2012年04月06日

桜・さくら・サクラ・桃・梅 〜御所 +夜桜

春の嵐の後、京洛は一気に桜の季節に突入です。

仕事の合間のわずかな時間をやりくりして、桜をおいかけるのに忙しい、業平さんじゃありませんが、のどかならざる春の心です。

ただいま御所では、長引く寒さのいたずらのおかげで、開花し出した桜と同時に桃・梅も見られるという現象が。







P1150816

糸桜の名所、近衛邸跡。

たくさんの方がカメラをかまえています。
きっと私の知っている京都ブロガーさんもたくさんおいでに違いない。


P1150818

それにしても私が京都巡りをすると最近いつも雨なのはなぜ?

この日も陽がさしたかと思うと急にさあ〜っと日照り雨がふったり、大荒れの春の空模様。


P1150820

なので画像が少し暗いのが残念。
(コンデジしか持っていなかったし)


P1150828

夢見ているように美しい。

昨年も見に来て書きましたが、まさに

 糸桜(しおう)一樹 瀑千丈
        引いて銀河よりたらしめ この庭にみなぎらす (江月宗玩)



P1150829

花の雨の下。

P1150835

今年もまためぐりあうことができた事に感謝しつつ。

御所を南下します。

3月にはまだかたいかたいつぼみしかなかった桃が盛りをむかえていました。



P1150840

桃は梅に比べると、枝が垂直に上をむいて立っているのが特徴。


P1150841

花びらの先がすこしとがっているのも特徴。


P1150844

下照る道にいでたつ(旧)乙女たち。(私も含め[E:coldsweats01])
(参考:春の苑くれないにほふ桃の花. 下照る道にいでたつおとめ 家持)


さて3月満開だった桃苑の南、梅林の梅はどうなったでしょう。



P1150850

おお、かろうじてまだ元気。


P1150851

花の数はまばらなのに、その芳香がまだ健在なのはびっくりです。
すごいなあ。



P1150858

梅林の南、出水の小川横の枝垂れ。



P1150859

花の雨。
舞妓さんの花かんざし。


P1150860

さて、桜だけではありません。
御所の植生はすばらしい。

P1150861

雪柳の生け垣。


P1150862

宗像神社(御所の中)の桜は鳥居と灯籠にマッチしていますね。


P1150864

境内の中は桜にレンギョウの黄色がきれいです。

P1150863

ハナニラも満開。


ここをぬけて南下すればもう丸太町通りです。
今出川から丸太町まで、季節を一気に遡って通り抜けました。


<夜桜編>

岡崎疏水の夜桜。



P1020615

P1020621
P1020623

ほのかにライトアップやってます。
是非みにおこしください。



P1020628

岡崎十石舟もやっとライトアップのお客さんが。

P1020624

疏水べりで忘れてならないのは細見美術館北側の個人の敷地内の枝垂れ。

P1020625


ライトアップされていなかったので、フラッシュで撮るとかえって凄みが出たような気がします。


P1020631

夜桜の上に満月。


posted by しぇる at 20:11| Comment(12) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。