2012年02月29日

北野天満宮の梅

残念ながら今年は北野天満宮の梅花祭、行けませんでした。


P1020393

今年は開花が少し遅れるとのことでしたが、やはり梅花祭の頃、行ってみなくては。

P1020433

この日はこんな粉雪が舞う、さむいさむい日でした。
でも梅を愛でるには、こんな日もいいかも。



P1020388

赤い眼の牛はとてもやさしい表情。
早咲きの梅の木の下で。

(ちなみに赤目四十八滝は赤い眼の牛に乗った不動明王の出現から来た名前とか。関係ないかな?
むしろ太宰府へ流される菅公をしたって泣きはらした目、というべきか。でもほんとうのところ、なぜ赤い眼?)



P1020389

梅は咲き始めが一番よい香りがするとか。
満開ではなくて、こんなふうにつぼみ混じりの3~5分先の頃が絵画的にも一番美しいかもしれません。



P1020390
白梅は清冽。



P1020391


宋の画家、曹端白が十花を選んで十友になぞらえましたが、そのうちの梅は「清友」。



P1020392

紅梅は可憐。

P1020397


ときに妖艶。

P1020398

せっかく格調高くいっていたのに(?)やっぱり甘いもんの話になるのね。
毎月25日、天神さんの日に境内に出店される長五郎餅さん。


P1020399

ルーツが北野大茶会、秀吉さん命名というお餅。
これ一つでもけっこうずっしりなのに、2個に煎茶がついて350円!
お得だわ。
餅+こし餡という私には黄金コンビゆえ、完食。(ただし夕食作る気、喪失)



P1020400

お向かいは、月釜がおこなわれるお茶室の明月舎。
こちらもいちどは行きたいと思いつつ果たせていません。

さて、お腹もあったまったし、梅めぐり再開。


P1020401

  梅の花 降り覆ふ雪を 包みもち 
       君に見せむと 取れば消につつ 
 (万葉集)


P1020406

こちらはさらに香り高い蝋梅。


P1020409

梅苑のほうへも行ってみましたが、ご覧の通り少し早いようですね。


P1020428

それでもほのかに香る紅梅もあり。

   春されば まづ咲くやどの 梅の花
        ひとり見つつや 春日くらさむ
   (山上憶良)

   わが苑に 梅の花散る ひさかたの
        天より雪の 流れくるかも
    (大伴旅人)



P1020422

残念ながら御土居の梅林はまったくといっていいほど、まだでした。

P1020434

天神さんをあとにして、上七軒の花街情緒を味わおうとふらふら。

先日の弘道館茶会でみごとなお点前を披露された尚鈴さんも、こちらの花街の芸妓さん。


P1020435

北野をどりのチケットもゲットしましたしね。[E:happy01]

P1020438

有職菓子御調達所・老松さんも上七軒にあります。
(弘道館の主催者でもあります。)

こちらでも、こんな梅に出会えました。


P1020440

染付の器も垂涎ですわ。


posted by しぇる at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 京都めぐり2012 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。