2012年09月13日

逆勝手の花月

七事式の会で、席主さんが「逆勝手の花月をしましょう。」と、突然。

ええ〜っ?![E:coldsweats02]

平の逆勝手にあまり自信ないのに、その花月って一体、、、

科目は「炭付花月」「濃茶付花月」「員茶之式」、全部逆勝手で。

P1000127

一生懸命逆勝手の予習をしましたが、考えてみれば逆勝手って今までほとんど炉でしかしたことがないのに気づきました。
寒い季節の大炉は逆勝手と決まっているので、それにあわせて炉ですることが多いと思います。

風炉の逆勝手はまた炉と微妙に違うのよね。
むつかしい。

しかも風炉の逆勝手の炭手前なんてしたことありません。

P1000200

炭斗の炭の組み方も鏡面になります。


風炉への炭の置き方は本勝手と同じ。
羽根をつい右手でとりそうになるけれど、必ず左→右に渡す手間が増える。
水指の蓋は三手から四手に一手ふえる。

柄杓を蓋置に引く手は左手。
これは炉でも同じなんですが、炉が体の向きから自然に左手で引けるのに対して、風炉では右隅ねらいで腕を交差させるように引く、というのがなんだか斬新。



P1040251

濃茶付花月ではおしまいの総礼座代わりがばたばた。
本勝手では「二上がり三下がり」の左側通行になります。
ところが逆勝手はじゃあ「二上がり三下がり」で右側通行になるかと思いきや、そうは問屋がおろさない。
二下がり三上がり」で、やっぱり左側通行になるのね〜っ[E:coldsweats02]



P1130052


みなさま、足にどうしても注意がいって、間違っていないか確認しながら歩くので、腰が引けて、一歩一歩ゆっくりとした歩き方になります。
これは、、、、そう、地雷原を歩いている感じといえばぴったり!

間違わないように、声をだして「右、右、右、、、」と言いながら、左足がでる不思議[E:coldsweats01]

そして、時々帛紗をつかもうと、空を切る左手[E:coldsweats01]
(逆勝手では帛紗をいつもとは逆に右に吊るので)






P1130063

員茶では十種香札の置き方も逆に。

いやあ、逆勝手のお茶室を(好むと好まざるとに関わらず)持ってはる方は、いっつもこんなご苦労をされているのでしょうか。
まあ、慣れだと思うのですが、逆勝手になれてしまうと今度は本勝手がむつかしくなりませんかね?


ほんま、よい頭と体の体操をさせていただきました。
いつものルーチンワークばかりしていると、脳は働かなくなるので、時には逆勝手で刺激を与えてやるのもいいかもしれませんわ。

席主様、いつも複雑な七事式のお稽古にしてくださってありがとう。(とほほほ、、、)


posted by しぇる at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

弘道館月釜〜重陽 菊の文人茶会

新しい年度が始まった弘道館月釜です。

P1000173

今年度から茶友が数人、あらたに月釜会員になって、ますますご盛会、なによりです。
P1000175

この価値ある建物を守るためには、やはりその価値を知って、維持企画に賛同、参加はわれわれにできる唯一のことなのよ。


P1000174
入り口におかしな福助さんのポスター。

これは弘道館もサテライト会場になる国際芸術祭(本部は近江八幡旧市街、東近江市五個荘)びわこびえんなーれ2012のポスター。

電車の中で茶会をしたり、湖上茶会もあったりでおもしろそうなイベントもりだくさん。
ご興味のある方は、上記HPをクリックしてみてね。


P1000176

重陽の節句と重なった年度初めの茶会は文人趣味の煎茶会で。

「菊の文人茶会〜煎茶ゆかりの女文人にちなんで〜」






P1000179
待合にしつらえた座敷にはいってびっくり!

