2012年05月12日

大田の沢の杜若〜未生流笹岡・家元のお話(野村美術館講演会)

   神山や大田の沢のかきつばた
       ふかきたのみは 色にみゆらむ
  藤原俊成

上賀茂神社から徒歩10分ほど、カキツバタの群生地で有名な大田神社へ。

学生の頃、一度この季節に来たことがありますので、ウン十年ぶりの訪問です。

P1020977

説明はいりませんね。
ただただ凜と美しい。

P1020983
冒頭の歌にみるように、はるか平安の昔から大田の沢に群生していた杜若(カキツバタ)。
国の天然記念物になっています。


P1020984

花びらのようにみえる、実は萼(がく)に細い眼のような筋がはいるのが特徴。
これは花菖蒲と同じで、アヤメとはちがうところ。(アヤメは網目模様)

P1020988

花の紫をひきたてているのが、このしたたる緑のいろと、直線的できっぱりした形の葉ですね。


さて、この美しい杜若を見て、その午後には野村美術館の恒例の講演会へ。


P1160277

初夏の碧雲荘脇のいつもの小路。(疏水分線)

東山も笑っています。(山笑フ)

P1160282

この季節土手を占めるのはこの黄色い小花。
名前は不明ですが、、、、



P1160280


本日の講師は昨年家元を襲名された、いけばな・未生流笹岡の笹岡隆甫さん。
以前からイケメンの次期家元として注目されていたお方ですが、なによりその経歴がユニーク。

3才から先代家元であった祖父の養子になられて、家元を継ぐべく育てられたそうですが、お父上が京大の数学の教授、御本人も京大の建築科で二足の草鞋をはくべく建築の勉強をされていたのです。

天は二物も三物も与えられる方には与えられるんですねえ、、、、[E:coldsweats02]

ほとんどかぶりつきで講演を拝聴しました。(ウシシ[E:lovely])


タイトルこそ「いけばなと茶の湯」でしたが、ほとんどいけばなのお話[E:coldsweats01]

そこで流派の花、未生流笹岡の「流花」が杜若だと初めて知りました。

まあ!
朝見てきたばかり。


杜若の紫色は日月和合の色、最高位の花として大切にされてきたそうです。
杜若を生けるときはとくにあたりを清浄にして、、、をこころがけるのだそうで。

また、葉蘭・水仙とともに、いけるのに難しい葉物(はもの)で、葉組(葉をいけるのによい葉を選んで組んでいく)をするのに、必要な葉数の10倍は用意して、選別するのですって。

私は華道は習う機会がありませんでしたので、かげでそんな苦労をされているとはつゆしらず、お茶の花は「野にあるように」なので、適当に[E:coldsweats01]投げ込んだだけですませていました。



P1020986


さて、先代も京大の経済学部(理系です)卒業、今の家元も建築科(理系)というだけあって、笹岡流の教え方は論理的に学ぶ、というもの。
たとえば枝と枝の比率は1:√2になるように、、、というような寸法表があって、これを使えば、だれでもきれいにいけられるとのこと。

そしていけばなというのは、いけた瞬間が完成ではなく、時間をかけてうつろっていく、その枯れた姿までみとり愛でるものなのだと。

対して西洋のフラワーアレンジメントは盛りの瞬間だけを愛でるもの。多くはシンメトリーで面として欠けることなく完成しているが、いけばなには余白があり、非対称の美がある。

この日本人が生まれながらにして持っている非対称の美への憧れは、造園、建築などでもいかんなく発揮されていて、例として法隆寺の伽藍をあげられました。(さすが建築家!)
なるほど、とてもよくわかる。

さらに枯れて落ちた花や落ち葉までめでるのは日本人だけかもしれません。

では、茶席の花は?

