2012年05月20日

下御霊神社〜還幸祭

寺町通り散策のときにはいつも前をとおる下御霊神社

いつもはひっそりとほとんど参拝の方を見かけないのですが、、、、


P1160327

おおお!
寺町通りがなんだかいつもと違う。
(ちなみに正面は革堂・行願寺さん)


P1160328

寺町通りの東側にはずら〜っと露店がたちならび、場所のオリエンテーションがつかない[E:coldsweats02]

P1160330

前夜の宵宮をチラ見したのですが、これに灯りがともっていつもの寺町通りではないような幻想的な雰囲気でした。


P1160331

さて、下御霊神社。

P1160352

境内には射的などもでて、あらにぎやか[E:happy02]


P1160333

神輿をおさめている、いつもは閉まっているお蔵です。

重そうな扉の内側の鏝絵がすごい。

P1160334

一側は菊の御紋(御所の産土社ゆえ)、その対側はここの社紋、花沢瀉に水。


P1160335

う〜ん、ちょっと修理が必要かも。



P1160342

さて、御所南といわれるエリアは下御霊神社の氏子なのです。

いろいろ有名な老舗や店がひしめく場所でありながら、歩くととてもコンパクト。
神輿と神幸列(行列)はこの氏子エリアを一日かけて別々のルートで巡行するのですが、歩いているといろんな場所でこれに出会えます。




P1160345

お、まずは行列から。

P1160346

御霊神社というからには、祇園祭と同じく、平安初期の神泉苑の御霊会を嚆矢とするので、りっぱな剣鉾も巡行します。

下御霊神社の御祭神は、政争に負けて悲憤のうちになくなった(いかにも都に祟りそうな)八座。

なかでもビッグネームは崇道天皇。
早良親王のほうが通りが良いですね。
あとで都に疫病がはやった祟りの原因とされ、あわてて崇道天皇と追号されたとか。(by 桓武天皇)




祟りといえば最強の祟り神がNHK大河で佳境に入っているところの崇徳上皇。
明治天皇も、昭和天皇も、即位にさいしてまず崇徳上皇の御霊鎮めをしているんですものね〜。

あら、ちょっと脇道にそれました[E:coldsweats01]


P1160347

これは当時の武官の姿のなのでしょうか。
子供会は春日学区、銅駝学区など、、、(いずれも統廃合で今はなき小学校ですね。)


P1160348

御鳳輦。
大正年間に作られて、神坂雪佳もデザインに関わったのだそう。


P1160349

お馬も行きます。


P1160353

当家(とうや)飾りもありました〜。



P1160354

なにより氏子町内の人たちが、神輿や行列が通るのを家の前で待っている姿がいいですね。

特に、古い町家の前で、お年寄りが床机を出して座っておられる姿には風情があります。


P1160361

さてさて、神輿の方も見なくっちゃ。

これは木屋町二条を行く神輿。

P1160363_2

これは御所南のどこかの通りでであったところ。

P1160364

ホイットホイット!

の、かけ声も血湧き肉躍る(?)(←お祭り体質なもので)

担ぎ手は、今年は氏子連だけに限ったそうで、ちょっと平均年齢高いかな。


P1160368

といっていると、今度はまた行列に再会。

碁盤の目の通りを東奔西走、北上南下していると楽しいわ〜[E:happy02]


P1160369

これは何かの故事なんでしょうか。
それとも竹林の七賢???


P1160378

あら〜こんどは夷川通りでお休み中の神輿が。

お休みどころは家具の夷川でも一、二をあらそう大きな家具屋さん。


そんなこんなで碁盤の目のあちこちで行列と神輿にぶつかりながら、ちょっと疲れたので寺町通りのこちらへ。


P1160379

こちらも祭礼仕様の一保堂さん。
(屋台が並ぶので見つけにくかった!)


P1160380

玉露を自煎でいただく。
美味[E:lovely]


posted by しぇる at 21:40| Comment(10) | TrackBack(0) | 京のお祭 | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

メジロの雛も孵りけり

GW前のこと、夜にお掃除をしていて、雨の日用の躙口(作ったんです、いっちょまえに)を開けたら、目の前の楓の枝がえらいしなっていたんです。

よくみるとなにやら巣のような物が、、、、

すわ、これはスズメバチの巣でわっ!!