墨、筆、紙が用意され、
「ここは文人になったつもりで興に任せて筆をとって、重陽にちなむ菊の絵をかく」という趣向。

お手本を描いて見せて下さった方の筆さばきに感動。
墨の濃淡だけで、あざやかな菊花が紙の上に。

この部屋には屏風があって、蘭、竹、梅が描かれており、これに私たちが描いた菊で四君子完成というもの。




P1000181

すばらしい絵心のある方もおられれば、四苦八苦されておられる方もあり。
だれに見せる、というものでもありませんのでそこは幼稚園児の絵でもよいではありませんか、とひらきなおって茱萸袋の小菊を描いてみた[E:coldsweats01]

朱肉をなすりつけるとそれらしくみえるのが不思議。


P1000187

本席では冷煎茶点前。
といってかたくるしい作法があるわけではありません。
正客もお詰めもなく、自由な文人趣味を楽しむのが煎茶道の極意。


本日のテーマのごとく「私流」煎茶家元(?)の女性(お名前を失念しました、ゴメンナサイ)のお点前。


P1000185

昭和の初め頃の冷水器を使って冷煎茶をいれます。
これ、上の氷が溶けた水を下でうけて、小さな蛇口からとれるようにしているんです。
冷蔵庫がなかった時代の智恵ですねえ!


P1000188

瓢酌(瓢箪製)と古染付の足つき器を水指に見立てたもの。

いかにも文人趣味。

煎茶は身分にとらわれない思想がベースなので、女性も進出するチャンスがあったのです。

弘道館(塾の方)をつくった皆川淇園の時代、池大雅の妻玉蘭(文人画)や、梁川星厳の妻紅蘭(漢詩人)など女文人が輩出され、彼女らもまた自由に煎茶を楽しんだそうです。


床には江馬 細香(紅蘭と並び称された女流漢詩人、頼山陽の愛人だったという説も)6歳の時の書のお軸が。
、、、栴檀は双葉より芳しとはこのことね、私は五十路になってもこんな字書けん!


もう一つの床には文人が珍重した南画(文徴明)。


P1000184

冷煎茶は玉露の雁がね、なので煎茶としてはかなり玉露っぽい。
冷たいのに、お茶のうまみがたっぷりでていて、これぞ「葉茶!」という印象。
お茶名もこれまた菊のゆかりの「紅菊香」(先春園)。



P1000182

お菓子は当然老松さんの光琳菊の薯蕷。(菊の節句ですし)

中の餡がきれいなピンク色だったんです[E:lovely]




P1000183

部屋の室礼として、ちゃんと着せ綿した菊もありました。

(これで露をとって体をふくと不老長寿云々ですが、それは旧暦のはなしですよね。
こんな(クソ)暑いのに露がとれるとは思えない。)


今回も女文人の蘊蓄をたっぷり太田さんが語って下さいました。

煎茶をいただきながら、ちょっとだけ文房四宝を愛する女文人気分です。
(漢詩の一つも南画の一つもかけませぬが)









P1000177

今年度も美しい庭、風情ある屋敷、でさまざまな趣向のお茶会が楽しめそうでわくわくです。
posted by しぇる at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

大原の里つれづれ白露のころ〜2012

西行のお友達だった寂然入道の「大原十首」より。

  
 あわれさは かうやと君も思ひ知れ 秋暮れ方の大原の里


P1040268

かつては遁世の地だった大原も、いまでは秋ともなれば民族の大移動かとおもうくらいの人出なので、京都バスだとたちっぱなしですごく時間がかかるのです。

でもその観光シーズンの前の今ぐらいだと、左京区からなら車で20分もあれば着くことが判明。

、、、、って、大原も左京区だった!![E:coldsweats01]
(大原の皆様、ゴメンナサイ〜[E:coldsweats02])

まずは野村別れのところにあるこちらで、、、

P1000152

ここは紫蘇の葉を栽培するところから漬けるところからご家族でやってらっしゃる辻しば漬本舗さん。

ここの味付柴漬の大ファンなんです。
(大手の○○や××より全然おいしい。)
いつもは通販でとりよせていますが、今日はお店で買えましたっ!

