2012年07月27日

京静華にてISO乙女会

ISOJIの乙女が集うISO乙女会。(いくつになっても心意気は乙女なのよ)

前回は桜の終盤の頃でしたので、久々の集まり、7名のフルメンバーでした。

P1020593

今回は予約が取りにくいといわれる岡崎疏水べり京静華さんに、うまいこと予約が取れたので、こちらで開催。

一度行かれた方ならおわかりかもしれませんが、ちょっと場所がわかりにくい。
なのでお迷いになられた方が多数、、、[E:coldsweats01]

P1020594

一番奥の個室を占領。
シンプルですが、センスのよい空間です。
ちょうど祇園祭のさなかなので、この赤いボトルの花器かな?と思いました。(←頭が祇園祭モードだった)
(赤いのが鉾の網かくし、葉っぱの枝が真木の榊に見えません?)


京静華さんのお料理はシノワヌーベルとでもいいましょうか、中華なのにいままでの中華のイメージをかるく裏切ってくれます。
そのいくつかをご紹介。
(全部ではありません。なので写真以外にもたっぷりでてきましたのよ)


P1020596

涼しげなアンティパストはなんとゴーヤのゼリー。
ほろ苦がさわやか。



P1020597

ええ〜っと、、、おいしかったのは記憶にあるんですが、このあたりから食材がなんだったかの記憶がないので、例によってくわしいことはぽん様に丸投げ〜、、、[E:coldsweats01]


画像のみ楽しんで下さいませ。


P1020598

揚げ餃子のようなもの。
アツアツを手でつまんでいただけるようにセロファン付なのがうれしい。


P1020600

彩り野菜が目にも胃にもやさしい、、、けれどその下に砂肝!
数人がこれをきいてグゲゲゲ、、、となったのですが、これまたおいしくいただけるではありませんか。
そういえば、前に来たときにも苦手なフォアグラが、ここれは食べられましたっけ。


P1020603

冬瓜の滋養たっぷりスープ。
冬瓜は大好き。

P1020604

メインはなんとスペアリブを煮て、さらに揚げてあるもの。
このほろほろととけるようなお肉は初体験[E:lovely]

P1020606

お口直しにでてくる定番の大好評ピクルス。
これだけでもご飯いくらでもいけそうよ。
このビン全部食べて、おかわりするお客さんもおられるとか。


P1020607

デザートの杏仁豆腐はこのワインクーラーみたいなのにたっぷりはいっているので、いくらでもおかわりできます。
まあ、その前にお腹のキャパのほうが限界なんですけどね。

(kiremimi様のすてきな朝顔の帯がちらっと)

P1020609

最後は目にも楽しいフルーツティーで。
ポットを温めているので、時間とともに味や香りがかわっていくのも楽しめます。


P1020610

ドルチェもかわいいでしょ?
つい別腹で。
ちなみに、アーモンドがのっているのが、きほどの杏仁豆腐を作った後の杏仁の殻を粉にして焼いた定番のお菓子。


数年前まで浜松にあったお店で、京都に移転されるにあたり多くの浜松のファンを泣かせたという話も、むべなるかな。
お髭のオーナーシェフ、すてきなマダムのサービスもうっとりですよ。


さて、おしゃべりの方は、、、
まあ、言うだけ野暮でしょうねえ。
結局また閉店間際までの最後の客になったことはいうまでもありません。[E:bleah]

ぽん様、花咲おばさん様・夢風庵様・みゅう様・凡蔵母さん様・kiremimi様、ありがとうございました。

また次のミーティングを励みに、日々がんばります〜!


posted by しぇる at 21:06| Comment(14) | TrackBack(1) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。