ならば駆除せねば、、、と懐中電灯でおそるおそる照らしてみれば、、、、
なんだかスズメバチとちがう。
糸くずやビニールのきれっぱしなんかも巣に編み込んであるし、、、、
で、よくみると、、、、
目があったんです、抱卵中のメジロと、、、、[E:coldsweats02][E:coldsweats02][E:coldsweats02]


P1030082

昼間に外からみると、矢印の裏ぐらいに巣があるのですが、まったくわかりません。
まさにカラスなどの外敵から守る絶妙な位置に営巣したものです。

小さいメジロの賢さを見る思い。


P1020907

おどかしてメジロにストレスを与えてはいけないと、遠くガラス戸越しに毎日眺めていました。

今日もちゃんといるいる。
抱卵中は身動きがとれないのね。


しばらくすると親鳥の姿が見えない日もあり、どうやら雛が孵ったようです。

見るたびに親鳥が虫をくわえて運んできていたので、毎日かなりの回数エサを与えていたのでしょう。

でもガラス越しでものぞくと親鳥は決して巣に近寄らないので、なるべく刺激を与えないように。

これは給餌中の貴重なショットです。(かなり望遠で)





Dsc_0022

でも数日前から雛のすがたも見えなくなってしまって、大丈夫かな〜と思っていたのですが、庭の廻りでメジロのチーチーという鳴き声が盛んにしていたところをみると、無事雛たちは巣立ったようです。


庭の近辺で鳴いていましたが、いずれ山へ帰っていくのでしょうね。


P1160297

空になった巣をのぞいてみました。

青いのはビニールのゴミ袋の切れっ端のようです。


P1160298

うまいこと作るもんだなあ。
これ自体、アートですが、力学的にも絶妙。
自然の摂理に感動です。

しかし、メジロの親が建設中のときは全く気づかなかったなあ。




P1160296

巣の真下には、雛たちの落とし物[E:coldsweats01]


元気ですごせよ〜。



P1160290

、、、で、雛の巣立ちに遅れること数日、わが家の雛もようやくかえりました。

生まれる前から準備しておいた初着。
いつも帯などの染めをお願いしている染め工房 遊さんに地色から決めて手描きしてもらいました。
七五三の三才参りにも使うので。

P1160292

ウサギがかわいいの。[E:lovely]


   初孫や メジロの雛も 孵りけり    しぇる
posted by しぇる at 23:08| Comment(36) | TrackBack(0) | くらし | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

上賀茂社家〜西村家別邸

(2日ほど、アクセスがうまくできない状態になっておりましたが、復旧しました。)



大田の沢の杜若を見に行った帰りには、明神川ぞいのたちならぶ社家(かつての上賀茂神社神職のお家)の風情を楽しみます。

P1020994

明神川の水は上賀茂神社の「ならの小川」の続き。



P1160271

かかる橋には、橋なんだか、土手なんだかわからなくなっているようなものもあって、風情がありますね。

P1020993
藤木通りからそれるあたりの川のカーブ。
ここ、けっこうお気に入りのスポット。

白川も、琵琶湖疏水もそうだけれど、京都の水のある景色ってほんとうにいいなあ。

P1160272

この曲がり角の向いには、上賀茂神社の末社、藤木社。
この大きなクスノキがご神体。
そういえばなにやら神々しい威圧感が、、、



P1030024

唯一公開されている旧・社家の西村別邸、オープンしているようなので入ってみましょう。

P1030013
玄関を振り返ったところ。

P1020998

玄関をはいってすぐの、おそらく茶室だと思われる小間。

さて、現在は西村家別邸ですがもとは社家の錦部家の屋敷だったとか。

現存の建物は明治のころ、建てられたそうですが、庭はなんと1181年、上賀茂神社の神主だったその名も藤本重保が作庭したものなのです。


P1030001

奥座敷からみた庭。
ひときわ鮮やかな、若葉が赤い種類の楓(ノムラモミジ?)が目をひきます。
その足元に明神川から引いた水で曲水の宴ができる小川が流れていますが、ここを流れたあと、また水は明神川に帰ります。

P1030003

ここもまた、新緑が美しい。

P1030004

さきほどの茶室のおとなりにある水屋。


こんな庭を眺めながらのお茶会は、さぞや景色がごちそうだったろうと、、、


P1030006

かつて神主さんが出勤(?)する前に禊ぎをしたといわれる井戸のあと。

P1030009

数寄屋テイストいっぱい[E:lovely]



P1030012

こういうたたずまいは、たまりません。
ああ、住んでみたい!

(でも庭掃除がたいへんね、きっと[E:coldsweats01])


P1030016

このあたりにだけ生えるという小振りのカモシダ(賀茂羊歯)。

P1030018

こちらも茶室として使われていたのでしょうか。
壁床(釣り床)に楊枝柱。
数寄屋の教科書をみているようだなあ。


P1030021

裏の池庭はまさに「緑陰」というところですね。


目も心も癒されたあとは、、、、やはりお腹も癒さないと。


P1030028

定番の神馬堂でやきもちを食べ歩きしたのはいうまでもありません。
おほほほ[E:bleah]
posted by しぇる at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。