2012年07月27日

京静華にてISO乙女会

ISOJIの乙女が集うISO乙女会。(いくつになっても心意気は乙女なのよ)

前回は桜の終盤の頃でしたので、久々の集まり、7名のフルメンバーでした。

P1020593

今回は予約が取りにくいといわれる岡崎疏水べり京静華さんに、うまいこと予約が取れたので、こちらで開催。

一度行かれた方ならおわかりかもしれませんが、ちょっと場所がわかりにくい。
なのでお迷いになられた方が多数、、、[E:coldsweats01]

P1020594

一番奥の個室を占領。
シンプルですが、センスのよい空間です。
ちょうど祇園祭のさなかなので、この赤いボトルの花器かな?と思いました。(←頭が祇園祭モードだった)
(赤いのが鉾の網かくし、葉っぱの枝が真木の榊に見えません?)


京静華さんのお料理はシノワヌーベルとでもいいましょうか、中華なのにいままでの中華のイメージをかるく裏切ってくれます。
そのいくつかをご紹介。
(全部ではありません。なので写真以外にもたっぷりでてきましたのよ)


P1020596

涼しげなアンティパストはなんとゴーヤのゼリー。
ほろ苦がさわやか。



P1020597

ええ〜っと、、、おいしかったのは記憶にあるんですが、このあたりから食材がなんだったかの記憶がないので、例によってくわしいことはぽん様に丸投げ〜、、、[E:coldsweats01]


画像のみ楽しんで下さいませ。


P1020598

揚げ餃子のようなもの。
アツアツを手でつまんでいただけるようにセロファン付なのがうれしい。


P1020600

彩り野菜が目にも胃にもやさしい、、、けれどその下に砂肝!
数人がこれをきいてグゲゲゲ、、、となったのですが、これまたおいしくいただけるではありませんか。
そういえば、前に来たときにも苦手なフォアグラが、ここれは食べられましたっけ。


P1020603

冬瓜の滋養たっぷりスープ。
冬瓜は大好き。

P1020604

メインはなんとスペアリブを煮て、さらに揚げてあるもの。
このほろほろととけるようなお肉は初体験[E:lovely]

P1020606

お口直しにでてくる定番の大好評ピクルス。
これだけでもご飯いくらでもいけそうよ。
このビン全部食べて、おかわりするお客さんもおられるとか。


P1020607

デザートの杏仁豆腐はこのワインクーラーみたいなのにたっぷりはいっているので、いくらでもおかわりできます。
まあ、その前にお腹のキャパのほうが限界なんですけどね。

(kiremimi様のすてきな朝顔の帯がちらっと)

P1020609

最後は目にも楽しいフルーツティーで。
ポットを温めているので、時間とともに味や香りがかわっていくのも楽しめます。


P1020610

ドルチェもかわいいでしょ?
つい別腹で。
ちなみに、アーモンドがのっているのが、きほどの杏仁豆腐を作った後の杏仁の殻を粉にして焼いた定番のお菓子。


数年前まで浜松にあったお店で、京都に移転されるにあたり多くの浜松のファンを泣かせたという話も、むべなるかな。
お髭のオーナーシェフ、すてきなマダムのサービスもうっとりですよ。


さて、おしゃべりの方は、、、
まあ、言うだけ野暮でしょうねえ。
結局また閉店間際までの最後の客になったことはいうまでもありません。[E:bleah]

ぽん様、花咲おばさん様・夢風庵様・みゅう様・凡蔵母さん様・kiremimi様、ありがとうございました。

また次のミーティングを励みに、日々がんばります〜!


posted by しぇる at 21:06| Comment(14) | TrackBack(1) | 京のグルメ | 更新情報をチェックする

2012年07月25日

還幸祭〜祇園祭2012

(山鉾巡行で祇園祭が終わったと思っちゃいけませんぜ。まだまだ31日まできっちり続きます)

P1020567

四条通りの御旅所に、この1週間鎮座された神輿にうつった八坂神社の神様たち。

いよいよ今日おかえりです。

この日の朝にはきれいどころの花傘巡行も行われたのですがね、まあ平日ですので、残念ながら、、、


P1040003
よって夜、仕事帰りに祇園四条駅でおりると、ちょうどええぐあいに向こうから清々講社(祇園祭を経済的に支える募金組織)と神官達の行列がこられるところ。
P1040007

