2012年03月12日

弥生・修二会の茶事

わが家の梅もほころんできました。

P1020457

ほのかに香るこの季節に、五名の茶事のお客様をわが家へお招きすることができました。

P1020458

一月前の如月の茶事では、気のおけない仲間と交代で亭主をやったりして、かなりブロークンだったのですが、今回はいずれもお茶の道では大先輩にあたるかたばかり。
遠くは関東方面からもおいでくださいました。

若干緊張しつつも、一月前から用意周到に(ほんまか?[E:coldsweats01])準備してきました。

水屋のお手伝いには以前のお社中の先輩が(年は後輩だけど)かけつけてくれました。
ありがたい。

P1150520

今回のテーマはずばり「修二会の茶事」。
なので、帯は気持ち「天平華紋」、、、といえなくもない、、、ものにしてみました。





P1150523

水屋OK、、、、たぶん。



P1150519

待合。
床は清水公照さん(東大寺207,208世別当)の修二会の色紙。
印刷なんですけれど、二月堂までわざわざでかけて入手したもの。

2月27日、本行に先だって、練行衆たちが、お堂を清めて荘厳する日の様子を描いた物です。


P1020455

本物の二月堂を飾る糊こぼしの造花は入手が困難ですので、これは中川政七商店でゲットしたもの。


席入り後は必死でしたので、あまり写真はありませんの[E:coldsweats01]

軸はこれも元東大寺管長さんのもの。東大寺の瓦の拓本付。


初炭はこれはお稽古で何回もさせてもらっていますので、つつがなく。
火をうまいことおこせるか、は炉に関する限り、よほど下手につがない限りは大丈夫、という感触です。

香合は東大寺伽藍の礎を模した物。
(裏に天平古経残字)


P1020461

点心のお弁当。
今回は御所南のふじ亭さんの仕出し。
こちらはお店でもお昼がいただけます。
おいしかったのですが、次の準備をしなくてはいけないのであまりおちついていただけなかったのが残念。





P1020460
自分で懐石まで作れるのは、まだ先のこととなりそうですが、今回、私としては初の挑戦、小吸い物+八寸+千鳥の盃を。


先輩方(=お客様)のご指導をあおぎながら、なんとか千鳥、やりおおせました。
長いことよくわからなかった千鳥もやっとわかった!



P1020469

中立の前のお菓子はとらやさんのきんとん。
実は別の銘がついていたのですが、今回「若狭路」と勝手にかえさせていただきました。
とらやさんゴメン。

若狭の国から送られてくる御香水(ごこうずい)の道ということで。



P1020465

中立のあとは後座の準備。

お釜は炭をいじらなくてもいいくらい良い松風をたてています。
おいしい濃茶、練れるかしら。


P1020462

この水指が今回、ちょっと(ない)智恵をしぼったところ。

名水だてではございません。
真塗り手桶に、榊と自作の御幣をくくりつけ、気持ち二月堂の若狭井からくみあげた御香水のイメージで。

手桶の蓋の扱いも、前もって先生にお聞きして勉強しておきました。
(それまで扱ったことがナイ)




P1020464


花器は須恵器残欠。
糊こぼしのイメージの椿と、先日みてきた二月堂お松明からこぼれた焼け杉の枝を。
焦げた杉の香りはとても良いのです。
空気が清浄になるような気がします。

濃茶は5人分の分量がわからず、ちょっとどろっとしすぎたかも。
お服加減はほんとうのところどうだったのでしょう。


あ、ちなみにお茶杓もお松明の竹で作った、一部焦げのあるものを。
東大寺管長さんの銘がついています。

P1150525

さて、今回の初挑戦はもう一つ、後炭手前。

今まで続き薄はかずかずやれど、後炭は茶事の中ですることはほとんどなかったのです。
なので、炭斗のセットの仕方まで、え?ほんとうはこうだったの?!と知らなかったことたくさん発覚。
環を火箸にかけないってことは、今度初めて知った!(なんてこった!)


後炭は初炭とちがって、これという決まったやり方はないし、炭の流れ方でいかようにも対処できないといけないので、初炭よりはるかに上級なんですね。

胴炭を火箸で割ろうとしましたが、どっちへ向けても割れず。
これも先輩方のご指導で、輪胴は入れずに炭をつぎました。

流れた炭を見るのはなによりのご馳走、と言っていただけてうれしかったです。
炉の中で赤々と熾っている炭はほんとうに美しいです。



P1020468

さあ、気がはるのもここまで。
薄茶は気楽に和やかに。
お点前は水屋お手伝いの先輩にお願いして、私は半東に。

干菓子の盆は練行衆たちが食事に使われる日の丸盆(永仁6年…1298年に作られ、26枚現存する)の縮小写し。

貝寄せは末富さんに注文した物。
土筆は俵屋吉富さん。




P1020470

なんとか教科書通りなぞるところまではいけるようになりましたが、課題はまだまだ山積み。

毎回反省点は多々あれど、茶事は楽しい。

そしてこうして茶事にこめた亭主の思いをくんでくださり、一座をシェアしてくださる方々と、ご縁がいただけたのもありがたい。

さて、もう(いつになるか未定ながら)次の茶事の構想を練ろうかしら。


posted by しぇる at 22:40| Comment(20) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。