2012年04月10日

桜 Days ・2012

京洛の桜をおいかける日々。

<平野神社>

P1020640

東の端のわが家から、西の端の白梅町、そこから北へ。

世に桜の名所といふ平野神社へはじめてまかりこしました。



P1020642

早咲きの魁桜。

P1020647

この境内には50種、400本もの桜があるのです。

寒さのせいで開花が遅れたので、魁だけでなくソメイヨシノや他の桜も一辺に咲き出しています。

明治時代に、通り抜けで有名な大阪造幣局に、珍種10種を納めて平野桜の名がひろまったとか。





P1020652

こちらはまた夜桜も美しいとかや。



P1020643

境内の茶店で開運桜湯をいただく。

P1020644

あ〜らら、、、
ピントボケボケ。

でもお湯の中で桜がきれいにひらいたのですよ。


P1020653

平野神社、紋所も桜だったのですね。


<千本釈迦堂(大報恩寺)>




P1020654


平野神社から東へ歩くことしばし、千本釈迦堂へ。


P1020661

雨のように、滝のように。

P1020663

こんなに細かく枝がわかれている枝垂れは見たことがない。

P1020664

ひとつひとつの花は可憐なのに、この迫力は一体なんなんだ。

P1020671

桜にねじ伏せられたような気がする。


P1020665

大工の女房、おかめさんの悲劇的な伝説とはうらはらに、この堂々たる阿亀桜ときたら、、、



P1020669

お見事!


P1020666


ちなみに寄進者はやはり大工だけに、建築関係がおおいですわねえ[E:coldsweats01]


<ご近所のお寺>

徒歩1分のご近所のお寺。
観光地でもなんでもありません。

P1020678


ここにも美しい枝垂れが。
こういう神社仏閣がどこにでも潜んでいるのが京都です。


P1020679

遠くに出かけなくても、ここでもお花見できるな。
さすがにブルーシート敷いて酒宴は無理ですけど[E:coldsweats01]



<平安神宮・紅しだれコンサート>

今年も紅しだれコンサートへ。

P1020681
昨年は美しさのあまり、2回もでかけてしまった。




P1020683

ただ今年はご多分に漏れず、まだ2〜3分咲き![E:bearing]
主催者も今年の長引いた寒さに開花が読み切れなかったようです。


P1020691

桜のシャワーには今いち力不足。

ここの神苑の紅しだれ(八重紅枝垂)は御所の近衛邸の糸桜の血を引く桜なんだそう。


P1020690

左近の桜の向こうに紅色にかすむ紅しだれ。



P1020696

こちらは満開の濃い紅色桜。


P1020708

東神苑にて、鏡面の桜。


P1020713

本日のコンサートはクラシックのギターデュオ「いちむじん」。
桜の間を縫いながら、栖鳳池をめぐって音楽を楽しむ。

(いちむじん、、、、って聞いたことあるような、という程度の認識だったのですが、NHK大河「龍馬伝」の最後、龍馬紀行のBGM演奏した人たちだったのね)


P1020712

私はコンサートの合間に演奏される「紅しだれコンサート」のテーマ曲、溝口 肇さんの「SAKURA Days」のチェロの音色が好き。


P1020779

そんな私の桜 Days。


posted by しぇる at 20:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。