さて、いよいよ三基の神輿を先導する久世綾戸国中神社・駒形稚児さんの登場です。

P1040009

久世駒形稚児は、稚児の中では唯一、馬に乗ったまま八坂神社の境内に入ることが許されている神様そのもの。


P1040014

昨年も拝見しましたが、ほんまにりりしいわあ。[E:lovely]
胸に御神体の「駒形」と呼ばれる馬の頭の彫刻を身につけてはります。



P1040018

この行列が八坂神社の方へ向かうのを見送って、ちょっと先回りして祗園石段下へ。



P1040019

おお〜!
すでにこんなに待っている人が。
それでも宵山なんかよりはずいぶんましで、意外と一番前の場所をゲットしやすいです。



P1040026

9時少しすぎ、三若の先導方とおぼしきお兄ちゃんたちがわらわらと石段下へ。
鉢巻きには榊の枝。



P1040035

来ました来ました。
夕方5時に御旅所を出立し、主に鴨川西の氏子地域をまわった神輿がおかえりです。

まずは先頭をきって中御座(三若神輿会)。



P1040047

石段下で差し上げ差し回し。

ホイトホイト!
まわせ〜、まわせ〜♪



中後座が南門へ向かったのを見送って今度は石段にこしかけて東御座(四若神輿会)を待ちます。

P1040057

来ました。
四条通りから東御座。


P1040060


東御座さんの差し上げ、差し回し。

P1040069
P1040073

輿丁のなかに自分の父親や夫を見つけようとしているご家族の姿もちらほら。

最後の西御座(錦神輿会)が来るのが遅れて少し待ちましたが、この間にストップをくらっていた市バスがなんと10台ぐらいだんごで通り過ぎた!

これだけのバスを止めても文句をいわれない祭は祇園祭だけよ。(たぶん)




P1040076

やっと錦の西御座登場。

今度は石段の真ん前で、輿丁さんたちとぶつからんばかりの距離で。


P1040082
P1040088

差し上げ、差し回しもどアップでみるとさらに迫力満点。


P1040090

うわ〜、暑苦しい熱いおぢさんたちが目の前を通り過ぎていく〜。


錦が南門に向かった後は本殿前へ。

P1040095

このころにはもう中御座は舞殿に据えられたあとのようで、仕事を完了した三若さんたちが、神社拝領とおぼしき厄除け茅を分け合っていました。(31日の疫神社の茅輪くぐりでももらえるよ)

ご指摘がありまして、訂正いたします。
これ、茅ではなくて、稲だったんです。しかも神輿の屋根に渡御のあいだくくりつけられていた物なんですって!

<参考>三条会商店街のHPより
神輿渡御の際、屋根に稲を飾っています。これは、熱冷ましの薬効や縁起物として神輿渡御後、輿丁の方や一般の方々にお分けしていますが、この稲は、古くは近江の篠原村から送られていました。しかし、戦後の混乱期に途絶えたため、一時期、三若関係者の田圃より奉納されていましたが、現在では、丹波下山の八坂神社ご分社である「尾長八坂神社」の神田より取れる稲を奉納して頂いています。毎年、五月の最終日曜日には、「御田祭(おんたさい)」お田植え神事)が行なわれます。(「御田祭」で育った稲穂が祇園祭の神輿に奉納されます)


P1040099

本殿前では、中御座は舞殿に、ちょうど東御座が舞殿のまわりをまわって差し上げ差し回しをしている最中。


P1040101

長い距離を歩いてへとへとのはずですが、最後の力をふりしぼって差し上げをする輿丁さん。
思わずホイットホイットのかけ声に手拍子がおこります。



P1040106

いよいよ東御座も舞殿におさめられるので、大勢の男達がかついでいた担ぎ棒がはずされます。
こんなに長かったのね。


P1040107

舞殿の東側にご帰還。
ちなみに西側に置かれていた中御座はこのあと真ん中に移動され、西御座の場所をあけます。



P1040113

最後に西御座が境内にはいってきたところで帰途につきました。

ほんとうはこのあと、真夜中におこなわれる御霊遷(みたまうつし;神輿から神様を本殿におかえしする)も見たかったのですがね。
明日もはよから出勤せにゃならぬ。[E:weep]

これは2年前からの懸案なんですが、次の日を気にしなくてもよい曜日めぐりの日に、是非最後までと、かたく誓ったのでありました。
posted by しぇる at 01:23| Comment(14) | TrackBack(0) | 祇園祭2012 | 更新情報をチェックする