笹岡さんはこれをその一瞬で時間のうつろいを表現するもの、とおっしゃる。

これは椿を茶花としていけるのに、けっして咲いた花ではなく、開く前のほんのすこしほころびかけのつぼみを使うことなどに表されているかもしれません。

これから花開いて、ぽとっとおちるところまで思い描くことができるのですから。

そう思えば、茶花をいれるのにも、心していれなければなりません。
適当に投げ入れ、、、ではだめなのよ。
今度から、襟をただして心をしずめていれよう。


<付記>
野村美術館の「かなの美」、後期展示にかわっています。
今回もすごいです。
先日陽明文庫展で学習した近衛家熈(予楽院)さんの和漢朗詠集の軸などもありました。
あと、地下に展示されている釜、炉縁、風炉もすごいよ〜!
迫力満点、お見逃しなく!


posted by しぇる at 21:53| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

ご近所の新しいお店探索散歩(補遺)〜セクションドール

(昨日のうちの近くのお店の追加ね。)



P1160247

岡崎疏水に面した冷泉通り、東大路東入ルのタンドリーチキンのお店、SEctionD'or・セクションドールさん。
1年ほど前にできたレストランです。
セクションドールとは「黄金比」なのかな。


kiremimi様がおいしいと、太鼓判をおしてらっしゃったので、いつか行こう、と思いつつ、いつも満席でふられてました。
なので予約して入店。

テーブルは3〜4席だけなので、これは競争率高いはずです。


P1160249

メタルのテーブルにおかれていたナイフとフォークをみて、、、、

お、これフランスのラギオールぢゃないか!
(ソムリエナイフで有名なラギオール村のカトラリー)



P1160251

ハエ、、、じゃなくてミツバチがトレードマーク。
いきなりおしゃれ。



P1160252

オランダのシガーケースをあけるとでてくるメニュー、、、といってもタンドリーチキンだけ〜[E:coldsweats01]。

チキンをつけこむスパイスが黄金比率、、、ってわけね。
厨房の後ろの壁に、その黄金比の内訳が書かれていて、インテリアの一部になっているのがおもしろいわ。


P1160255

注文を聞いてから焼いてくれるので、少々お時間はかかりますが、でてきました、でてきました。
まあ、美しい黄金色!

先日自宅でタンドリーチキンを作ってみたのですが、こんなにぱりっと仕上がらなくて。

付け合わせのお野菜もユニーク。
ビーツや長芋までつけこんで焼くとおいしいのね。びっくりですわ。

大阪のパンデュースさんのパン付き。
女性にはちょうどいいボリューム。
(男性にはちょっと少ないかも。)

ビール、またはワインでいただくとさぞやおいしいでしょうねえ。(車運転の予定あり、断念)



P1160253

外は桜の頃はさぞや絶好の花見ポイントであったとおもわれる疏水、今は緑がきれいです。

チェアの背中の中央に、荷物掛けのフックがついているところが芸が細かくてすてきでした。
posted by しぇる at 23:47| Comment(6) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

ご近所の新しいお店探索散歩

GW中は諸般の事情で遠くにはでかけられませんでした。

なので日ごろちょっと行ってみたいけれど、わざわざ行く時間もないし、、、と思っていたご近所の新しいお店探訪を。

<テノナル工芸百職>

工芸百職さんは以前紫竹のほうにあったお店で、若いご夫婦がやっておられる、織屋建のとてもすてきな空間だったのです。

引っ越しされるとは聞いていましたが、なんと、家から徒歩圏内の聖護院に移っておられたとは!





