2012年09月30日

妙心寺・退蔵院〜仲秋の名月を愛でる観月茶会

えらい仲秋の名月になってしまいました。


P1000471

2日前は十三夜の月が「秋月揚明輝(陶淵明)」の様子でしたのにね。

P1000470

昨日は残念なことに月こそみえない小雨模様でしたが、台風が来る前でしたので、なんとかいってきました。

妙心寺の塔頭退蔵院の「仲秋の名月を愛でる観月茶会」。
まあ、観月、、、は当然ながら無理でしたけれどね。



P1000472


退蔵院は1404年開山、方丈は桃山時代の建物(重文)という歴史のある塔頭です。
年間を通じていろんな催しをされていて、この日は遠方からお越しの方も多いようで。



P1040388

その方丈の枯山水(狩野元信・作)を背景に、この黄色い丸い菊がお月様のかわり。

お寺の副住職さんのお話しをきいてから、お茶席の順番がくるまで三々五々、方丈のあちこちで待ちます。


P1000477

退蔵院で一番有名なのはこの紙本墨画淡彩瓢鮎図(ひょうねんず:ちなみに鮎はアユでなく、中国ではこれがナマズという字)・国宝。

もちろんレプリカ。
(本物は京都国立博物館に寄託されています。)

室町時代、水墨画の先駆者といわれる相国寺の僧、如拙の作といわれ、「ひょうたんでナマズを押さえる」という禅の公案を描いたもの。

どうやって小さい瓢箪の中にぬるぬるするナマズを入れることができるだろうか?
もちろん、公案ですから、そのままの解答はありません。

画面上半には、大岳周崇の序と玉畹梵芳など30人の禅僧による画賛、すなわち禅僧によるそれぞれの答えが書かれています。

よめないんですけれど、珍答、奇答もあるそうです。


かつてここで参禅した宮本武蔵はこの瓢鮎図がとても心に残ったようで、自分の刀の鍔に瓢箪・鯰をデザインしたものが残っているとか。

P1000481

これは「袴腰の門」といわれる門ですが、写真では見えないですね[E:coldsweats01]
本当は袴の後ろみたいに破風が直線的な台形をしているのですが。


それにしても、お寺の夜の風景、、、って好きだなあ。



P1000484

茶会は広間でおこなわれましたが、出てきたお菓子はこちらの名物(?)鯰まんじゅう。

懐紙にもナマズ!

結構なお点前にて、お茶を一服頂戴す。

足がしびれたらしく「自分の趣味にヒトをまきこむな!」と同伴した帰省中の息子に文句言われつつ。[E:coldsweats01]


さて、おしまいの後、「この広間のどこかに隠し茶室があるのですが、どこかわかりますか?」との半東さんの問い。

みたところどこにもそれらしき物は、、、、

と思っているとなんと床の間のすぐ横の壁がするすると開いて、なかになんと水屋と二畳台目の小間の茶室(「囲いの席」)が[E:coldsweats02]

参禅を第一主義とする妙心寺では、茶の道が修行の妨げになると禁じた時代があったところ、茶の湯に執心のあまり、第六世千山和尚が密かに作ったのだそうです。

それだけ茶の湯はかつて魅力があったのですね。



P1000482

お茶をいただいたあとはお楽しみの懐石を。(会席か?)

おいしかったですよ。



P1000487


途中でなんと、琴と尺八の生演奏も。


琴もよいですね。

普段はオーボエふいたり西洋クラシックファンのダンナですが、リタイヤ後は三味線をやろうかと言っておるのです。
三味線は指を痛めそうだし、琴もいいかも[E:coldsweats01]なんて言っておりました。




P1040391

昭和の名庭、余香苑の夜の風情を楽しみつつ会はおひらきになりました。

まあ、名月はほんとうに残念でしたけれど。
posted by しぇる at 19:01| Comment(18) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

富田林・寺内町(じないまち)〜江戸時代の町へGo!

