2012年09月18日

楽美術館・明月の鑑賞茶会

楽美術館では年に数回、収蔵作品を使っての鑑賞茶会をしてはります。

楽さんご自身が亭主をされ、あの歴代の楽茶碗を、掌にのせ触れ、口をつけてお茶を味わえる、、、というすばらしい企画[E:heart04]

P1000237

楽さんのお家のお茶室、翫土軒でいつもはあたらぬくじに当たって楽吉左衛門還暦茶会によせてもらったのはもう2年も前になるんですね。

P1000238

ただいま秋期特別展「肌をめでる〜樂茶碗の陶肌 大西 釜の鉄肌 一閑・宗哲の漆肌」開催中。

本来ならこの展示を拝見してから参席すべき所、茶会の前も後もかけずりまわる予定があって、見ておりません。
茶席での楽さんのお話が、主にこの展示についてのことでしたので、ああ、展示がすなわち待合、という趣向だったか、と悔やむも、とき既に遅し。

(遅まきながら、他日この展示は見に行こうと思います。楽茶碗より大西家の釜とか、他の十職の作品が多い展示というのもめずらしいし。)

ちなみに翫土軒(がんどけん)は六畳+二畳、楽さんは表千家です。



P1000241

お軸は大徳寺のお坊さん(名前不明)の明月画賛。
円相にも見える満月に、「取不得捨不得 咦(?)」。
これは曹洞宗・永嘉大師證道歌が出典のようです。

花入は三代一閑(18世紀ごろ)の桂籠。
花は秋海棠、かりがね草という紫色の萩ににた花。

鉄風炉が大西家十代浄雪、それに掛けられた刷毛目釜がその弟の奥平了保作。

水指が、かわった手のついた釣瓶型の白楽、楽家十一代慶入。



さて、いよいよ手に触れてお茶を味わえるお茶碗。

主茶碗は「姥捨」、六代左入、二百之内。
(享保18年に制作された二百碗の連作のひとつ。一作ずつ作行きが異なり、それぞれに表千家七世如心斎が銘を書き付けている)


このすざまじき銘の茶碗を選ばれたのは、軸の「明月」に対応して。
謡曲「姥捨」は月の名所、更科が舞台。(田毎の月で有名ですね)

 さなきだに秋まちかねて類ひなき 名をもちづきの見しだにも
             覚えぬほどに隈もなき 姨捨山の秋の月 


畳の上に置いた姿を見ると、光を吸収するような黒です。
見る人の意識も吸い込まれていきそう。
なぜ、これに「姥捨」という銘がついたのでしょう。

謡曲では捨てられた老婆は、明月に照らされてその魂は昇華されていったのか、いまだにさびしく更科の山に残っているのかわからない終わり方をするのだそうです。

  我が心慰めかねつ更科や姥捨山に照る月を見 て  (古今集:老婆がよんだことになっている)




そして茶杓が碌々斎(表千家十一代)・「標月」。


お菓子が聚洸さんの「雁月」
(黒糖葛につつまれた芋餡(?)がおいしかったです。)

この茶室にて、すざまじき秋の野の明月を堪能させていただきました。


数茶碗として出てきて、手に触れて鑑賞できたお茶碗は他に

*赤楽 「秋海棠」 旦入
*露山焼 「山里」 慶入
*赤楽       弘入
*黒楽四方茶碗(ムキ栗みたい) 「四季の友」  覚入  (私はこれでお茶をいただきました)
*赤楽 「蒼雲」 当代楽さんが吉左衛門を継ぐ前、29歳の頃の作



この蒼雲は一見まっとうな(?[E:coldsweats01])楽茶碗にみえますが、高台から腰にかけて荒々しい貫入がはいって、今の作行きに通じる物がすでに内包されているようです。

それでも「若い」と感じるのは、手びねりだからこそ、とのこと。
P1000243

楽さんのお話は、お茶をやっている者にはいつもとてもおもしろく、彼の生き様も垣間見ることができるような気がして、何度でも聞きたい。

普段はガラスケースの向こうでヨダレをたらしながら(?)見ているだけの茶碗に直に触れて、お茶室でお茶をいただいて、かつ楽さんのお話をきける、、、というのは理想的な茶碗鑑賞の方法に思えます。
それなりにリスクもあるでしょうが、楽さん、太っ腹。

