2012年05月20日

下御霊神社〜還幸祭

寺町通り散策のときにはいつも前をとおる下御霊神社

いつもはひっそりとほとんど参拝の方を見かけないのですが、、、、


P1160327

おおお!
寺町通りがなんだかいつもと違う。
(ちなみに正面は革堂・行願寺さん)


P1160328

寺町通りの東側にはずら〜っと露店がたちならび、場所のオリエンテーションがつかない[E:coldsweats02]

P1160330

前夜の宵宮をチラ見したのですが、これに灯りがともっていつもの寺町通りではないような幻想的な雰囲気でした。


P1160331

さて、下御霊神社。

P1160352

境内には射的などもでて、あらにぎやか[E:happy02]


P1160333

神輿をおさめている、いつもは閉まっているお蔵です。

重そうな扉の内側の鏝絵がすごい。

P1160334

一側は菊の御紋(御所の産土社ゆえ)、その対側はここの社紋、花沢瀉に水。


P1160335

う〜ん、ちょっと修理が必要かも。



P1160342

さて、御所南といわれるエリアは下御霊神社の氏子なのです。

いろいろ有名な老舗や店がひしめく場所でありながら、歩くととてもコンパクト。
神輿と神幸列(行列)はこの氏子エリアを一日かけて別々のルートで巡行するのですが、歩いているといろんな場所でこれに出会えます。




P1160345

お、まずは行列から。

P1160346

御霊神社というからには、祇園祭と同じく、平安初期の神泉苑の御霊会を嚆矢とするので、りっぱな剣鉾も巡行します。

下御霊神社の御祭神は、政争に負けて悲憤のうちになくなった(いかにも都に祟りそうな)八座。

なかでもビッグネームは崇道天皇。
早良親王のほうが通りが良いですね。
あとで都に疫病がはやった祟りの原因とされ、あわてて崇道天皇と追号されたとか。(by 桓武天皇)




祟りといえば最強の祟り神がNHK大河で佳境に入っているところの崇徳上皇。
明治天皇も、昭和天皇も、即位にさいしてまず崇徳上皇の御霊鎮めをしているんですものね〜。

あら、ちょっと脇道にそれました[E:coldsweats01]


P1160347

これは当時の武官の姿のなのでしょうか。
子供会は春日学区、銅駝学区など、、、(いずれも統廃合で今はなき小学校ですね。)


P1160348

御鳳輦。
大正年間に作られて、神坂雪佳もデザインに関わったのだそう。


P1160349

お馬も行きます。


P1160353

当家(とうや)飾りもありました〜。



P1160354

なにより氏子町内の人たちが、神輿や行列が通るのを家の前で待っている姿がいいですね。

特に、古い町家の前で、お年寄りが床机を出して座っておられる姿には風情があります。


P1160361

さてさて、神輿の方も見なくっちゃ。

これは木屋町二条を行く神輿。

P1160363_2

これは御所南のどこかの通りでであったところ。

P1160364

ホイットホイット!

の、かけ声も血湧き肉躍る(?)(←お祭り体質なもので)

担ぎ手は、今年は氏子連だけに限ったそうで、ちょっと平均年齢高いかな。


P1160368

といっていると、今度はまた行列に再会。

碁盤の目の通りを東奔西走、北上南下していると楽しいわ〜[E:happy02]


P1160369

これは何かの故事なんでしょうか。
それとも竹林の七賢???


P1160378

あら〜こんどは夷川通りでお休み中の神輿が。

お休みどころは家具の夷川でも一、二をあらそう大きな家具屋さん。


そんなこんなで碁盤の目のあちこちで行列と神輿にぶつかりながら、ちょっと疲れたので寺町通りのこちらへ。


P1160379

こちらも祭礼仕様の一保堂さん。
(屋台が並ぶので見つけにくかった!)


P1160380

玉露を自煎でいただく。
美味[E:lovely]


posted by しぇる at 21:40| Comment(10) | TrackBack(0) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。