花湯でお口をリフレッシュ。




P1000595

今まさに盛りをむかえようとしている金木犀の花、それを乾燥させた物。

金木犀のあの香りはほとんどしないのですが、お湯をいただくと、なぜか口中さわやか。



この桂花、黒茶や白茶に投じるとまた味がかわるのです。
こちらも試させていただきました。



P1000596

こちらの席のお菓子は陰陽クッキー。

あの宮川町の蒼穹さんのでした。


P1000603


こちらは陰陽の陽=白茶席。

白茶は日光を遮断して作られた普洱茶生茶の特殊な物。


P1000602


ちなみに玉露や碾茶はまだ茶樹の状態で遮光しますが、白茶は摘み取った茶葉の段階で天日干しでなく、夜干し、影干しをして製茶するもの。

いただいたのは「月光美人」と「白毫銀針」。



P1000604

いずれも黒茶よりさらに洗練され上品な印象。


P1000605

この茶杓置、いいでしょ[E:lovely]
中国で見つけたんですって。



P1000606

こちらの席のお菓子は紙ナプキンも陰陽。
お菓子も陰陽。



P1000579
庭園席をあとにして、整理券をゲットしておいた茶室トチノキ亭の「新秋新茶席」。

ここをつくった加賀という人はお茶も愛していたので、邸内にいくつかの茶室を作っているのですが、いずれも立礼席、というのがおもしろいです。



P1000609

トチノキ亭はこんなふうに、あたかも樹上茶室の趣。

P1000617

こちらのお茶席はなんと、好日居さんが!
(いつもこちらの中国茶会ではお手伝いにこられます)

(悪目立ちする、デカイ茶杯=私の[E:coldsweats01])


P1000614

今年とれたばかりの安渓鉄観音茶。

くるくると丸まった茶葉はよい香りがします。

これをお茶にしていただくと、さらにすばらしい芳香がたつのです。

飲んだ後の茶杯に残る香りも忘れずに聞く。


P1000620

この席のお花は菊花。
花器は竹の根っこでつくった「稲塚」。

お菓子は、、、



P1000616

波照間産の黒糖なんですが、それぞれがたたき割っていただくという趣向。

これがけっこうむつかしくて、力任せにやってもだめなんです。
かえって小さい子のほうが上手に割ったりして。



P1000622

トチノキ亭の蹲居。

この柄杓、最高[E:lovely]




P1000623

最後は小高いところにある茶室、彩月庵へ。


P1000625

外構はどうみても数寄をつくした小間?という感じなのに、こちらも立礼用の茶席。


P1000628

茶室の下を流水が流れ、青楓、紅葉を見下ろせる、というなんとも風流な席です。
P1000642


P1000635

こちらでいただくのは、とっても貴重であまり市場にでまわらない「蜒香紅茶(いえんしゃんこうちゃ)」。


P1000639

蜒はウンカのことで、この虫がついた茶葉は反応してマスカットのような芳香をだし、それがかの有名な「東方美人茶」なのですが、それでつくった紅茶、ということでなお、貴重。

香りは東方美人、味は紅茶という不思議なお茶になっていました。
それにしてもたまらなく美味しい。

これは日本では手に入らないものか?


P1000636

こちらのお菓子は北京の伝統菓子、蜜三刀。



P1000638

裏に刃物で三筋ついていることから。


P1000630

こちらの花器は半輪ではなく、満月。
秋の花がたくさん。



P1000646

それにしてもすてきな茶室。



P1000582

秋の半日、茶杯をもってあちこちそぞろにお茶をたずねて。
佳き一日哉。


posted by しぇる at 22:50| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

自主稽古三昧

本来ならば金木犀の香りがしても良い季節ですが、ちっともただよってきませんね。

かわってこちらはお彼岸すぎて盛りを迎えた彼岸花。

P1000466

ここは毎年咲く場所。

さて、どう考えても時間が足りない、、、、

秋は、仕事休みの日には必ず茶会か、お茶友と、あるいはひとりでお茶の自主稽古。

若干ゆっくりする時間がほしいと思わないでもないが、疲れつつも点前のロジックを考えるのは楽しい。




P1000555

最近はまっている御所籠。(色紙点て)

茶箱点前は大好きなのですが、御所籠点前はきちんと教えてもらったことがありません。
(どこのお社中もあまりされないようで)

本を見ながらの自主稽古をしてきたのですが、複雑に思えた月点前が簡単に思えるほど、ややこしい。

でもお茶友さんたちに一度おしえていただいて、そうか、そういうことだったのか!とわかったことがたくさん。


なので、

「今月は御所籠月間」

と決めました[E:bearing]

自宅でお稽古。


P1000557_2


道具を広げていく順番がややこしかったのですが、よい覚え方を伝授していただく。

「おみやげ3つ たこ3つ」


何のことかと思われたでしょう?