う〜、、、やみつきになりそう。[E:happy02]


posted by しぇる at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年09月16日

住友コレクションの茶道具・住友春翠〜泉屋博古館

唯一お茶関係の洛中の美術館で未到だったのが、実は一番我が家から近い鹿ヶ谷の泉屋博古館でした。

住友家歴代、とりわけ住友春翠のコレクションがその多くをしめており、彼のコレクションのメインは中国古銅器なので、なんとなくスルーしてたんです。

でも、今季の展示が「茶道具」となれば行かねばなりますまい。

P1000226
さすが、住友さん、潤沢に土地を使って、広々と開放的なエントランスです。


春翠は清華家(摂関家に次ぐ公家の階級)、徳大寺家の生まれで、今の清風荘(西園寺公望の別邸で京大に寄付された)あたりにあった徳大寺家別邸で産声をあげたとか。

実兄が西園寺家に入った公望公。
春翠は住友家へ入り、家長として事業を発展させた実業家。

本名が友純さんで、これは「ともいと」さんと読みます。(いやあ、お公家はんらしいわぁ。)




P1000227

実は徳大寺家の(かなり)末裔の方を存じ上げていて(普通の人で普通に生活してはります)、春翠さんにもなんとなく親しみをおぼえてしまいます。(おそれおおくも)


彼の青銅器のコレクションは有名で、常設展でみることができますが、実は茶の湯にも造詣が深く、茶道具のコレクションもすばらしいのです。


父上の徳大寺公純(きんいと)さんは玄々斎に茶の湯を習っていたそうですし、春翠も当時の財閥数寄者と茶の湯を通じた深い交流があったのです。
その交流録には、近くの野村美術館の野村得庵や高橋箒庵、三井泰山などの財界の巨人の名前がずらずらと。

(今回、こちらの展示にいくと、野村美術館の割引券がもらえます。11月10日には野村の谷晃先生の講演会もこちらでおこなわれます)



P1000228



そういえば大阪市立美術館に隣接して公開されている慶沢園は春翠の別邸。(まだはいったことありません[E:bearing])
小川治兵衛の作庭で、長生庵と名付けられた茶室があり、ここで春翠は茶会を楽しんだそうです。
のちに住吉へ居を移すに際して、美術館建設を条件として、辺り一帯の茶臼山とこの慶沢園を大阪市に寄付しました。
太っ腹!

あの大阪市立美術館はそうやってできたのか。
しらなかったなあ、、、




P1000230

東山を借景とした広々とした中庭をはさんで、常設展示場と特別企画展示場が別れています。

春翠に興味をもって調べてみたら、いろいろおもしろかったので、肝心の展示物そっちのけで、つい彼のことばかりになってしまいました。

彼の茶道具コレクションは渋いです。ハイレベルです。
中国青銅器コレクションをしているだけに、唐物の名品がずらっとならびます。
高麗茶碗もすごいです。

へたに私の感想をのせるよりは、是非ご自分の目でご覧になったほうがいいです。

でもちょっといわせてもらうなら、、、、

*高麗小井戸茶碗「六地蔵」 高台だけでなく胴から腰にかけての梅花皮がすごい
*  同    「筑波山」 「六地蔵につぐ名品なり」の箱書付。枯れた感じがこれまたすごい
*紅葉呉器  これがいわゆる紅葉色の「紅葉呉器」かあ
*唐物鶴の子茶入「漱芳」 すごく小さくてかわいらしい茶入 つやつやしてなんだかおいしそう(?)
*砂張舟形釣花入「松本船」 おおぶりの舟花入 すごい貫禄 広間じゃないと似合わないかも
       村田珠光の弟子が所持していたものだそう
*古天明日の丸釜「時津風」 桃山時代の釜 釜肌にぽつぽつあいた虫食いが時代を感じさせてよいです

そのほか寒雉、与次郎、仁清、定家、伝西行、長谷川久蔵(等伯の夭折した息子)、松平不昧、片桐石州、、、ビッグネームが目白押し。


最後に春翠自ら削った茶杓が数本。
その姿は細く華奢でいかにもお公家さん風にやさしい。
茶杓には削った人の人柄がでるというし、写真を見ると細面のやさしそうなお顔。
実業家として辣腕をふるったので、やさしいばかりではなかったでしょうが、その人柄にふと思いをはせたのでありました。




P1000234
posted by しぇる at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

南禅寺御屋敷通で京料理〜熊魚菴

南禅寺御屋敷通、いつもの散歩道。

P1000220

野村碧雲荘の手前、細川家別邸のおとなりにある建物がずっと気になっていたんです。



P1000221

なんの表札も目印もない、なんとなくこぎれいな数寄屋だけれど、この建物は一体なに?

