2012年04月16日

茶の湯あれこれ〜桜の季節

<野村美術館講座〜指物の話>


野村美術館へはこんなすてきな道をとおります。

P1020790


野村碧雲荘のお向かい、清流亭の枝垂れ。
あら、さすがに人もいっぱい。



P1020796

碧雲荘横の疏水分線ぞいの道を通って、、、


P1020795

ここではこんなものもみつけられます[E:confident]

さて、本日は指物師・一瀬小兵衛さんのお話しを。

一瀬家は千家十職の駒沢利斎の別家さんになるそうです。
当代の一瀬さんはまだ40代くらいのお若い方でした。

お茶でお世話になっている指物と言えば、棚・台子、箱、炉縁、風炉先、、、でしょうか。

材木からの木取りの仕方から始まって、指物の道具の話、木の性質や扱いに苦労することなど、いつもなにげなく使っている指物道具一つにも、正確な技術とたいへんな労力がはらわれていることを認識させられることばかり。

木は十分乾かさないと狂いがでるし灰汁もでるので、屋外で乾燥させること5〜10年、使えるまでに10〜20年かかるのですって。
なので当代の一瀬さんが使っておられる木は先代のころに伐採されたもの、ということになりますね。
こうして代々、木だけでなく、技術が伝えられ続けるのはすばらしいなあ。

中には江戸時代に伐採されたとおぼしき、材木も工房にあるそうですよ。
どんな方の所に行くお道具に使われるのでしょうね。


指物師の修行は木釘3年といって、木釘を作ることからはじまり、最初の指物は茶通箱とか。
茶通箱には指物の基本的技術がすべて含まれているためだそうです。
(書道でいえば「永」字八法というところかな)


P1020865

そういうお話しを聞いたところでわが家の茶通箱を初めてまじまじと見てみました。

角の本差し、角差しの技術、木釘、、、、なるほど。
こんな手間のかかっているもの、粗末にあつかってはいけませんね。

P1020866

この立ち上がりも、蓋がどちらに向けてもすっと閉まるように作られていることに改めて感心しました。

竹台子では柱の竹の節の位置がきっちり決められていることも初めて知りました。
わざわざそんな節を持っている竹を探すそうです。
100本のうちから使えるのは3~4本だとか。

お稽古用の台子だから、、、といって決して粗末にはできないなあ、こんなお話しを聞いた後では。



P1020805

帰りはインクラインを通って。


<平安神宮・澄心亭 観桜茶会>

平安神宮では4月1日〜15日、毎年澄心亭で観桜茶会がひらかれます。

P1150905

先日の紅枝垂れコンサートの時は、まだ二分咲きだった枝垂れが満開を迎えていました。


P1150909


澄心亭では月釜でいろんな流派(なんと11流派もあるとか!)が月釜をかけられていますが、4月のみ日替わりで。
この日は遠州流でした。


P1150910

この日茶会デビューの方とごいっしょに。

遠州流のお点前は数回見たことがあります。
帛紗が右にくる武家手前。
毎回茶巾もたたみかえ、それが裏千家では千鳥茶巾といわれるたたみ方なのが興味深い。

お道具も遠州七窯の高取がよく使われるようです。
建水が金の色紙散らし蒔絵の曲げなのが、「きれいさび」、、という感じでしょうか。

お点前をされた方のお着物が、遠州のシンボル、輪違い七宝の紋様だったのがいかにもふさわしくてよかったです。




P1150911

お菓子は鶴屋吉信さん。
求肥に白餡の、いかにも観桜にふさわしいお菓子です。
この日は大勢のお客さんがこられるだろうと、850個も注文されたそうですよ[E:coldsweats02]
そのせいか、午前中というのに席主さん、少しお疲れのようでした。
無理もありません。

大寄せで気軽なお茶会なので、初心者デビューにはよかったと思います。




P1150908

帰りはそれこそ「観桜」。


P1150916

お見事!

おまけにもう一つお見事!


P1150917

岡崎疏水の桜。


<灰型〜遠山(もどき)>


遠山に挑戦2回目。


P1150925

やっぱり曲線はむつかしゅうございますわ[E:shock]


利休さんは灰型の山を小屋山、落葉山、蜂尾山、切地山の四山から模したといわれていますが、山の形はそれぞれ微妙に個性がでるようです。
私のは、、、まあ今回のは吉田山、、、ということにしておこう。


P1150926

谷の曲線がつながっていないところが、ちょっと痛いですね[E:coldsweats01]



P1150927

灰型のお稽古の後は、こんな桜の手作りお菓子をいただいて、台子の四畳半花月という複雑な花月でお薄をいただきました。
お菓子は求肥に桜葉をねりこんだもの。
(レシピもちょうだいしました。私に、つ、、、作れるかな???)


おまけ。




P1020817

桜のお菓子は和菓子だけではありません。
こんな桜の洋菓子をいただきましたよ。

動物園北、チェカさんで。


posted by しぇる at 23:10| Comment(8) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。