2012年03月25日

野村美術館講演会〜平安時代の料紙装飾

今年度も始まりました。
野村美術館の講演会。

P1150651
(なんといっても徒歩で行けるのはうれしいですわ。たくさんの遠方からおいでの方、ゴメンナサイ[E:coldsweats01]おほほ)

今回の講師は徳川美術館の副館長さん、四辻秀紀さん。

タイトルは「平安時代の料紙〜その美意識を探る〜」だったのですが、料紙のお話しは最後の5分くらいだけだったかしら、、、[E:coldsweats01]

その時間のほとんどを平安時代の仮名の移り変わりと歴史、重要な作品についてお話しされました。

P1150652

これは今季の野村の展示、「かなの美」に合わせた講義だったのでしょう。
展示はすべて流麗なかなの軸がずら〜り。

P1150653


万葉仮名あり、ひらがなとの混じり有り、純粋なひらがなだけのものあり、、、、
文字、墨の色、筆継ぎのあと、文字の配置、、、、そしてそれぞれの軸装、離れてみると美しい。

しかし!!

私には全然読めまへん!

もう○○切、、、という物の前へ立っただけで、無言のプレッシャーを感じて苦しくなるんです。

読まれへんかて、だれもバカにせえへんよ、、、とは思うのですが、なかなか矮小なプライドが邪魔をして、素直に楽しめないんですねえ。

さりとて、四辻さんの講義は古筆のどしろうとにもわかりやすく、こういうのを専門にされている方からすれば初歩の初歩を教えて下さる。

平安時代の初期、中期、後期にどのようにかなの好みが変遷していったか、どのような能筆家がいて、どのような作品が代表なのか。
いままで断片的にあった知識が時系列にそってすっきり整理できた感じです。

その時代はちょうど今の大河ドラマの時代をなぞっているようで、白河院やら鳥羽院やら、藤原摂関家の面々の名前がでてきて、ついその俳優さんの顔がうかんできたりして、、、


なかでも悪役ヅラの藤原忠通(忠実の長男の方)が法性寺流という、ねばっこい自体の仮名を書く能筆家とはねえ。
彼は、
白河院の阿弥陀堂供養の定文清書
待賢門院御願の寺院の額揮毫
美福門院御願の寺院の額揮毫

などなど、ああ、また俳優さんの顔がうかぶ[E:coldsweats01]


かなの作品の中での最高峰は高野切古今集だとか。

確かにいろいろならべられた作品の中では、(読めない)私ですら美しいと思います。

高野切は3人の能筆家の手になる物だそうですが、巻頭をかざる第一集その他を書いた第一種とよばれる人だけが不明なのだそうです。
でもこの方の字が一番好きかなあ。

ちなみに高野切という名前は秀吉により、一部が一時高野山に寄進されたからなんだそうです。

駆け足だった料紙について。
初期の頃は雲母砂子、やがて輸入唐紙、国産唐紙、むらご染、金銀箔散らしと手が込んでいき、どういう料紙かである程度時代がわかるのだそうです。

講座を聴いた後で再び、そういう視点から展示をみると、また興味深いものがあります。

なにより仮名の前に出ても、どきどきが少しましになったかも、、、??

<本日のおまけ>

一足早い桜が咲きました。




P1150654

京都三条寛永堂製。


posted by しぇる at 21:57| Comment(12) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。