2012年04月30日

閉炉

昨年の11月、初めて開いた我が茶室の炉ですが、いよいよ5月、風炉の季節の到来と共にしめることにしましょう。

(一般的に11月〜4月は炉、5月〜10月は風炉を使います)


P1160131

まだ前回つかったあとの、燃えがらが処理できていませんでした[E:coldsweats01]

今年はこの炉でお茶事を2回、茶会を1回しました。
もっと活躍させたいのはやまやまなれど、今の私には精一杯だったかな。

来期はもっと働いてもらえますように。

P1160133

半年間、灰にうまっていた五徳も引き上げます。
ご苦労様。


P1160134

焦げ縁といって、炉壇を保護する縁をはめて、底取りというお玉杓子の親玉みたいなので灰をすくい取っていきます。


けっこうたくさんの灰。
時間をかけてすくい取ると、、、



P1160136

これだけの量になりました。

(重い、、、)


P1160137


角は懐紙ですくい取って仕上げは掃除機。

すっかり空になった炉。


P1160138

桑の蓋で閉めます。

本当はここで畳ごとかえて、炉壇を隠してしまうのですが、畳替えは重くて大変なので、後日。

畳替えをしないですむ、中板に変えようかなあ、、、、
雰囲気的にも、中板好きなんだ。
(この茶室の本歌も実は中板)


さて、これでお仕舞い、、、ぢゃありません。

実はここからが結構力仕事。


P1160139

屋外で灰を篩にかけて、燃えがらなどを取り除く作業が。
マスクをかけて、腰痛と戦いながら。

ご存じない方には、お茶なんてきれいな着物を着てお上品に「オホホ、、、」といっているイメージかもしれませんが、それはほんの上澄み。
大半の下準備は力仕事なんです。


だから茶道は禅の修行(=作務)と深く通じるものがあると思っています。




P1160140

今期の燃えがらはこのくらい。

今年の夏は湿し灰(これまた炎天下の重労働)作りにも挑戦したいけれど、腰痛がなあ、、、、
P1160145

一通りの作業を終えてふとみると、あっというまに鮮やかな緑になった楓の木の青が目にまぶしい。


P1160142

いよいよ風炉の季節到来、日ごろの灰型修行の成果をお見せしなくては(ひゃ〜、、汗[E:coldsweats02])



P1160141

こぼれ種から、苔のなかに発芽した楓もご愛敬です。


posted by しぇる at 20:00| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。