野村別れを少し西に行ったところ、ここに里の駅・大原があります。



P1040269

大原の里を守るためには農業活性化が大事、と大原の農家仲間が立ち上げたクラブを核にして設立された農業法人、大原アグリビジネス21が経営。

その中のメインとなる旬菜市場では、その日大原の里の採れたての旬のお野菜を産地直送で買うことができます。


P1000169
旬菜市場の入り口。
さすが大原だなあ、、、、[E:coldsweats02]


P1000147

野菜には、どれも作った人の写真と名前が添えられ、なかにはきっと大原に移住して新しく農業をはじめたんだろうなあ、と思われるような若夫婦もいて、なんだかほほえましい。



P1000150

中にはこんな手作り品のコーナーも。
P1000168

大原だけに紫蘇の葉も大量に買えます、しかも驚くほどのお安いお値段で!


P1000171


大原のお母さんたちの手作りレストラン、花むらさきでは、やはりこれでしょう。
紫蘇ジュース!




P1040326

こちらでのお買い物。

万願寺とうがらし、ミニトマト(炒めたり煮込みに最適なタイプ)、紫蘇ゼリー、それに左の黄色いのはなんとオクラの花なんです。
オクラの花がこんなにでかいとは、、、また食用できるとはしらなんだ。(ゆがいたら、4分の1くらいになって、やっぱり粘るんだなあ)
あと、花むらさきのお弁当。(これお野菜が豊富でとても美味しかった!)


さて、こちらには茶花に使える切り花もあれば、山野草コーナーもあるんです。




P1000170

その山野草コーナーに出品してはる大原山草園へも足をのばしてみましょう。

車が離合できないような細い山道を進むと、、、

P1000155

おお!?

こんな山の中に侘び数寄の山居が?



P1000161_2

洛中のどこぞの寺、、、といわれてもわからないわね。
同じ敷地内の京都庭園研究所は和庭の設作庭をされているので、そのモデル庭園だったのですね。




P1040277

なのであちこちにこんなすごい石の蹲居があったり、


P1040273

実際お茶会ができる茶室があったり(中を拝見させてもらいましたが、スサ壁がすごかったわ。茶室回りも数寄づくし)


P1000166

渓流を眺められる広いスペースがあったり。





P1040285

あ、大原の里はもう紅葉がはじまっているようです。



P1000162

山野草コーナーではあれこれ物色したあとで、はじけるまえの実がついた山芍薬の鉢を買いました。
この実ははじけるとすごくインパクトあるのよ。
かれんな白い花からは想像もできないような、、、





P1000153

なんと、苔もケースで売ってる!
しかも1ケース1000円ちょっとだって!

這苔、砂苔にいたくひかれつつも、敷くなら春先の方がよい、というアドバイスを園長の辻さんにいただいたので、これはまた来年の課題。


ここまできたら、近くの寂光院へいってみましょう。
(20代のころ来たっきり、ウン十年ぶり)



P1040287

寂光院の前に秋海棠の群生を発見。


P1040288

自生なのか、どなたかが植えたのが増えたのか。
P1040289

秋海棠の花はいいですねえ。
ベゴニアと同じ科だけれど、葉っぱが全然ちがう。







P1040292




 露結ぶ庭の萩原霜枯れて籬の菊の枯々に移ろふ色を御覧じても御身の上とや思しけん (大原入)

「平家物語」の最後の舞台はこの大原寂光院。



P1040293

建礼門院のジェットコースターのような数奇な人生に思いをはせる。

P1040296

紅白のサルスベリに守られた本堂。
ほんとうにこぢんまりとしたお寺でまさに草庵ともいうべきか。


大河ドラマで今はまだ子供の建礼門院(徳子)だけれど、阿波内侍(信西入道の娘)はもうでてきていたかな?

