2012年08月31日

飯後の茶事にむけて

飯後の茶事とは文字通り、ご飯を食べてからのご案内の茶事のこと。

正午の茶事に懐石がでるのに対して、お菓子と濃茶+薄茶のお茶がメインになります。

P1040246

なので「菓子の茶事」とも。

なかでも宗旦が好んだといわれます。

当時、宗旦は罪人(=利休)の孫でありました。
また時の政権に近づきすぎて命を落とすことになった祖父を間近にみていたために、大名に仕えることをかたくなに拒んだので、たいへん経済的に困窮していたといわれます。


P1040254
正餐をだすことができなかったかわりに、あくまでお茶をメインにした菓子の茶事をこのみ、それがひいては侘びの茶事とよぶにふさわしいものになったようです。

聞くところによると淡々斎(裏千家先々代、久松真一の心茶会設立に力をかした)も、客人がくると簡単な酒肴を用意して菓子の茶事をよくしたとか。



その形は融通無碍で、濃茶+薄茶意外ににはこれといった決まりがないようです。

基本は吸い物+向付、八寸+千鳥の盃、炭手前、主菓子、中立後は濃茶+続き薄。

懐石類を一切省略も可だし、中立なしでもよいし。


P1040253

ふいのお客さまでも、これならそれほどの手間をかけずに、それなりにフォーマルにお茶をだしておもてなしできそう。

私は正午の茶事も好きなんですが(あ、もちろんよばれるほうね)いつも美味しい懐石をたくさんいただいて、お酒もきこしめして、そのあと緊張感を持続するのがむつかしいと思っているのです。


せっかくの、主たるお茶の味がよくわからないようになる気がするんです。

やはり茶事はおいしい濃茶をゆっくり味わいたい。

それには飯後の茶事はうってつけかもしれません。
正座時間も短くてすみますしね。


もちろん、あくまで基本は正午の茶事ですし、経験豊かなご亭主、ご客人にはたいへんなことでもないのでしょうが。

さて、その飯後の茶事を計画しまして準備中。

道具組を少ない手持ちの道具であれこれ考えるのも楽しいし、お菓子をあれこれ選ぶのも楽しいし、、、


でも、、、
なにがたいへんって露地の掃除が一番たいへん。
しかもこの炎天下!







P1000071

庭仕事のユニフォーム。
虫さされ防止に長袖のトレーナーに長ズボン。

汗をぼとぼと落としながらの落ち葉拾い、雑草取りは、、、これはなにかのバツゲームかしら。[E:shock]






P1040245

蹲居回りお掃除セット。

大学のころ、心茶会ではお茶のクラブという名目でありながらその実、坐禅とお掃除クラブで、とくにお掃除にはそればっかりしていた、という記憶があります。

しかし、禅宗でいうところの作務は重要な修行であり、その作務の第1が掃除であるわけで、これも修行、修行と唱えながらしていると、なんだかいやがる気持ちが半減するような気がします。


P1040247

バケツにくんだ水はみるみるうちに熱湯と化す、灼熱の露地掃除でありました。

さて、準備は、、、OK!、、、といいきれないところがすなわち今の自分の修養段階なんです。

でも、茶事は準備も楽しい!



P1040243_2

露地で暑さと格闘したその夜には、そこだけ涼しげな満月。
うちの居間の天井近くの窓は南向きなので、満月が空をわたってゆくのが座りながら眺められますの[E:happy01]


posted by しぇる at 22:22| Comment(10) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。