先日の峯風庵さんのある富田林・寺内町は奈良・橿原市の今井町とともに重要伝統的建造物群保存地区に指定されたエリア。

P1000342

今井町よりは狭いものの、その街並みはまけていません。

P1000345

古くは17世紀、江戸初頭からの建物もあるそうですが、今井町と同じく、皆さん、現在でも住んでおられるお家がほとんど。
生きた江戸の街並みなのです。


P1000343

歩いてぐるっとまわって小1時間、タイムスリップした気分で気の向くままに歩くのがおすすめ。

こちらのお家の前の「水」槽は防火用でしょう。
時代劇によくでてくる桶を山積みにしているアレです。

標識の「城之門筋」は町の中央を南北に通る道ですが、建設省の日本の道100選に選ばれています。


P1000337

寺内町の起源はなんと室町時代にもさかのぼるんです。

西本願寺派興正寺の僧・証秀が、1560年に、このあたりの荒芝地を百貫文で購入し、地元の村の協力も得て、芝地の開発、興正寺別院の建立、畑・屋敷・町割等を行い、富田林と名を改めたことに始まるといいます。
P1000353


寺を中心に建設された町=寺内町。





P1000352

右手の立派な建物がその興正寺別院です。



P1000413

寺内町はそのころから町民の自治を行っていたのですが、当時の支配者、本願寺を敵とみなす織田信長とも、本願寺派でありながらうまく折り合って「寺内之儀、不可有別条(じないのぎ、べつじょうあるべからず)」との書状を得ることに成功。



P1000402

今井町が信長と戦って舌を巻かせて自治を勝ち取ったのもすごいですが、正面からぶつからず、したたかに戦略的に自治をかちとった寺内町もすごい。(今の日本の政治家はこれに学んでほしいわ)






P1000350

ではちょっと、建物の意匠ウオッチングを。



P1000351

この複雑な瓦の重層。
一番上は煙出し。

鍾馗さん?もいてはるよね。

P1000449

こちらの瓦も手が込んでいます。

P1000369

お蔵の窓の意匠も手を抜いていませんね。

P1000370

玄関のファサード。
この板はいったい何のため??



P1000364_2

格子の向こうにオリジナルの瓦を飾るお家。
なぐりの格子、出格子、二階の格子、、、、縦の線がとってもリズミカル。



P1000401

モチーフが今井町ではシンボルになっていた駒繋ぎの輪。


P1000411

こちらにも。


P1000409

こちらの全景はこんな感じで、ここは仲村家。
酒造業を営み、幕末期には吉田松陰が20数日滞在したそうですよ。
18世紀後半(1782年~1783年)の築造だそうな。



P1000362

こちらの格子も京都のはんなり格子とちょっと趣が違いますね。


P1000404

こちらは木綿業をいとなんでいた木口家。

京都のばったり床机によく似た跳ね上げ式の板は、商品をならべていた「あげ店」とよばれるもの。


P1000358

掲示板も街並みの雰囲気を壊さぬように。

寺内町ではたくさんのイベントが住民主催でよくおこなわれているようです。

10月13日には後の雛祭りなんて魅力的なイベントも[E:lovely]



P1000338


古い家を、ギャラリーや陶芸教室、カフェ、花屋さんなどに利用しているところもあって、これを見て歩くのも楽しいですよ。

こちらはおいしい、と評判のパン屋さんですが、峯風庵さんからの帰りに寄ったときにはもう売り切れ閉店でした[E:wobbly]

最後に今井町で言えば今西家にあたる、寺内町開闢以来の町の重鎮であった旧杉山家住宅のご紹介。




P1000414

杉山家は江戸時代から明治時代にかけて、この住宅で造り酒屋を営んでおり、江戸時代中期17世紀中頃の建造。
寺内町の中でももっとも古い建築物とされていて、また現存する町家の中でも最古と考えられているそうです。
(重要文化財)