個人のお屋敷かとおもったけれど、板前さんの格好をした人がときどき出てはるので、なにやら謎の会員制割烹とか?
と、想像をたくましくしていたのですが、ひょんなことから情報がはいりまして、ここは(会員制ではない[E:coldsweats01])普通の会席料理のお店と判明。

P1000219

早速、偵察にいかなくては。

実はこちら熊魚菴(ゆうぎょあん)という、たん熊北店系列のお店だったのです。

エリアがエリアなので、看板も広告も出すこといっさい禁止なので、謎のお店になっていたもよう。
ここを見つけはった人はどうやって知ったのでしょう。
(洛中のホテルに支店があるらしいです)



P1000203

以前はおそらく古い建築物のお屋敷だったと思われるこちらに新たに建て直したそうですが、よい雰囲気の数寄屋の造りですね。
P1000206



カウンターは榧の一木造りのりっぱなもの。

P1000208

壁の染付の干支タイルはもしかして、、、と思ったらやっぱり村田 森さんのもの。


私の干支は〜、、、と、、、いやん、歳がばれるじゃん。ナイショ。



P1000202

重陽の節句の日にお邪魔したので、菊酒がでました。

料理は会席と書かれていますが、流れ的にはお茶事の懐石。
盃もちゃんと杯台ででたのですよ。


P1000205

菊の節句の向付。
ほんものの菊の演出がうれしいです。

これも器は村田 森さん。特注品とか。


P1000207

蒸し物はスッポンのお出汁の卵豆腐。
スッポンのお出汁は、鰹だしにくらべると淡泊で上品。
いかにも京料理らしいわ。(私は鰹出汁の濃いのがすきですが[E:coldsweats01])




P1000209

鯛の薄造りで手前の薬味を巻いて、ポン酢でいただく。んまい[E:lovely]
こんなに薄づくり、自分じゃとうていできません。
包丁のお手入れもさぞや大変だろうなと。


P1000210

焼き物はぐじ(甘鯛)の一塩焼。
骨をはずしながら、ほじほじして食べます。目の周りがおいしい、、らしいのですが、私はどうにも苦手。



P1000211

本日のメインディッシュ、松茸でフィレ肉を挟んであげたもの。
これ、最高!

今年お初の松茸をぜいたくな食べ方でいただきましたっ!

うどと大根の伽羅煮のつけあわせもおいしかったです。

淡泊な京料理の王道のなかで、これだけがパンチがきいて、コースの中でよいアクセントでした。

P1000212

蕪蒸し+菊菜+湯葉。
京料理のイメージてんこ盛り。
これもお出汁が鰹ではなかったと思います。
やっぱりスッポンかな?


P1000213

こちらは器もみせてくれます。
湯飲みなんですが、有田でしょうか、けっこう手が込んでいる。


P1000215

季節ぴったりの萩の蒸し物碗。(ほ、、ほしい、これ)


これはなんと鱧のそうめん巻き。
黄交趾の器でサーブされた香物とともにいただきます。
お茶漬け代わり、というか懐石で言うところの湯斗ですね。


P1000216

フルーツののるボンボニエールのような器。
すてき[E:lovely]
これもたん熊北店(本店とは別の店)の大将の特注品とか。

P1000217

〆にでてきたこの涼しげな錫のいれもの、なんだと思います?

(画像はありませんが)
正解は葛きり。
上の段が葛で下の段に黒蜜がはいっていました。
(鍵善さんのミニバージョンかな)

もうお腹いっぱいいただきました。

帰りはおそくなっても歩いて帰れる距離、そしてなによりあこがれの御屋敷通にある、というのがポイント高いわ。
ここは散歩コースとはいえ、夜にくることはまずありませんから、めすらしい夜景も楽しめました。

それにしても帰りの時間、このあたりは人っ子一人とおらないのよ。
そこがまたよいのですがね。(お一人様だとちょっと恐いかも〜)


<おまけ>

キタ〜ッ!!




P1040327

いよいよ山芍薬、実が開いてきましたよ。

キシャ〜ッ!!(怪物が口をあけているところを想像)

(こわ、、、、[E:coldsweats02])
posted by しぇる at 00:46| Comment(12) | TrackBack(0) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。