2012年06月01日

茶道資料館「四季の画賛と待合のしつらえ」〜徳斎さんの帛紗

P1160437
きのうまでの座敷はこんな、、、でしたが、、、
P1030101
今日からは葦戸です。

いよいよ暑い夏を迎えますねえ。


さて、裏千家茶道資料館。
P1160423
今季のお題は「四季の画賛と待合のしつらえ」、その第III期。

はいったところで、いきなり土岐二三(江戸初期の茶人で岡崎に隠棲した)のユーモラスな画賛に出会ったのですわ。
(最近知ったばかりの名前なのですが、そのせいかその後よくあちこちでその名をみる)

後ろ向きの禿頭の本人のまるまっこい姿に、傍らにおかれた茶筅、茶碗。

画賛に言う、喜撰法師の歌のもじりで、

「わが庵は 都の東(岡崎)侘びて住ム 世にうつけ茶と人ハいふなり 八十五翁洛東乞食」

ええなあ〜、こういう隠遁生活、あこがれるなあ。
それで85まで長生きして、かくしゃくとしてお茶をして、なんていうことなしぢゃありませんか。


今回、テーマが待合掛けなので、軽めの物、ユーモラスなものが多くて、かえって楽しく拝見。


P1160427
(呈茶席のキスゲとシモツケ)

たとえば、仙叟の蛸画賛。
子供が描く蛸のようで、にんまり笑えます。

明治の日本画家、森寛斎が手づくねでこしらえた、とぼけた金魚香合は、弟子の奥谷秋石の「この香合の扱いについて、水屋で論議百出であった」という添幅つき。
(どういう点が問題になったのかわかりませんでした[E:coldsweats01])


あと、玄々斎の子息、一如斎8歳の手になる「垂珠」という文字に、玄々斎が薮柑子の絵を添えた物。

五十路ですがはずかしながら、こんな字は今でも書けません[E:coldsweats01]
昔のお子は筆を持つのが普通だったとはいえ、さすがですね。
のちに10代で夭折することを知っていたら、、、、と思うと玄々斎の悲嘆はいかばかりだったのか、と思いやられます。


眺めるに裏千家資料館だからというのもありますが、先々代の淡々斎の画賛が圧倒的に多いです。
洒脱な絵も描き、字もさらさらと書いた方です。
もちろん直接はしらないのですが、久松真一先生と心茶会を立ち上げられた方なので、禅の思想への造詣も深い方だったのでしょう。
ついひいきしてしまいます。

二階のディスプレーとして、いつもは展示品があるところが即席内露地になって、蹲居まであったのにはびっくり。

こちらでは畳の部屋の左手の展示物の敷物にご注意を。
有松絞りのみたいな絞りがほどこしてある敷物だけれど、どうも質感がちがう。
よくみると、、、、これ毛氈(フェルト)なんだ!
フェルトにこんな絞りができるなんて、目からウロコでしたわ。



P1160425

お呈茶席でいただいた幸楽屋(?だったかな)の「唐衣」。
カキツバタの造形ですが、こういうタイプの唐衣はめずらしい。


さて、資料館をあとにしまして向かったのは、堀川寺之内通り西入ル(表・裏千家へ行く通りの堀川をはさんでお向かい)のこちら。



P1160429

はい、な〜んの看板もでていませんね。
なんのお店でしょう。

ヒントはこちら。


P1160430

この橙色の物、そう、帛紗です。
創業300年の帛紗の老舗、北村徳斎さん。


この玄関では、しらないとなかなか入っていくのに勇気がいりますよね。

実は最近大円真のお稽古を始めたので、古帛紗をもとめにきたのです。
大円真では古帛紗で抹茶のいっぱいついた茶杓を清める(うぎゃ〜[E:shock])ので、汚れてもいいようなお手頃なものを。

中に入ると帛紗らしき物は一切ありません。
座敷に上がって、小机の前のすわると、なにやら風呂敷みたいな物がかけてある。
これをとると、まあ〜〜〜たくさんの古帛紗が山積み。
この中から手にとって選び放題。
要望に応じて後ろの箪笥からもいろいろ出してくださる。

古帛紗に使われる裂地の中で七曜太子間道とよばれるものがあるのですが、それを貼った衝立がおかれていたのが印象的。さすが。
それから淡々斎直筆の「帛紗取り扱い許可状」のようなものの額装。
「これがないと、この商売できないんですよ。」
そうなのか?


さて、本来の目的の汚れてもいいような古帛紗、、、と思っていましたが、こんなたくさんの古帛紗を見て、それだけですむはずは、、、やはりありませんでした[E:coldsweats01]


P1160435


おほほほ、、、これだけ買ってしまいましたわ[E:bearing]


左から紹紦(しょうは)蔓草霊果緞子、紹紦人形手、花繋蜀江錦、(大好きな)江戸和久田金襴。

お稽古にはげまなくちゃあ、、、、


posted by しぇる at 23:53| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。