現在では富田林市が買い取り、解体修理工事ののちに一般公開されるようになりました。


P1000418

堂々たる土間です。
P1000417

その一画にはおくどさんが。



P1000424

ここは二条城の座敷?
かと思うくらいのりっぱな大床の間。


P1000425

奥座敷にめんする庭も風情があり、小間の茶室もちゃんとあります。



P1000430

この杉山家、与謝野晶子らとともに活躍した明星派の歌人・石上露子の生家なんだそうですよ。


P1000436

ちょっと住んでみたい。
(掃除はしたくないけれど)



P1000432

庭には見事な萩の垣根。


P1000437

よき秋の1日でした。
posted by しぇる at 23:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 奈良さんぽ | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

峯風庵で懐石料理教室〜富田林じない町

こちらは天王寺から近鉄で25分、富田林の駅をおりて歩けばすぐにタイムスリップできるじない(寺内)町

P1000341
奈良・橿原市の江戸の町今井町には規模的に少しおくれるものの、こちらもなかなかすばらしい街並みが残っています。

こんな楽しい♪町のご紹介はまた後日、今回はこのじない町にある築140年以上の町家で、茶事・茶会のサロンである峯風庵さんへ、茶懐石料理教室のおはなしを。

P1000365

庵主さんは、茶道を探求し、人間力開発プログラムとしての茶道の普及に努めることをライフワークとしている、と言い切られる方。
お茶への思いのその強さ、深さに圧倒されます。

じない町のみならず、千里や塚口などにもでかけて茶事、茶会、懐石料理教室などをされるなど、すごいバイタリティをもつ魅力的な方なんです。

実は昨年末、某所にて初めてお目にかかりまして、お話しをうかがい、「懐石料理教室、是非いきます!」、、、と言ったものの、ここまでくるのに4分の3年もかかっちゃった。


P1000372

じない町の古い街並みをすぎてたどりついた峯風庵と庵主さんは、見てすぐに入居を決めたという運命的なめぐりあいだったとか。


P1000374

こちらはメインのお茶室。
囲炉裏の炉に、江戸時代の古い屋敷の重厚な表戸を天板にしたテーブル。
正座しなくてよい、足にやさしい茶室です。



P1000380

こんな垂涎の階段箪笥もあるんですよ〜[E:lovely]


P1000398

欄間も江戸時代のもの?

漆喰の壁も江戸時代からの生活の空気を吸ってくすんでいます。渋い!



P1000396

坪庭もあって、厠は本来戸外だったもよう。
トイレは設備もとってもレトロでした。


さてさて、本日の懐石の献立は、少し季節を早めにさきどりした10月、名残の茶事の懐石です。

最初に庵主さんから簡単な献立の説明を聞いてすぐに実習。

細かい役割分担を決めてはいないのに、自分から用事をみつけては、さっさとてきぱきと、ぶつかることなく7名がスムーズに動く様は、さすがにみなさん、ベテランのお茶人さん!と感動いたしました。





P1000375

私と言えば、一応主婦歴も長いので、まあ、それなにり料理はできますが、実は基本的な事がわかっていなかったことに気づいたりして、、、、
人生死ぬまで勉強ですわ。
でも、小器用なので[E:coldsweats01]、悪目立ちせず、さりげに無難にがんばったかしら。


P1000378

庵主さんは、主菓子も含め10種類の献立同時進行を、あっちへいって指導、こっちへきて注意、、、とこれぞ八面六臂。
どこにあんな体力気力バイタリティがあるのでしょう[E:coldsweats02]







P1000379
これは実際の茶事・懐石の配膳に便利そうな棚。

こういうのがあれば、空間を上手に使えそうですね。


約1時間半、さあ!ついに完成!


