2012年06月22日

両足院・半夏生〜GION-NITI

昨年、半夏生(雑節・7月2日ごろ)のころおとずれた建仁寺・両足院へ少し早めに。

P1160574

禅宗のお寺らしいこの塔頭、普段は公開されていないのですが、なにかとイベントがあって何回も寄せてもらっているので、今ではすっかりおなじみのお寺になりました。

P1160576

今年も半夏生(こんどは植物の方)がきれいに白くなりました。

池の向こう岸は如庵写しの水月亭、梅軒好みの臨池亭。

P1160583
梅雨のうっとうしいこの時期に、すがすがしい白化粧です。
昨年はこの葉っぱをひっくり返して裏は白くないことを確認。
片白草の異名もなるほどと。

P1160584

それにしても不思議な植物ですね。



P1160582

それでは池の向こうのお茶室で、お茶を一服よばれましょう。


P1160585

こちらは入れない、二畳台目・如庵写しの水月亭。

P1160588

臨池亭で一服。

昨年もそうでしたが、今年も扶桑織部流担当でしたので、道具は直接畳におかず、天目台のような台にのってでてきます。
織部は徳川家の怒りを買って切腹していますから、その茶の湯はとだえていたのを、明治になって復活させたのが4代前の流祖だったとか。


P1160594

今年はお点前は拝見できませんでしたが、桑小卓の下にセットされているのが扶桑盆。

お茶をたてるのに、この上で点てるのです。

P1160587

両足院の院印、「星月印」の薯蕷。


P1160591

紫陽花だけでなく、半夏生もまた雨が似合う花ですねえ。
晴れた日は晴れた日で、青天に白が映えるのでしょうが。



P1160596

書院では、雨の半夏生をすわりこんで楽しむひとたちが。
こういう雨の日のすごしかたって最高ですね。


P1160600

建仁寺のよさは、そのあとすぐ祗園にくりだせるところでしょうか。

でも私は祗園で大人の遊びは(普段は)しないので[E:coldsweats01]、こんなところでランチです。

P1160601

祗園歌舞練場の少し北、気をつけないと見落としそうな細いろうじの奥。

P1160602
GION-NITI 祗園 日さん。

こちらは昼はカフェ、よるは食事も充実したバーになるんです。



P1160603

もと置屋さんかなにかだったのかな。
坪庭も美しく、照明もインテリアもとてもおちつけます。
低めのテーブルセットもすわり心地良好。



P1160605
生おかき+涼炉 5種ディップ添え(手火鉢で自分で生おかきを炙る)というのにいたくひかれたのですが、空腹感が強かったので、こちら、焼きおこわの茶碗蒸しを。

茶碗蒸しのトッピングは生湯葉を焼いた物。(かりかりでおいしい)
中をほりおこすと焼きおこわのボールのほか、里芋、えび、キノコなどざくざくでてきてとってもおいしい。[E:wink]
それなりにボリュームもあって、けっこう満腹。





P1160606

ついてくるデザートは蜜豆に洋酒系シロップがこれまたいけました。






P1160608

NITIさんをあとにして、雨の祇園町を少しぶらぶら。

ほそいろうじには会員制の隠れ家クラブなどがかくれています。

臨済禅の寺のすぐ隣にこんな夜遊びの町があるのも京都だなあ。

P1160609

いかにも祗園らしい景色。



P1160611

あ、芸妓・舞妓さん御用達のキヌ美粧院さん。

八朔とか、事始めなど、花街の行事の時、あらためて髪を結いなおした舞妓さんがここからでてくる映像をTVで見たわ。
着物用の洋髪もやってくださるそうなので、いつかチャレンジ。



P1160612

おもしろい側板の出格子だなあ、、と思いつつ前にまわると、、、

P1160613
あら、しゃぶしゃぶで有名な十二段家の本店だったのね。

河井寛次郎、浜田庄司、棟方志功等の作品を拝みにいつか行きたいですわね。


posted by しぇる at 21:50| Comment(10) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。