2012年02月16日

梅香茶会〜at 好日居

黄昏の岡崎、平安神宮の大鳥居。

P1150184

冬の黄昏もまたいと美し。

P1150185

いつもは日没閉店の好日居さん、
今日はまだ暖かい門灯がともっています。

P1150186
好日居さんが急遽おもいつかれた「梅香茶会」に。

ある方のお庭から大きな蝋梅の枝をもらわれたのだそう。
好日居がほんのりあの蝋梅の佳い香りに染まるのを、一人だけで鑑賞するのはもったいないと、急遽お客さんを募ってのお茶会です。


P1150187

表の洋間は待合。

お客は梅の花弁の数とおなじ五人。

初対面の方ばかりなのに、実はお互いご近所同士だったんですね。
ジモティな話題でついもりあがる。


P1150188

梅の花弁のような5つの茶器。
待合でいただいた「はじまりのひと福」は梅香茶。

P1150189

蝋梅をつぼみのままとって乾燥させたものにお湯をそそぐだけなのに、なんとも不思議な味わいが芳香とともに。

これをいただいたあとは、すっかり電灯をおとした奥の間に。

暗い中ならばこそ、嗅覚はとぎすまされ、闇にほのかに漂う蝋梅の香りを楽しむ。

蝋梅の香りは梅よりも少し艶っぽく甘い。


目を閉じて香りを楽しんだあと、少し灯りをともすと、ぽっとうかびあがる見事な蝋梅の枝です。




P1150191

この信楽の大壺もいいですねえ。
はじめからここにこうしてあるようで、ぴったりなじんでいます。


P1150193

その蝋梅を背に本日の「梅に寄せるお茶・梅占(武威岩茶のひとつ)」をいれてくださる好日居さん。
とても絵になります。
まるでレンブラントかラトゥールか。
所作もとても美しい。


P1150196

梅占は茶葉の時は煎茶によく似た香りでしたが、煎れると芳香がたちのぼります。
煎茶に比べるともっと有機的な香りですね。(昔化学で芳香族、ベンゼン環なんて習ったよな~と思いながら、、、)






P1150195

テーブルの室礼もさりげなく梅。


P1150198

主菓子は老松さんの棹物「東風ふかば」。
北野神社の梅園の梅でできたお菓子です。
(楊枝は東京日本橋・楊枝専門店さるやさんの都々逸つきのもの。梅の袋入り。お江戸ですねえ)


  東風(こち)ふかば におひおこせよ梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ  道真公


P1150201

お干菓子は梅の和三盆をウグイスの小皿にのせて。

気がつけばお茶は6〜7煎目までいただいています。
それでも失われない香りは中国茶の力強さを思い知らされます。

写真はないのですが、茶会では床の軸にあたるすばらしい絵が飛び入り参加していたのですよ。

近くの美術書専門山崎書店さんがこの会のためにお貸し下さったという琉球紅型染・梅の図。

しずかでとても癒される美しい時間をしばし楽しむ。




P1150202

最後に「〆のひと福」。
甘酒をたっぷりのおろし生姜とともに。

これで茶会は果てました。

蝋梅の一枝でこんな茶会ができるなんて。
好日居さんのセンスにはいつも感動してしまいます。
自分の茶会に見習いたいエッセンスが山盛。

ごいっしょしていただいた方々も梅香茶会にぴったりの方々ばかりで、お目にかかれてうれしかったです。
ありがとうございました。

最後に梅香茶会のテーマとして好日居さんが会記に記された新島襄の梅のすがすがしく謙虚な姿を讃えた「寒梅」という漢詩を。


P1150205
(写真は好日居のマスコット(?)、以前からいらっしゃる「みちざねさん」と梅)


   庭上一寒梅  笑風雪侵開 
      不争又不力  自占百花魁 
(庭上の一寒梅 笑って風雪を侵して開く 争わずまた力まず 自ずから百花の魁を占む)


posted by しぇる at 00:26| Comment(11) | TrackBack(0) | お茶と着物3 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。