2012年07月22日

なつかしの楽友会館にてお茶談義

P1020569
朝顔があちこちのお宅で楽しめる季節になりました。
お子たちはもう夏休みなんですね。

さて、こちらは京都大学楽友会館

P1020570

学生の頃からこのクラシックな建物がとても好きで、なんといってもこの屋根のカーブとそれを支えるフォークのような柱が泣かせるなあと思っていました。


P1020572


この楽友会館は、大正14年に京都大学創立25周年を記念して、当時京都大学工学部建築科助教授だった森田慶一氏(武田五一に招聘された)が設計して建てられた施設。

スパニッシュミッション(伝道院)形式というらしく、赤銅色の瓦屋根とクリーム色の壁が特徴とか。
かのヴォーリズ設計の関西学院大、神戸女学院大もこの形式。

P1020573

エントランス手前の壁。


P1020574

同じく。

ここは昔から、学生でも利用できる値段設定のレトロなレストランがあって、よく利用しました。
(なにしろ子供が小さかったときは徒歩2〜3分のところに住んでいたので)

二階の会議室もミーティングで利用したこともあります。

ところが数年前、前面改築、ということで一時閉館になっていたのです。

2年前リニューアルオープンして、どんなにかわったのだろうと思いつつなかなか行けなかったのですが、今回水無月茶事でご亭主をされた暁庵様はじめ御連客の方々とランチでお茶談義、という設定でこちらをアレンジさせていただきました。


P1020584

エントランスの雰囲気、掲示板の感じ、う〜ん、昔とそっくりそのままだわ。


P1020585

2階への階段。
この色つきガラス、ずいぶんきれになったわね。
昔は煤けて何色かわからんかったような、、、


P1020586

階段からエントランスを見下ろしたところ。


P1020577

さて、そのなつかしいレストラン!
まあ!
この看板、かわってないわ〜![E:lovely]これこれ。
(鉄板に穴をあけて、喫茶食堂の文字を形作っている)

おそらくは看板自体は新しくなったのだと思いますが、昔の復刻版にされたのでしょう。





P1020578

中の雰囲気もかつてとほぼ同じです。
私の記憶では昔は各テーブルに白い布のクロスがかけてあったんですが。

学生の頃ここでいただいたなじみのメニューは、Aランチ、ちょっと贅沢なBランチ、それにそれだけで一食分になるくらいボリューム満点のミックスサラダ。

P1020579

日替わりランチがまさしくBランチだわ!

海老フライとハンバーグ、こういう若向きの食事はほんとに久しぶり。


P1020581

ミックスサラダも復刻版。
よくローストビーフのきれっぱしが入っていてうれしかったっけ。
これで580円はやはりお値打ち。

お昼時でしたので、レストランはあっというまに一杯。
主に大学関係者、教職員、研究員のかたたちでしょう。
なんとなく漏れ聞く話題もアカデミック。

かくいうわれわれは茶の湯のアカデミズムについて、、、、???[E:coldsweats01]

食後のコーヒーがおわって、他のお客さんがいなくなってしまったのでやっとレストランは退散したのですが、、、
外はすごい雨、ひとけのないレストランお向かいの会議室にちょっと雨宿りのつもりが、なんと!
結局解散したときには都合5時間もそこでしゃべりつづけていた計算に。






P1020576

この会議室にはいままで入ったことがありませんでした。
ここの一画を閉館になるまで占領していたんですねえ。


茶歴も社中もそれぞれ違って、先日の茶事がほとんど初対面だったのに、こと茶の湯を話題にするとそれぞれの思いがあふれ出してとまらない、そんな感じです。

P1020583

ここまでお茶に対して深い思いを抱いておられる方々には、普段の日常生活ではなかなかお目にかかることはできません。
まだ生活の主軸が仕事にある私は(←いいわけですが)、お茶への思いが浅いなあ、、と思い知らされます。

日ごろのお茶のお稽古で、いまさら聞けない、と思うようなこまかいことや、普通こう教えられるけれどこうした方がきれい、ということなど、目からウロコのこともたくさん聞くことができ、勉強もさせていただきました。

いままではお点前の手順をおぼえるのにせいいっぱいでしたが、これからは美しいなと思われるような所作を探求しようと思った次第。



そして京都にきてから、有り難い茶の湯人脈が少しずつ広がって行っているのがうれしい。
おつきあいくだる方々に感謝です。






P1020591

帰り道で、こんな大きな葉っぱを発見。
芙蓉?

葉蓋用の葉っぱにはいつも苦労するのですが、これは少し大きすぎますね。
でもここまで大きいとお見事。


   意は剛く 情は深く 知は密に 厳しく鍛え 人はおおらか  (久松真一) 


人はおおらか、というところが好きです。
このおおらかな?葉っぱを見てこの言葉を思い出しました。
posted by しぇる at 20:00| Comment(16) | TrackBack(1) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。