おみやげ3つは籠の蓋の上に、帛紗、茶杓、茶巾箱の3つをのせてしまうこと。
たこ3つはひきつづき古帛紗をとりだし3カ所の定位置におくこと。

これなら覚えられるわ[E:happy01]


P1000558




Pic11


二つの茶碗の間にはさむ「へだて」。

私はこれをRI(放射性同位元素)マークと呼んでおります。



P1000560

道具をすべてひろげたところ。

色紙を散らした如く、、、なので色紙点て。

これもなかなか雅です。

さりながら、まったく本を見ず、すらすらできるところまではたどりつきません。

今月いっぱいかけてがんばりますわ。
(まあ、おぼえてもすぐ忘れるのですが、忘れても、すぐ思い出せるところまではもっていきたい)



さて、今日はお茶友さん宅で、自主稽古。


P1000562

この夏のあまりの暑さに負けて、夏着物はほとんど着ず、単衣にいたっては9月まるまる袖を通しませんでした。

なので久々の着物です。
(よって帯がゆがんでます?[E:coldsweats01])


P1000566


先日ゲットしたばかりの志ま亀さんの帯揚げ、初おろし。


お稽古場ではまずできない唐物、盆点の連続点前。

こうして続けてすると、その違いがほんとによくわかります。

なぜ違うのか?を考えると、やはり点前所作は論理的にできている、と納得。
論理がわかれば、覚えやすいですし。
(といいつつ、またこれも忘れるんですけれど[E:coldsweats01])
人生死ぬまで勉強勉強。



P1040400


四ヵ伝はちょっと苦手なので、こういう機会がいただけるのはほんとにありがたいです。


書いては消し、消しては直して、、、で何を書いているのやらわからなくなっていたノートの改訂版を、これを機に完成させよう。


お稽古中、おうちでお留守番組は、、、、





P1040484

ヘソ天でくつろいでおいででした。
posted by しぇる at 21:27| Comment(7) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

平安神宮・煎茶献茶祭と茶会 2012

毎年9月最後の日曜日、平安神宮では煎茶道六流派家元が毎年輪番制で献茶奉祀されます。


P1000488

ほんご近所の平安神宮ですので、台風の大雨をおしておでかけ。(←物好き)

ガッツで和服をお召しの方もたくさんおられました[E:coldsweats02]



P1000489
献茶会には一般は参加できませんが、そのあと、境内〜神苑の中あちこちにしつらえられた茶席に入ることができるのです。

普段入れないような建物、たとえば貴賓館とか勅使館などにも席が。

券は2000円で2席までなので、本来ならばどこへいくか吟味して2席を選ぶところ、はじめてゆえ事情がよくわからず2席とも立礼席をチョイスしてしまいました。
できれば一方は座敷にしたかった!→来年への課題。







P1000492

こちらは皇風煎茶禮式の遙拝殿の席。

神苑の出口を入って(出口からはいるのもなんですが、、、[E:coldsweats01])すぐの場所です。

雨にうたれる神苑の風情を楽しみながら(このときはまだ台風もあまりひどくなかった)煎茶のお点前をみて、いただきます。



P1000494

桔梗の練り切り。

たしか、煎茶では二服でるので、お菓子は1煎目をいただいてから食べるのでしたね?


P1000497

2煎目は急須ごとでてきました。
この染付は村田森・作くさい。

お点前は茶の湯と大きく道具も異なるので、ものめずらしく拝見。

煎茶道は茶の湯に比べて、江戸時代の文人墨客が愛しただけあって、作法にそれほどうるさくなく、自由闊達なものであると聞きます。

ゆえに、茶の湯以上にいろんな流派があるんですね。
100以上の流派があるとも聞きます。


P1000498

そこまでになったら、もうどうやって煎れても大丈夫(どこかの流派には適う?)なんじゃないかと思うけれど。[E:coldsweats01]



それでもせめて茶席での作法、簡単な点前などは知識としてしっておきたいと思うので、近々短期間のお稽古にいってみよう、と思っています。

期間限定、それ以上は深入りする時間が物理的にどうしても足りないので。






P1000490

こちらは額殿。
境内に入ってすぐ左手。

学生の頃、ここで甘酒接待のアルバイトをしたことがあるんですが、またこんなことで来ようとは。


P1000491


ここは小川流のお席。


P1000502

中はこんな感じです。

ここの流派はなんとびっくり!
小さめの茶碗にお茶がほんの数滴しか入っていないのです。

最初玉露かと思いましたが、小川流の特徴らしいです。

その数滴を舌の上にのせたら、ふわっと広がるお茶の凝縮されたエッセンス。

のどまでは届きません。
鼻腔で味わう、、、という感じかな。


P1000504

お菓子をいただいて、2煎目も数滴。

それでもお菓子の甘さを迎え撃つに十分な濃厚さ。

いや、これは初体験。



P1000507

おしまいの後、道具を拝見。
煎茶の道具はどれもこぶりでかわいいな。

食籠の中にでもワンセットごそっと入ってしまいそうなので、セットして常に手元に置いておけそう。






P1000505

テーブルに飾られた茶の花。(ツバキ科)

この季節に花が咲くのですねえ。


P1000500

だんだん雨が激しくなってきた神苑、泰平閣(橋殿)。

いつもは茶の湯の月釜がおこなわれる澄心亭でも席があったようです。



P1000501

こちらも座敷の席。(多分勅使館)

来年はここをねらおう!

たぶんそのころにはもう少し煎茶道を知っていると思うし、、、、(かな?)
posted by しぇる at 20:18| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。