ではご紹介しましょう。
ヨダレをたらしながら見てください[E:happy02]

P1000385


飯・汁(さつま芋)・向付。

向付はしめ鯖のおろし和え。おろしは葡萄の粗みじん、わさびなどで味付け

普通茶懐石に、背の青い魚は使わないのですが、名残の時期に限って格を落とす、という意味で使われ、和え物にすることが多いのだそうです。

葡萄の粗みじんがほんのり甘さをそえて、こんな意外な組み合わせもあるのね、と感心。

この写真ではわかりませんが、今回向付の器はお客さんごとに違うものをばらばらに使っています。
本来向付器は同じ物を使うのですが、名残の季節ということで、あえてわびたものをかき集めました、という風情で。

この名残の季節はやつれ風炉や、藁灰など一番侘びた物が使われる季節ですので、私の例の自分で(ぶさいくに)金繕いをした茶碗も、だせるかな〜、、、っと[E:coldsweats01]

汁は白味噌多目の赤味噌少々。
寒くなるにつれて白味噌は多目に、逆に夏場は赤味噌、八丁味噌など。






P1000386

煮物碗。

菊花豆腐。
中に(私がみじん切りにした)海老が入っています。
お出汁は素材を生かすため、ごく薄め。

飾りの三度豆、縦に半分に切ってあります。
こんな切り方、いままでしたことがありません。
一手間でこんなに美しくなるのね。

それから画像が行方不明、、、の焼物は戻り鰹の雉焼。

名残の季節はやはり戻り鰹。
(春は登り鰹)



P1000387

強肴(しいざかな)

昆布巻き・さつま芋・三度豆。
彩りよく。

強肴のコンセプトは、本来材料の余り物を使うこと。
あまり豪華な強肴はお腹にもたれて、お茶を飲めなくなってしまいます。
(時々そういうのをみかけますが)

昆布巻きはコンニャク、ゴボウ、干し椎茸入り。
実は私、初めて昆布巻きを巻き巻きしましたの。
あれは買うものだと思っていたので。
でも、意外と簡単なのにはびっくり。

炊くのに少し時間がかかるけれど。





P1000388

小吸い物は茗荷の細切り。
茗荷の上手な皮のむき方をおしえていただく。

ちなみに小吸い物椀は出張中(?)とのことで、小さい椀を使っています。


P1000389

八寸。

秋刀魚の甘露煮芥子まぶし・松茸

普通八寸は杉の木地を使いますが、名残の頃にはそれももう古くなりました、ということで陶器などを使うそうです。


市販の甘露煮は味も濃く、べたべたして八寸にこびりつきますが、これを煮立てた酒にさっとくぐらすと、あら不思議!
べたべたはとれて、味も上品になるんです。
目からウロコのテクニック!

これは試してみよう。


香の物の切れ目、隠し包丁の入れ方も学習。

最後にこれが最高においしかった栗きんとん。



P1000392

主菓子です。

栗と白餡を火練りしたもので、こんなに美味しい物が自分でつくれるなんて、、、[E:lovely]



P1000393

茶事の流れに沿って、亭主側と客側に別れていただきました。
もちろん、千鳥の盃もいたしましたよ。


飯後の茶事がいまのところ私のせいいっぱいですが、教えてもらいながらでもいったん自分でやってみると、手作り懐石の敷居が下がったような気がします。
これはこれでまた楽しい世界がひろがっています。

しかし、実際に自分で懐石を作るとなると、一体何人水屋のお手伝い、しかも料理がある程度できる人、をたのまないといけないのでしょう。
一人や二人ではちょっと無理なような気がします。
やっぱりまだ遠い道のりかな。


それにしても、御指導くださった庵主さんのお茶への見識、情熱はすばらしい。
教えていただくことがまだまだたくさんありそうです。
毎月は無理としても、また行きたい。

それに、、、


P1000382

うふふ、、、、

P1000394

庵主さんも大の猫好きでいらっしゃる!!

こちら先代の猫の後を継いだまだ1歳にならない、いちごちゃん。

当方、猫を見たらヨダレがたれるので、、、、[E:lovely]いや〜ん、らぶり〜[E:heart01]
posted by しぇる at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。