P1160200

このあたりは以前京都に住んでいたときのテリトリーでよく知っているはずの場所なんですが、こんなろうじがあるとは知らなかった。


P1160201


以前のお店より少々手狭になった感はありますが、ここもすてきな町家です。

P1160202

実は以前からファンであった工房いろ絵やさんの作品展がこちらであるとのご案内をいただいていたのです。


P1160222


お店中にところせましと並ぶ、お馴染みの豆絵の器たち。
ここのところ豆皿はかなりコレクションしましたので、今回は柳に蛙シリーズの少し大きめのお皿を。
パン皿なんかにちょうど良さそうなサイズです。

P1020200

ちなみにこれは前回手に入れた豆皿。


いろ絵やさんの個展が終わったあとは、常設展示にもどりますが、こちらも竹籠とかブリキの缶とか手業の工芸品が並ぶと思うので、また行ってみよう。
センスがとても良いし、私の好みのツボにはまって、場所も隠れ家的で楽しいし。


P1160205

表通りになる春日通りに出ると、ぱあ〜っと視界が広がって、大文字がきれい。


<gallery&select shop noma>



P1160211

岡崎疏水の桜はすっかり緑になりました。



P1160212

この景色を見ていると、ここに引っ越してきてほんとうによかった、と思います。
さて、この仁王門通りに昨年新しいお店ができたのです。
ずっと気になっていたのですが、やっとのぞいてみることができました。


P1160213
北欧の雑貨やブロカンテのギャラリー、noma


北欧の雑貨のコレクションがこうじてお店を開いてしまった、というすてきな女性オーナーのお店です。

nomaはノルディックと「間」の造語とか。

あたたかい白で統一されたインテリアがとてもすてき。

北欧デザインといえば、シンプル、素朴といったイメージで、もともと好みの範疇外だったのですが、ここに集まった物たちはつい手にとってさわりたくなるような、日常に使って美しくて楽しそうなものばかり。
このあたり、オーナーのセンスでしょうか。




P1160215

お買い上げ品はこんなかわいいペーパーバッグにいれてもらえます。

中味は、、、


P1020968

小さな銅のピッチャー。
グラニュー糖をいれてコーヒーに添えてもいいかな。

銅が変色していく話から、同じ有次の銅の洗い桶を持っていることが判明し、ちょっとうれしかったりして。

さらにうれしいことに、6月からすぐとなりのスペースでオープンカフェも開かれるとか。
ここは目の前が疏水の抜群のロケーション、きっとはやると思います。
私もいかなくちゃ。





P1160220

オープンカフェの話をしたら、早速行きたくなり、国立近代美術館のカフェ505へよってみました。



P1160214

わ〜い、疏水に面した屋外の席があいてる〜。
こちらでコーヒーを一杯飲みながら文庫本をしばし読む。

景色は抜群ですが、風の強い日だったのであれこれ飛ばされて、あまり長居はできませんでしたが、、、[E:bearing]



<岡崎カフェ>

その名もずばり岡崎カフェ



P1160240

以前は普通の仕舞屋だったのですが、昨年こんなカフェとしてオープン。
意外とカフェの少ない岡崎のこのエリアでは、スイーツだけでなくランチもいただけるので、ありがたい。

なんでもこのお店は岐阜の大垣市にあるチーズケーキプリンセスというチーズケーキ専門店の京都店らしい。



P1160243

なんといっても建物の雰囲気がよいです。
入ってすぐのところにケーキのショーケースがあって、いたくそそられたのですが、お腹と相談して断念。



P1020954

レトロなカップでコーヒーをいただく。


P1160244

ハイヌーンティーセットの入った家具もレトロでなぜか懐かしい。

次回はランチをいただいてみよう。

P1160246

うれしいことに、この一軒おいてとなりにもう一軒カフェヒペリカムという、これまたレトロなわたくし好みのカフェが!

なんでもこちらでは和菓子がいただけるそうなので、これまた次回、いってみなければ。

にわかに賑やかになってきた岡崎のカフェ事情、これからどんどん新しいのができるのかな。
このあたりの築70〜80年の仕舞屋が壊されずに生かされるのもいいな、と思います。



<おまけの画像>

最近、家に1匹猫増えてます。

P1020959

里帰り中のフレディ、ただいま体重5.8Kg。
posted by しぇる at 23:31| Comment(4) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。