2012年07月22日

なつかしの楽友会館にてお茶談義

P1020569
朝顔があちこちのお宅で楽しめる季節になりました。
お子たちはもう夏休みなんですね。

さて、こちらは京都大学楽友会館

P1020570

学生の頃からこのクラシックな建物がとても好きで、なんといってもこの屋根のカーブとそれを支えるフォークのような柱が泣かせるなあと思っていました。


P1020572


この楽友会館は、大正14年に京都大学創立25周年を記念して、当時京都大学工学部建築科助教授だった森田慶一氏(武田五一に招聘された)が設計して建てられた施設。

スパニッシュミッション(伝道院)形式というらしく、赤銅色の瓦屋根とクリーム色の壁が特徴とか。
かのヴォーリズ設計の関西学院大、神戸女学院大もこの形式。

P1020573

エントランス手前の壁。


P1020574

同じく。

ここは昔から、学生でも利用できる値段設定のレトロなレストランがあって、よく利用しました。
(なにしろ子供が小さかったときは徒歩2〜3分のところに住んでいたので)

二階の会議室もミーティングで利用したこともあります。

ところが数年前、前面改築、ということで一時閉館になっていたのです。

2年前リニューアルオープンして、どんなにかわったのだろうと思いつつなかなか行けなかったのですが、今回水無月茶事でご亭主をされた暁庵様はじめ御連客の方々とランチでお茶談義、という設定でこちらをアレンジさせていただきました。


P1020584

エントランスの雰囲気、掲示板の感じ、う〜ん、昔とそっくりそのままだわ。


P1020585

2階への階段。
この色つきガラス、ずいぶんきれになったわね。
昔は煤けて何色かわからんかったような、、、


P1020586

階段からエントランスを見下ろしたところ。


P1020577

さて、そのなつかしいレストラン!
まあ!
この看板、かわってないわ〜![E:lovely]これこれ。
(鉄板に穴をあけて、喫茶食堂の文字を形作っている)

おそらくは看板自体は新しくなったのだと思いますが、昔の復刻版にされたのでしょう。





P1020578

中の雰囲気もかつてとほぼ同じです。
私の記憶では昔は各テーブルに白い布のクロスがかけてあったんですが。

学生の頃ここでいただいたなじみのメニューは、Aランチ、ちょっと贅沢なBランチ、それにそれだけで一食分になるくらいボリューム満点のミックスサラダ。

P1020579

日替わりランチがまさしくBランチだわ!

海老フライとハンバーグ、こういう若向きの食事はほんとに久しぶり。


P1020581

ミックスサラダも復刻版。
よくローストビーフのきれっぱしが入っていてうれしかったっけ。
これで580円はやはりお値打ち。

お昼時でしたので、レストランはあっというまに一杯。
主に大学関係者、教職員、研究員のかたたちでしょう。
なんとなく漏れ聞く話題もアカデミック。

かくいうわれわれは茶の湯のアカデミズムについて、、、、???[E:coldsweats01]

食後のコーヒーがおわって、他のお客さんがいなくなってしまったのでやっとレストランは退散したのですが、、、
外はすごい雨、ひとけのないレストランお向かいの会議室にちょっと雨宿りのつもりが、なんと!
結局解散したときには都合5時間もそこでしゃべりつづけていた計算に。






P1020576

この会議室にはいままで入ったことがありませんでした。
ここの一画を閉館になるまで占領していたんですねえ。


茶歴も社中もそれぞれ違って、先日の茶事がほとんど初対面だったのに、こと茶の湯を話題にするとそれぞれの思いがあふれ出してとまらない、そんな感じです。

P1020583

ここまでお茶に対して深い思いを抱いておられる方々には、普段の日常生活ではなかなかお目にかかることはできません。
まだ生活の主軸が仕事にある私は(←いいわけですが)、お茶への思いが浅いなあ、、と思い知らされます。

日ごろのお茶のお稽古で、いまさら聞けない、と思うようなこまかいことや、普通こう教えられるけれどこうした方がきれい、ということなど、目からウロコのこともたくさん聞くことができ、勉強もさせていただきました。

いままではお点前の手順をおぼえるのにせいいっぱいでしたが、これからは美しいなと思われるような所作を探求しようと思った次第。



そして京都にきてから、有り難い茶の湯人脈が少しずつ広がって行っているのがうれしい。
おつきあいくだる方々に感謝です。






P1020591

帰り道で、こんな大きな葉っぱを発見。
芙蓉?

葉蓋用の葉っぱにはいつも苦労するのですが、これは少し大きすぎますね。
でもここまで大きいとお見事。


   意は剛く 情は深く 知は密に 厳しく鍛え 人はおおらか  (久松真一) 


人はおおらか、というところが好きです。
このおおらかな?葉っぱを見てこの言葉を思い出しました。


posted by しぇる at 20:00| Comment(16) | TrackBack(1) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。