主人公が平清盛なので、大原御幸まではやらないでしょうねえ。
後白河が若すぎるし。(白河法皇の伊東四朗再登板だとぴったりなんだが)

(脇道にそれますが、視聴率低い低いといわれながら、私の周りの人はほとんど楽しみに見ているので、なんで低いのかよくわからない。
入り組んだ階級闘争・人間模様はみていてとても面白いし、画面が汚いといった某知事もいたけれど、私は美術もすごいと思う。十二単のテーマカラーで人物像を象徴させているところなんか。マツケンは好きだし、、、でも山本耕史さんの悪左府が最高だったな。)


えらい脇道にそれました[E:coldsweats01]






P1040300

 庭の夏草茂り合ひ青柳糸を乱りつつ池の浮草波に漂ひ錦を曝すかと誤たる  (大原御幸)


恩讐を越えて後白河法皇と建礼門院が対面したという心字池。
それぞれの胸の内に去来するものはなんだったのでしょう。


P1040307

当時の面影をのこす寂光院本堂は平成12年、こころない人の放火によって(犯人不明のまま時効)全焼、ご本尊の地蔵菩薩も黒こげになってしまったのです。

現在は作られた当時をしのばせる彩色あざやかな復元された地蔵菩薩がおわします。


P1040309

帰り際、入り口の木戸に誇り高い女院の紋が。



P1040290

寂光院の手前には、今も大原の里に眠る建礼門院徳子の御陵。





P1040323


帰りの道すがら、みつる工芸さんの看板を発見!


みつる工芸さんは柿渋やベンガラ、草木染めの工房なんですが、なかでものれんが有名。

洛中の町家のお店や料亭、ああ、あそこのお店ののれんもみつる工芸さんだったか、と思うくらいあちこちに使われているんです。(冒頭の辻しばさんののれんもそうですよ)

実はあまねさんとこのエステイト信さんののれんがこちらのだったのを、ちらっと覚えていたので行ってみよう!ということに。


P1040316

こちらはご家族でやっておられるのですが、お住まいもこんな大原の農家の造りです。
大きなわんちゃんと黒猫ちゃんがいました[E:lovely]

奥の棚に押し込んである布の山は主に麻布、これを手作業で染めて縫製し製品に。





P1040317

みつる工芸のみつるさん。

かつて室町や西陣界隈で呉服関係の卸しをされていたそうです。
多分繊維業界の表も裏もご存じでしょう。

「大量生産の時代はもう終わりました。」
のお言葉が印象にのこりました。

P1040318

家屋の裏手にある染め工房。
その大量生産の対極をいく手作業をほんのちょっと拝見させていただきました。


色味の違う柿渋や、藍(藍の花もみせてもらった!)、草木染料などが大小さまざまな入れ物に入ってところせましとならんでいました。




P1040319

柿渋で染めた麻の反物を干しているところ。
伸子(しんし)張りです。


P1040320

それぞれ柿渋、ベンガラ、藍につかったブラシ。
年季がはいっています。



P1040321

染色につかう水は大原の山の水。
水道水だとカルキとか抜かないといけないので具合悪く、そこへいくと山の水に恵まれている大原は植物染料染めにはよい場所なのですね。


P1040322_2

模様を描くためのシルクスクリーンも山と重なっていました。
工房の歴史ですね。

私は、家の座敷においてある裁ち板を使ったローテーブル用テーブルランナーをずっとずっと捜していました。
いろいろ試しては、なんか違う、と思っていたのです。
でも、やっとここで希望のものに出会うことができたようです。

こちらでサイズ、色、麻布の種類を指定して、誂えてもらうことにしたんです。
できあがりがとても楽しみ。

さて、大原を旬菜市場で買った野菜の袋をぶら下げつつ歩いて家に帰り着いたとき、かたく閉じていた山芍薬の実、ちょっと割れて中の鮮やかな赤をのぞかせているではありませんか!







P1040325

グロテスク、という人もいますが、私は好きなの。
全開するのが楽しみです。
posted by しぇる at 21:40| Comment(16) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。